メインメニューを開く

イングルヌック (Inglenook) は、カリフォルニア州ナパ・バレーにあるワイナリー

1887年にグスタフ・ニーバムによって設立された。フランシス・フォード・コッポラによって1975年に買収され、「ニーバム・コッポラ・ワイナリー」(Niebaum-Coppola Winery)と名前を改めた。広大な敷地には、葡萄畑とワイン製造工場のほかに、ビジター用の施設が併設されている。この建物内には、ワインショップとテイスティングルーム以外に、映画に関する博物館が併設されている。映画が発明された当時のスプロケット・システムの実演や、フランシス・フォード・コッポラが監督した作品のストーリーボードプロップ(『タッカー』の車体、『ゴッドファーザー』の机、『ワン・フロム・ザ・ハート』の巨大なカクテルグラス)などが展示されていた。

2006年、コッポラは、新たにワイナリーを取得し、そこをコッポラ・ワイナリーとした。ニーバム・コッポラ・ワイナリーにあった映画のプロップは新しいワイナリーに移動され、このワイナリーはルビコン・ワイナリーと名称変更され、扱うワインはルビコンをはじめ高級指向になった。それまで売られていた比較的安い価格帯のワインは、コッポラ・ワイナリーで販売されている。

2011年、コッポラは本来のイングルヌックの登録商標を取得し、ワイナリーの名前を本来の名前であるイングルヌックに戻した。ワイナリー全部より登録商標の方が高価だったという[1]

歴史編集

  • 1842年 グスタフ・ニーバム(Gustav Nybom、1873年にGustave Niebaumと改名)がフィンランド(当時帝政ロシア領)のヘルシンキで生まれる。
  • 1864年 ニーバムがアラスカ(当時帝政ロシア領)に移住する。
  • 1887年 イングルヌック (Inglenook) にシャトーを建設。ワインの製造を始める。当時の名称はイングルヌック・ワイナリー。
  • 1914年 John Daniel, Jr.がワイナリーで仕事を始める。
  • 1937年 John Daniel, Jr.がニーバム婦人死去に伴いワイナリーを買収。
  • 1969年 Heublein Inc.がワイナリーの共同体を買収。イングルヌックのワイナリーも買収されることになる。
  • 1970年 John Daniel, Jr.死去
  • 1975年 フランシス・フォード・コッポラが住居を含むワイナリーを買収。名前を「ニーバム・コッポラ・ワイナリー」とする。
  • 1978年 ニーバム・コッポラ・ワイナリーとして初めてのワインを出荷。名前は「ルビコン
  • 1982年 ワインコンサルタントのAndré Tchelistcheffを招聘。高級ワイン作りが本格化する。
  • 1985年 ビンテージワイン「ルビコン」を発売。
  • 1995年 コッポラは、残りのイングルヌックの敷地を買収。全体的に改装した。
  • 1999年 Sofia Blancというスパークリングワインを発表。商品名は娘の名前からとった。
  • 2002年 ニーバム・コッポラ・ワイナリーの南側の土地を買収。そこをルビコン・ワイナリーとした。
  • 2006年 コッポラ・ワイナリーを別場所にオープンしたため、名称をルビコン・ワイナリーと変更する。
  • 2011年 イングルヌックの名称を復活させる。

発売中のワイン編集

  • ルビコン
  • スカイウォーカー ランチ ワイン
  • ダイヤモンドレーベル
  • ディレクターズ リザーブ ワイン

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集