メインメニューを開く

ニューアダルトミュージックとは、日本大衆音楽のジャンルとされるものの一つ。ニューミュージックの派生形で、レコード店での分類は演歌・歌謡曲に分類されることが多い。レコード会社が作ったマーケティング用語で、実際に使用されることは、きわめてまれである。

目次

概要編集

フォーク系ニューミュージックから演歌・歌謡曲路線に転向した堀内孝雄高山厳が所属するアップフロントプロモーション(旧:アップフロントエージェンシー)やその系統のレコード会社が営業戦略の一環として使い始めた言葉[1]。坂本冬美、都はるみ、マルシアらの曲にも、フォーク演歌的な曲がある。また、北島三郎はFEN(極東放送)も聴く人で、かつては演歌が中心だったが、後にはフォーク、ポップよりな曲も歌っている。

1980年代後半から1990年代前半における堀内や高山の楽曲は、村田英雄などに見られる硬直したド演歌と呼ばれる曲調や歌い方ではなく、どちらかと言えばポップスに近い曲調と歌い方である。だが、従来の歌謡曲や若年者層向けのアップテンポな流行歌とも異なり、演歌・歌謡曲的な歌詞にフォーク・ニューミュージック・シティ・ポップスの要素を融合させ、大人の世界を独特な形でゆったりと表現しているのが特徴である。

主な歌手編集

主な作曲家編集

脚注編集

  1. ^ 1990年代、「ニューアダルトミュージック」という名称をタイトル名に用い、堀内や高山らの楽曲を収録したコンピレーション・アルバムが多数発売されている。

関連項目編集