ニューイヤーズ・イブ

ニューイヤーズ・イブ』(原題: New Year's Eve)は、2011年アメリカ映画大晦日ニューヨークを舞台にしたロマンティック・コメディ映画

ニューイヤーズ・イブ
New Year's Eve
監督 ゲイリー・マーシャル
脚本 キャサリン・ファゲイト
製作 リチャード・ブレナー
トビー・エメリッヒ
マイク・カーツ
ウェイン・アラン・ライス
ジョシー・ローゼン
製作総指揮 ダイアナ・ポコーニイ
出演者 アシュトン・カッチャー
ロバート・デ・ニーロ
キャサリン・ハイグル
リア・ミシェル
アビゲイル・ブレスリン
ヒラリー・スワンク
ミシェル・ファイファー
ザック・エフロン
ジェシカ・ビール
ハル・ベリー
サラ・ジェシカ・パーカー
ジョン・ボン・ジョヴィ
ジョシュ・デュアメル
音楽 ジョン・デブニー
撮影 チャールズ・ミンスキー
編集 マイケル・トロニック
製作会社 ニュー・ライン・シネマ
配給 アメリカ合衆国の旗 ワーナー・ブラザース
日本の旗 ワーナー エンターテイメント ジャパン
公開 アメリカ合衆国の旗 2011年12月9日
日本の旗 2011年12月23日
上映時間 118分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $56,000,000[1]
興行収入 世界の旗 $142,044,638[1]
日本の旗 6億2700万円[2]
テンプレートを表示

ゲイリー・マーシャル監督始め、2010年の映画『バレンタインデー』のスタッフ陣による作品である。『バレンタインデー』の続編ではなく、独立した物語となっている。両作に出演しているジェシカ・ビールアシュトン・カッチャーは、『バレンタインデー』とは異なる人物を演じている。

目次

ストーリー編集

大晦日(ニューイヤーズ・イブ)のニューヨーク。夜にはタイムズスクエアに人々が集まり、新年へのカウントダウンイベントが行われる。午後11時59分からは、ワン・タイムズスクエア屋上から23メートルの高さに上げられていたタイムズスクエア・ボール (Times Square Ball) が、1分かけて降りてくる「ボール・ドロップ」が行われ、新年になると花火が上がる。

タイムズスクエア協会の副会長クレア(ヒラリー・スワンク)は、この年越しイベントを初めて取り仕切るので、本番当日を迎え心配で落ち着かない。イベント会場となるタイムズスクエアは、ニューヨーク市警察に警備され、ワン・タイムズスクエアのクレアのもとにも市警察のブレンダン(リュダクリス)がついている。大晦日を迎えたクレアには他の心配事もあり、以前からの友人でもあるブレンダンはそこもうまく取り計らうつもりである。

レコード会社の秘書イングリッド(ミシェル・ファイファー)は、何をやってもうまくいかず、大晦日も朝から散々な目に遭っていた。そんなイングリッドのもとに、自転車便の配達人ポール(ザック・エフロン)が今夜のレコード会社主催の仮装パーティの招待券を届けに来る。イングリッドは会社を辞め、仮装パーティに興味津々のポールに、今年の「年頭の誓い」のリストを見せ、残りの願いを全部叶えてくれたら、仮装パーティの招待券を渡す約束をする。

妊婦テス(ジェシカ・ビール)とグリフィン(セス・マイヤーズ)のバーン夫妻は、待合室にいた妊婦グレース(サラ・ポールソン)から、その病院で新年が明けて最初に生まれた赤ちゃんに2万5千ドルの賞金が贈られることを知る。グレースの夫ジェームズ(ティル・シュヴァイガー)は、賞金獲得を目指しており、ライバル心を燃やしている。一方、賞金の事を知ったバーン夫妻も、担当のモリセット医師(カーラ・グギノ)に投薬で出産を早めることを提案するものの、一蹴される。

コミック・イラストレーターのランディ(アシュトン・カッチャー)は、自転車便で仕事中のポールからの電話で起こされる。アパートの廊下は他の住人によって新年を祝う飾り付けを施されており、この浮かれ騒ぎを嫌うランディは飾り付けを外し、カウントダウンを一緒に祝おうというポールの誘いを断り、家で一人静かに過ごすことを伝える。その後、ランディの乗ったアパートのエレベーターが故障し、乗り合わせたエリーズ(リア・ミシェル)と二人きりで閉じこめられてしまう。

サム(ジョシュ・デュアメル)は、自分以外に参列者のいない友人たちの結婚式に列席する。サムは会社主催の夜のパーティで大事なスピーチを任されており、式が終わると急いでニューヨークへ向かうが、出発してまもなく車をぶつけてしまう。大晦日で自動車修理工場はどこも休みで、タクシーやレンタカーも無理だと言われ、先ほどの結婚式を執り行った牧師一家の乗る車に同乗させてもらうことになる。

シェフのローラ(キャサリン・ハイグル)は、夜の音楽会社主催のパーティーのケータリングを任され、部下たちに指示を出していた。しかし、彼女の右腕であるエヴァ(ソフィア・ベルガラ)はパーティで演奏するスターのジェンセン(ジョン・ボン・ジョヴィ)の到着に興奮し、同僚のスニール(ラッセル・ピータース)と共に大盛り上がりである。一方、ローラのみがジェンセンの到着に対して冷静である。

15歳の少女ヘイリー(アビゲイル・ブレスリン)は、気になる同級生セス(ジェイク・T・オースティン)から今夜のタイムズスクエアでのカウントダウンを一緒に見ようと誘われ、友人たちと盛り上がる。しかし、夜遅い時間にニューヨークの繁華街へ出かけることを、母親のキム(サラ・ジェシカ・パーカー)に説得できるか分からなかった。

スタン・ハリス(ロバート・デ・ニーロ)は、大晦日を病院のベッドで過ごしていた。末期癌で年が越せるかどうかも分からない状態である。スタンは担当医に今夜屋上でボール・ドロップを見させてくれと頼むが、無理だと言われる。看護師のエイミー(ハル・ベリー)は、見舞客が一人も訪れないスタンのもとで大晦日を過ごすことにする。

出演者編集

※括弧内は日本語吹替

ボール・ドロップ舞台裏 en:Times Square Ball
年頭の誓い en:New Year's resolutions
音楽会社パーティ舞台裏
末期癌患者
出産競争
アパートメント
結婚式からニューヨークへ
母と娘
ボールドロップ・イベントステージ

製作編集

ゲーリー・マーシャルは当初、2010年12月に撮影を始めるつもりであったが、遅れて2011年2月にニューヨークで開始された。映画史上初となる100万人もの人々が祝うタイムズスクエアのカウントダウンイベントでの撮影を行った[3][4]

スタッフ編集

公開・興行成績編集

2011年12月5日ハリウッドプレミア上映されたのち、2011年12月9日北アメリカで3505館で公開され、週末興行収入で初登場1位(12月9~11日付)となり、トップ10内には4週間いた[5]

日本では2011年12月23日に丸の内ピカデリー系列ほかで全国公開され、週末興行成績(全国動員集計)では初登場8位(12月24~25日付、動員=8万0848人、興行収入=1億1555万1600円)となり、トップ10内には2週間いた。

参考文献編集

  1. ^ a b New Year's Eve (2011) - Box office / business” (英語). IMDb. 2012年10月25日閲覧。
  2. ^ キネマ旬報」2013年2月下旬決算特別号 215頁
  3. ^ Josh Rottenberg (2010年12月8日). “Jessica Biel joins the cast of 'New Year's Eve'”. Entertainment Weekly. Time Inc.. 2011年5月24日閲覧。 “Biel also appeared in Valentine’s Day but, since New Year’s Eve is not a sequel to that film, she will be playing a new character in an entirely different storyline”
  4. ^ http://www.comingsoon.net/news/movienews.php?id=72444http://www.hollywoodreporter.com/news/sarah-jessica-parker-joining-years-60236
  5. ^ New Year's Eve (2011) - Weekend Box Office Results” (英語). Box Office Mojo. 2012年1月31日閲覧。

外部リンク編集