メインメニューを開く

ニュークリアス (バンド)

略歴編集

1969年9月、ジャズトランペット奏者のイアン・カーが、カール・ジェンキンスクリス・スペディングジョン・マーシャルなど当時新鋭のジャズミュージシャンを集結させ1970年ヴァーティゴ・レーベルからアルバム『エラスティック・ロック』でレコードデビューした。

モード・ジャズからフリーに展開しながらR&Bの陰影を残した独自の叙情的なクロスオーバー・サウンドがロック世代でも話題となった。ワールド・ツアーも行った。初期のアルバムに楽曲構成の完成度の高い作品が多い。一時期アラン・ホールズワースゴードン・ベックらもメンバーとして加わっていた。

メンバーチェンジを繰り返しながらバンドのレコード製作は1980年代後半まで続いた。

ディスコグラフィ編集

  • 『エラスティック・ロック』 - Elastic Rock (1970年)
  • 『ニュークリアス2』 - We'll Talk About It Later (1970年)
  • 『ソーラー・プレクサス』 - Solar Plexus (1971年) ※Ian Carr with Nucleus名義
  • 『ベラドナ』 - Belladonna (1972年) ※Ian Carr ソロ名義
  • 『ラビリンス』 - Labyrinth (1973年) ※Ian Carr with Nucleus名義
  • Roots (1973年) ※Ian Carr's Nucleus名義
  • Under The Sun (1974年)
  • Alleycat (1975年)
  • Snakehips Etcetera (1975年)
  • Direct Hits (1976年) ※ベスト盤。Ian Carr's Nucleus名義
  • In Flagranti Delicto (1977年) ※Ian Carr's Nucleus名義
  • 『アウト・オブ・ザ・ロング・ダーク』 - Out Of The Long Dark (1979年) ※Ian Carr's Nucleus名義
  • Awakening (1980年) ※Ian Carr's Nucleus名義
  • Live At The Theaterhaus (1985年) ※Ian Carr's Nucleus名義
  • Old Heartland (1988年) ※Ian Carr ソロ名義
  • 『ライヴ・イン・ブレーメン 1971』 - Live in Bremen (2003年) ※1971年録音
  • The Pretty Redhead (2003年) ※1971年・1982年録音
  • 『へミスフィアーズ』 - Hemispheres (2006年) ※1970年・1971年録音
  • 『UKツアー’76』 - UK Tour '76 (2006年) ※1976年録音
  • Live in Europe 1970-71 (2009年) ※1970年・1971年録音

外部リンク編集