メインメニューを開く

ニプロパッチ株式会社はかつて存在した医薬品の製造・販売会社。ニプロファーマの子会社であった。

ニプロパッチ株式会社
NIPRO PATCH Co., LTD.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
344-0057
埼玉県春日部市南栄町8-1
設立 1963年2月15日
(シンセン薬業株式会社)
法人番号 7030001051025
事業内容 医薬品の研究、開発、製造、販売、輸出入
代表者 中村小紫郎(代表取締役社長)
資本金 30億550万円
主要株主 ニプロファーマ株式会社:100%
外部リンク www.nipro-patch.co.jp
テンプレートを表示

概要編集

当社は設立当初からパップ剤の製造を中心に手がけており、1966年には第一製薬との一手契約販売を締結すると共に、第一製薬の代表製品である「パテックス」の製造を行うようになる。翌年には第一製薬の資本参加を受け、グループに入る。1988年には同社の発毛促進薬「カロヤン」シリーズの生産も行うようなり、医薬品の製造会社として発展する。

また、2001年からは海外へのパップ剤の輸出を行っており、イタリア中国で発売するパップ剤の製造も手がけるようになる。

2007年には親会社の第一製薬が三共と合併し、第一三共となった後も傘下で事業を行ってきたが、同社のグループ再編に伴い、同じ医薬品メーカーのニプロへ全株式を譲渡。翌年に商号変更を行った。なお「パテックス」や「カロヤン」の一部製品の製造は現在も継続しており、譲渡後も「パテックス」シリーズの新製品の製造を手がけるなど、友好な関係は続いている。

2012年株式交換により、親会社がニプロファーマに変更。2017年4月に親会社のニプロファーマへ吸収合併され解散した。

沿革編集

  • 1966年 - シンセン薬業株式会社発足、パップ剤の製造開始。
  • 1967年 - 渡辺薬品工業株式会社に社名変更。
  • 1969年 - 「パテックス」の製造開始、第一製薬と一手販売契約を締結。
  • 1970年 - 第一製薬の資本参加を受ける。
  • 1991年 - 埼玉第一製薬株式会社に社名変更。「カロヤン」シリーズの製造を移管。
  • 2001年 - イタリアにパップ剤を輸出。
  • 2005年 - 中国へパップ剤を輸出。
  • 2007年
    • 4月 - 親会社の第一製薬が合併により第一三共となる。
    • 5月 - グループ再編に伴い、当社全株式をニプロへ譲渡。
  • 2008年7月 - ニプロパッチ株式会社に社名変更。
  • 2012年4月 - 当社の親会社がニプロファーマに変更。
  • 2013年10月 - 研究開発事業をニプロへ譲渡(ニプロ株式会社の「医薬品研究所 埼玉サイト」に改称)。
  • 2017年4月 - 親会社のニプロファーマへ吸収合併され解散。

製造品目編集

一般用医薬品編集

国内の一般用医薬品は全て第一三共ヘルスケアから発売されている。

発毛促進薬
  • カロヤンプログレEX O【第3類医薬品】
  • カロヤンプログレEX D【第3類医薬品】
  • カロヤンプログレO【第3類医薬品】
  • カロヤンプログレD【第3類医薬品】
  • カロヤンプログレGL【第3類医薬品】
  • NFカロヤンガッシュ【第3類医薬品】
  • カロヤンアポジカΣ【第3類医薬品】
  • カロヤンS【第2類医薬品】
外用鎮痛消炎薬
  • パテックスうすぴたシップ【第3類医薬品】
海外向け製品
  • ドロレラックス
  • 必艾得

医療用医薬品編集

関連項目編集