ニャホ・ニャホ=タマクロー

ニャホ・ニャホ=タマクロー(Dr.Nyaho Nyaho-Tamakloe1942年5月7日 - )は、ガーナのサッカー協会元会長、医師政治家[1]

Nyaho Nyaho-Tamakloe
ニャホ・ニャホ=タマクロー
生誕 (1942-05-07) 1942年5月7日(78歳)
英領ゴールド・コーストの旗 英領ゴールド・コースト
住居 ガーナ
国籍 ガーナ
著名な実績ガーナサッカー協会会長
アクラ・ハーツ・オブ・オーク理事長

経歴編集

同国の名門サッカークラブ、アクラ・ハーツ・オブ・オークの運営でもその手腕を発揮したが[2]サッカーそのものの経験はほとんどない。

ニャホ=タマクローは、2004年に協会評議会に対し構造批判を伝えるための私信を出したことがきっかけで評議会と対立した。評議会はニャホ=タマクローを告発する議事を作成し始めたのに対し、ニャホ=タマクローは告発の差し止めを求めて裁判で争った。だが結局は首都アクラ高等裁判所により、「告発議事を作成し続けることが認められる」という判決が下され、ニャホ=タマクローは自らの意思でガーナサッカー協会英語版会長職を辞任した。

日本では2005年3月23日にフジテレビで放送されたバラエティ番組『トリビアの泉 〜素晴らしきムダ知識〜』にて、名前の響きのユニークさで紹介された[1]。同番組では、「ラジャ・マハラジャー」を替え歌にした彼のテーマ曲も放送された[3]。また、漫画家のやなせたかしさくらももこ原ゆたかの3人がニャホ・ニャホ=タマクローを名前からイメージしたイラストを描き、やなせは玉乗りするネコ、さくらはネコの忍者、原は巨大なネコで体でニャホニャホをイメージしたものが描かれた[1]。ガーナでも「ニャホ」は珍しい名前で、親しい友人から「ニャホ」と呼ばれる[1]

年譜編集

  • 1942年5月7日、生誕。
  • 1960年代、チェコスロバキアプラハ・カレル大学にて医学を学ぶ。
  • 1980年代、アクラ・ハーツ・オブ・オークの代表を務める。
  • 1992年、新愛国党に創設メンバーとして参加。
  • 2004年4月、ガーナサッカー協会会長職に就任。
  • 2005年5月、ガーナサッカー協会会長職を辞任。在任はわずか1年1か月だった。
  • その後、2009年まで駐セルビアガーナ大使を務める。

脚注・出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d フジテレビトリビア普及委員会『トリビアの泉〜へぇの本〜 13』講談社、2005年。
  2. ^ Accra Hearts Of Oak
  3. ^ 楽しい、美しい、切ない、『みんなのうた』All About、2007年12月12日。

外部リンク編集