メインメニューを開く

ニュージャズ (nu jazz, nu-jazz, NuJazz) は1990年代後半に新たにつくられた包括的な用語で、ジャズをもとにしてファンクヒップホップポストロックエレクトロニカフリー・インプロヴィゼーションのような他の音楽スタイルがブレンドされた音楽のことを指している[1]エレクトロニックジャズ (electronic jazz) 、エレクトロ・ジャズ (electro-jazz) 、イー・ジャズ (e-jazz) 、ジャズトロニカ (jazztronica) 、ジャズハウス (jazz house) 、フュージョン (phusion) (注:フュージョン (fusion) とは同音異義語でアルファベット表記が違う。)、フューチャージャズ (future jazz) と呼ばれることもある。

概要編集

エレクトロニカやジャズと同様に、ニュージャズは緩やかに定義された音楽ジャンルである。そのジャンルの範囲は生楽器の演奏とジャズハウスを組み合わせたようなもの(例えばフランスサン・ジェルマン(St Germain)、ドイツのジャザノヴァ(Jazzanova)、イギリスのフィラ・ブラジリア(Fila Brazillia)らなど)から、即興のジャズバンド演奏と電子音楽を組み合わせたようなもの(例えばイギリスのシネマティック・オーケストラ(The Cinematic Orchestra)、ベルギーのフュージョンカルチャー・ニュージャズ・インプロヴィゼーション・コレクティヴ(PhusionCulture Nu-jazz Improvisation Collective)、ノルウェーのフューチャージャズスタイルのパイオニアであるブッゲ・ヴェッセルトフト(Bugge Wesseltoft)、ジャガ・ジャジスト(Jaga Jazzist)、ニルス・ペッター・モルヴェル(Nils Petter Molvær)らなど)まで及ぶ。

ニュージャズは一般的に、アシッドジャズ(またはグルーヴジャズ)よりもエレクトロニカに対して距離を置いた音楽であるとされ、それは初期のファンクソウルR&Bに近いとされる(しかしながらグルーブ・コレクティブ(Groove Collective)のような有名なグルーヴジャズアーチストがその音楽スタイルの境界をぼやかしてもいる)。

代表的なアーティスト編集

目次: 0-9 A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z
代表的なアーティスト / 脚注 / 関連項目 / 外部リンク

アルファベット表記の順に並んでいます。また、アルファベット表記のリンク先は一部を除いて他言語版のページです。

A編集

B編集

C編集

D編集

E編集

F編集

G

  • Gerardo Frisina(ジェラルド・フリジーナ)

J編集

L編集

M編集

N編集

O編集

P編集

Q編集

R編集

S編集

T編集

U編集

W編集

Y編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ Sergey Chernov による定義:"Nu-Jazz is a style that blends jazz, funk, electronic dance music and free improvization."(The St. Petersburg Times - Arts + Features - chernov's choice 2002年6月7日金曜日分より)

関連項目編集

外部リンク編集

サイト名のアルファベット表記の順に並んでいます。(アルファベット表記がTheで始まる場合は、Theを除いた表記の位置にしています。)