メインメニューを開く

ニューアーク方式

図書館における図書の貸出方式の一つ
画像提供依頼
  • 貸出券の利用者・図書館間の動きがわかる図
  • ライセンス上問題のないゲイロード貸出機の写真
画像提供をお願いします。2015年6月
ニューアーク公共図書館
本方式考案者のデイナが館長として務めたニューアーク公共図書館
ニューアーク方式の名はこの図書館による

ニューアーク方式[註 1] (: Newark charging system [註 2]) は図書館における図書の貸出方式の一つ。アメリカ合衆国ニューアーク公共図書館英語版の館長であったジョン・コットン・デイナ英語版(1856年 - 1929年)[6]が考案したとされており[7]、ニューアーク方式の名はニューアーク公共図書館による[8]。日本においては、第二次世界大戦後、連合国軍総司令部民間情報教育局によって開館されたCIE図書館が導入を推進したこともあり、一時は急速に普及するが、プライバシーを守れないなどの欠点を抱えていたために後にブラウン方式に置き換えられた[7]

ニューアーク方式と似た貸出方式で、個人カードを併用するツーカード方式や、一部業務を機械に行わせるゲイロード方式についても本項で述べる。

目次

手続き編集

 
ニューアーク方式を採用する日本の図書館で用いられるブックカードの例。
返却予定日とともに、一人ひとりに割り振られる番号(または氏名)を書く欄があるのが、ニューアーク方式におけるブックカードの特徴である。
   
デートスリップ(左)とブックポケット(右)。ブックポケットに日付を記す欄を設けて、デートスリップを兼ねることもある。

貸出方式は図書館によって千差万別であり[9]、全く同じ方式を採用している図書館は一つとして存在しないと言われている[8]が、各種文献によれば概ね次のように貸出・返却・督促・予約業務がされていたようである。

予め、1冊の貸出図書につき一枚の請求番号・書名・著者名・図書の受入番号などのうちいくらかが書き込まれたカード状のブックカード、ブックカードを本に保持させるための上部が開かれた袋状のブックポケット、貸出図書の返却期限を貸出図書と関連付けて記入するためのデートスリップ貸出券の4つを用意する[10]。ブックポケットを図書の表紙裏(または裏表紙裏)に貼り付け、ブックポケットの中にブックカードを挿入する[10]。デートスリップはブックポケットと向かい合うように見開きに貼り付け、貸出券は利用者の貸出申込に応じてあらかじめ発行する[10]

利用者は貸出を受けるときに、図書と貸出券を図書館員へ提出する[11]。図書館員は、図書のブックポケットからブックカードを抜き出し、貸出券に記載されている氏名、もしくは登録番号を記入する[11]。その後、ブックカード・デートスリップ・貸出券のすべてに返却期限日、または貸出日を押印し、ブックカードを返却日別の図書分類順、あるいは登録番号順に並べて保管する[12]。本は利用者に貸し出す[11]

利用者から図書の返却を受けたときは、図書館員はデートスリップの返却日やブックカード記載の分類番号等を頼りにブックカードを探し、探し当てたブックカードに返却日を押印[13]。ブックカードを図書のブックスリップへ戻す[14]

図書の延滞は、図書館が保管するブックカードでわかり、ブックカードの情報を元に督促はがきなどを送付する[15]

予約方法は、図書の分類番号で予約図書のブックカードを探し、クリップで挟むなどして他のブックカードと見分けが付くようにすればよい[15]。貸出者が返却に来た際に、予約者に連絡する[15]

利用者自身による貸出処理編集

以上が日本の文献で紹介される貸出処理だが、アメリカの文献では、図書館員が貸出手続きを行う“staff-charge”の他に、利用者自身が貸出手続きを行う“self-charge”の2種類が確認できる。staff-chargeは利用者情報の記入に人員を割かねばならないため、self-chargeよりも人件費がかかる[16]

self-chargeでの貸出手順は、利用者は図書のブックポケットからブックカードを取り出し、自身の氏名、もしくは登録番号、その他必要な情報を記入する[17]。ブックカードへの記入が済んだら、図書とブックカードを図書館員へ提出し、返却期限日を図書、ブックカードの両方に押印してもらう[17]。図書館員は必要に応じて身分証明を求め、問題なければ、ブックカードを返却期限日、もしくは利用者の電話番号順や図書の著者順に並べて保管する[17]

特徴編集

返却業務を後回しにできる、貸出時に行われる利用者番号の記入や日付印の押印といった作業は比較的速く行える、延滞している本のブックカードは収納容器の前 (または) 後ろに押し出されるため督促がしやすい、貸出制限を作らない等の長所を持つが、大量の貸出処理への対処が困難[6]、図書の返却後もブックカードに貸出記録を残してしまうという問題を抱えており[1]、利用者のプライバシーを守ることができない[18][註 3][註 4]。また、貸出の度にブックカードへの記入を要し、混雑時などは誤記のおそれがある[20]

歴史編集

1900年頃にアメリカのニューアーク公共図書館の館長であったデイナが考案したとされており、アメリカでは本方式を導入する図書館が急速に増え[6]、最も広く用いられた[17]

日本では、第二次世界大戦後にCIE図書館が具体的な方法を示したことで[6]、開架式の導入に合わせて[2]多くの図書館が採用し[6]昭和40年代に最盛期を迎える[21][註 5]。また、日本図書館協会が1960年に発行した『図書館ハンドブック 増訂版』では、ブラウン方式を「他にブラウン方式があるが実用の点からいうとはるかにおとる」、その他貸出方式についても「機械化したものとして、Photo charging system その他があるが、わが国の図書館では、貸出記録の量からいって、これらの採用はまだ早い」と評しており、ニューアーク方式の採用を勧める記述がされていた[22]。しかし、ブックカードに利用者の貸出記録が残る欠点から次第にブラウン方式へ転換した[6]

学校図書館におけるニューアーク方式編集

1986年夏の学校図書館問題研究会第2回大会記録集『がくと』2号[註 6]と1985年JLA学校図書館部会夏季研究集会報告集による貸出方式の調査[23]
がくと[註 7] 日図協[註 8]
ニューアーク方式 62% 66%
個人カード式 25% 15%
ブックカード式 7% 12%
ブラウン方式 2% 6%

学校図書館における貸出方式は、「児童・生徒1人一人の図書の利用状況を把握すること指導に効果的である」とする思想が帳簿式からニューアーク方式への変更に影響を与え[24]宮雄司 1983, p. 19で「現在の学校図書館の貸出方式は,そのほとんどがニュアーク式」と記されるまでとなった[註 9]。前述のとおり、利用者の秘密を守るという点で欠陥のあるニューアーク方式である[註 10]が、学校図書館においては教育的観点から有用であるとされ、採用されてきた[18]。また、その他にも「貸出の指導や督促をするのに都合がよい」「貸出冊数制限の超過を監視しやすい」などの利点が語られることがある[27]

芸術作品におけるニューアーク方式編集

日本のアニメーション映画作品である『耳をすませば』(1995年)(原作は1989年)は、図書館の蔵書のブックカードに書き込まれた「ある一人の名前」を主人公が気にするところから物語が展開していく作品であり、本作品中に登場する図書館は、ニューアーク方式を採用していた[28]

日本図書館協会は上映当時時点および作中における時代で使用されていない古い貸出方式[註 11]での描写を行ったことを理由に抗議し、DVD版ではこの抗議に起因するテロップが挿入されることとなった[30]。これは、当初、重大なプライバシーに関する案件でなく、実在の図書館を挙げているわけでもなかったため、スタジオジブリ側への交渉の考えを示していなかったものに対して、理事懇談会が本件の対応を求めたことから、1995年5月25日に図書館の自由に関する調査委員会・関東地区小委員会らが改善に向けて働きかけることを決定したものである[31]。また、主人公の父親が「わが館もついにバーコード化するんだよ」と話すシーンを追加することとなった[註 12][32]

そのほか、実写映画『Love Letter』(1995年)やテレビドラマ『ビューティフルライフ』(2000年)でもニューアーク方式と思わしき貸出方式が物語上重要な役割を果している[33]。音楽においては、ニューアーク方式の導入を前提とした図書館に関する歌詞「図書館で借りた空の写真集 カードにつよくてきれいなあなたの名前がある」が挿入された、DREAMS COME TRUEのアルバム『The Swinging Star』(1992年)の収録曲「眼鏡越しの空」を挙げることができる[34]

類似する貸出方式編集

ツーカード方式編集

 
1915年発行の『図書館小識』に掲載されたブックカード(左)と個人カード(右)

ブックカードと個人カード(貸出券とは別のもの)の両方を使う方式は、しばしばニューアーク方式として紹介される[註 13]が、より正確にはツーカード方式と言うべきものである。日本には1911年発行の『図書館管理法』や1915年発行の『図書館小識(としょかんしょうしき)』で紹介される[35]

館外貸出には稍繁多なる手數を要す。是れ圖書は一時全く圖書を離れて他人の手に属するが故に、其在外を徴證し還納を期待するが爲に、適當の記録を留め置かざるべからざるを以てなり。此くの如き貸出の記録を作るに種種の方法ありて、概ね一長一短を具へ遽に優劣を判ち難し。今其主なる二三[註 14]を擧げて其異同を辨じ可否を指摘するは頗る煩琑に堪へざることなるを以て、比較的精良にして確實の稱あり、且米國最新式の圖書館の間に最も廣く行はるる一法を紹介せんとす。卽ちカード記入法なり。 — 日本圖書館協會編、圖書館小識』 丸善、1915年10月23日、179-180頁。全国書誌番号:43045366NDLJP:980512

日本の学校図書館で採用されることがあり、学校図書館問題研究会の集まりでは、「個人カードの記入欄が埋まっていくのを楽しみにしている生徒が複数いる」との意見が寄せられた[36]。また、個人カードを成績をつける際の参考にしたり、読書指導に使用する教員が存在するとの声もある[37]

ゲイロード方式編集

画像外部リンク
  Gaylord Charge Machine
CC BY-NC 2.0Flickrにアップロードされたゲイロード貸出機[38]
投稿者のコメントによればこの貸出機は、1998年までニューヨーク州ブランズウィック英語版の図書館で利用されていたという

利用者情報の記入を人間の代わりに機械が行う、ニューアーク方式の変形方式は、利用する機械の製造社名をとって、ゲイロード方式(: Gaylord charging system)と呼ばれる[39]。初めて貸出処理に機械を導入したゲイロード方式では[40]、利用者・図書館員のどちらも利用者情報の記入という時間を消費する作業から解放されることとなり[41]、記録された文字の可読性も上がった[42]。1931年のLibrary Journal誌英語版でゲイロードブラザーズ (Gaylord Brothers) による貸出機発明が取り上げられ[43]、1950年から利用されるようになった[44]

一般に、利用者カードの登録番号が記される部分が金属板になっている貸出券が使用される[45]が、後発の機械では純プラスチック製の貸出券が使用できるようなモデルも存在した[41]。プラスチック製のプレートを使用する機械では氏名を印字することができるが、金属板が用いられている貸出券を使用する場合は印字できる文字は番号のみで[41]、督促などの際に利用者名簿を参照する必要があったのが欠点となった[44]。また、機械のコストの問題も挙げられる[40]

参考文献編集

脚注編集

  1. ^ 「ニューアーク」はニュアーク[1]・ニュワァーク[2]・ニュワーク[3]とも音写される。
  2. ^ Newarkの発音は[ˈn(j)uː.ərk][4]または[n(j)ʊərk][5]
  3. ^ 図書館の自由に関する宣言第3項「図書館は利用者の秘密を守る」の観点から大きな問題とされている。
  4. ^ 古い文献では、利用者記録が残ることを利点としたものも存在する[19]
  5. ^ 1966年発行の前川恒雄、石井敦、石橋幸男 1966, p. 88にも「現在,日本で最も広く行われている方式は,ニュアーク式及びその変形であろう。」と記されている。
  6. ^ 『がくと』2号の調査結果は「ブックカードと日限票を用いる方式をブックカード式」「ブックカード、日限票、貸出券を用いる方式をブラウン方式」としてまとめている。
  7. ^ 調査対象は高校61校、中学校11校、小学校9校の計81校。なお、以下以外にも「コンピュータ導入予定」「台本板」と答えた学校がそれぞれ1校ずつ存在する。
  8. ^ 調査対象は公立高校107校、私立中高15校、小学校2校の計124校。
  9. ^ 1989年に神奈川県学校図書館員研究会が実施した実態調査を例に挙げると、県立高校図書館ではニューアーク方式を採用している図書館が50%以上を占め、ブラウン方式または逆ブラウン方式は13%程度にとどまっていた[25][26]
  10. ^ 鈴木紀代子、大沢洋一郎、丹羽努 1983, p. 24では、「教員と生徒(中略)のような人間関係の中で,プライバシーの侵害という問題はあり得ない」としており、この両者の関係においてならば特段のプライバシー保護は不要であるという観点を示している。
  11. ^ 映画版における時代設定は1994年であることが、作中におけるカレンダーなどの描写からわかるが、1967年末時点でニューアーク方式を導入した東京都の公立図書館は60館中9館であった[29]。また、ニューアーク方式を導入していた館でも、多くが(作中のように名前を書かせるのではなく)登録番号を書かせる方式のものだった[29]
  12. ^ これを自由委の山家篤夫は「言い訳」と評している[29]
  13. ^ 例えば、図書館用語辞典編集委員会 2004, pp. 449-500では「ニューアーク式 (Newark charging system)(中略)日本では1915(大正4)年『図書館小識』で紹介されたのが最初。」、前川恒雄、石井敦、石橋幸男 1966, p. 88では「現在,日本で最も広く行われている方式は,ニュアーク式及びその変形であろう。すでに1915年(大正4)年『図書館小識』で「米国最新式の図書館に最も広く行はるる一式」と紹介されてから……」としている。
  14. ^ 和田万吉 『圖書館小識』、1922年、増訂版、全国書誌番号:43045365NDLJP:980511では「二三」の代わりに「もの」が使用されている

出典編集

  1. ^ a b 日本図書館協会 図書館ハンドブック編集委員会 1990, pp. 70-71.
  2. ^ a b 図書館科学会 1978, p. ???.
  3. ^ 日本図書館協会用語委員会 1997, pp. 559-600.
  4. ^ Newark - Definition and More from the Free Merriam-Webster Dictionary”. Merriam-Webster. 2015年6月24日閲覧。
  5. ^ Newark - Dictionary Reference”. Dictionary.com. 2015年6月24日閲覧。
  6. ^ a b c d e f 図書館用語辞典編集委員会 2004, pp. 449-500.
  7. ^ a b 日本図書館情報学会 用語辞典編集委員会 2013, p. 191.
  8. ^ a b 日本図書館協会 図書館ハンドブック編集委員会 1990, p. 70.
  9. ^ 図問研東京支部 スライド製作委員会 1982, p. 14.
  10. ^ a b c 前川恒雄、石井敦、石橋幸男 1966, pp. 88-89の4-10図.
  11. ^ a b c 図問研東京支部 スライド製作委員会 1982, p. 58.
  12. ^ 前川恒雄、石井敦、石橋幸男 1966, p. 88.
  13. ^ 図問研東京支部 スライド製作委員会 1982, pp. 59-60.
  14. ^ 図問研東京支部 スライド製作委員会 1982, p. 60.
  15. ^ a b c Helen Thornton Geer 1955, p. 7.
  16. ^ Bloomberg, Marty 1977, p. 45.
  17. ^ a b c d Bloomberg, Marty 1977, p. 44.
  18. ^ a b 宮雄司 1983, p. 19.
  19. ^ Helen Thornton Geer 1955, p. 8.
  20. ^ Helen Thornton Geer 1955, p. 9.
  21. ^ 図問研東京支部 スライド製作委員会 1982, p. 57.
  22. ^ 佐藤毅彦 1996, p. 3.
  23. ^ 高橋恵美子「学校図書館における貸出方式とプライバシー」、『図書館と自由』第9集、日本図書館協会、1988年3月31日、 ISBN 4-8204-8715-9
  24. ^ 鈴木紀代子、大沢洋一郎、丹羽努 1983, p. 25.
  25. ^ 山口真也「個人情報保護制度における「貸出記録」の解釈 : 神奈川県立高等学校図書館を事例として」、『沖縄国際大学日本語日本文学研究』第12巻第1号、沖縄国際大学、2007年10月、 28-30頁、 NAID 110007027458
  26. ^ 日本図書館協会図書館の自由委員会 編 (2013). 図書館の自由に関する全国公立図書館調査2011年. 日本図書館協会. p. 109. ISBN 978-4-8204-1303-5. 
  27. ^ 鈴木紀代子、大沢洋一郎、丹羽努 1983, p. 23.
  28. ^ 三苫正勝「「耳をすませば」は「図書館の自由」の教材にならなかった」、『図書館雑誌』第102巻第10号、日本図書館協会、2008年10月、2015年6月21日閲覧。
  29. ^ a b c 山家篤夫「自由委員会『耳をすませば』制作のスタジオジブリを訪問し,意見を交換」、『図書館雑誌』第89巻第8号、日本図書館協会、1995年8月20日、 566頁、 ISSN 0385-4000
  30. ^ 大平睦美「学校図書館の現状: 私立K中学高等学校における図書館の変遷から」、『大阪大学教育学年報』第14号、2009年3月、2015年6月21日閲覧。
  31. ^ 山家篤夫「アニメ映画『耳をすませば』で自由委 制作者と意見交換の予定」、『図書館雑誌』第89巻第7号、日本図書館協会、1995年7月20日、 491頁、 ISSN 0385-4000
  32. ^ “誤解 守秘の姿勢反映されず 図書館は自由か:中(メディア)”. 朝日新聞 (朝日新聞社). (1995年11月8日) 
  33. ^ 平成18年度第1回研究集会報告 図書館の社会的イメージ調査 (PDF) 」 、『兵庫県図書館協会会報』第84号、兵庫県図書館協会、2007年3月1日、 NDLJP:3489150
  34. ^ 佐藤毅彦 1996, p. 6.
  35. ^ 図問研東京支部 スライド製作委員会 1982, p. 53.
  36. ^ 宮地美智子 1994, p. 36.
  37. ^ 宮地美智子 1994, pp. 36-37.
  38. ^ K.G. Schneider (2005年7月31日). “Gaylord Charge Machine”. Yahoo!. 1015年6月18日閲覧。
  39. ^ Bloomberg, Marty 1977, p. 46.
  40. ^ a b 『最新 図書館用語大辞典』 図書館用語辞典編集委員会、柏書房、2004年4月30日、107頁。ISBN 4-7601-2489-6
  41. ^ a b c Bloomberg, Marty 1977, p. 47.
  42. ^ Kirkwood, Leila H. 1961, p. 108.
  43. ^ Kirkwood, Leila H. 1961, p. 61.
  44. ^ a b Irwin H. Pizer 1966, p. 5.
  45. ^ Kirkwood, Leila H. 1961, p. 109.

関連項目編集