メインメニューを開く

ニュージョージア島

ニュージョージア諸島。中央の主島がニュージョージア島

ニュージョージア島(New Georgia Island)は、ソロモン諸島・西部州で最大の島。面積2,037km2で西部州で比較的大きな島の大部分を含むニュージョージア諸島のうちの一島である。長さおよそ72km(45マイル)であり、ニュージョージア海峡の南側境界の一部を成している。島西部にあるクラ湾の向こうにコロンバンガラ島が横たわり、東にはブングヌ島、南のブランチェ水道(Blanche Channel)の向こうにはレンドバ島がある。

島は起伏が激しく、深い森に覆われている。

歴史編集

第二次世界大戦でのアメリカ軍によるニュージョージア島の戦い1943年6月30日に同島と近隣の島々への上陸で始まった。何週間もの困難なジャングル戦の後、8月23日に同島はアメリカ軍が確保した。しかしながら戦闘は近隣の島で1943年10月まで続いた。

ニュージョージア島での日本軍の基地であるムンダは同島への攻撃での主要目標だった。1943年8月5日にアメリカ軍はこの基地を占領した。バイロコ(Bairoko)港にある日本軍の施設はムンダの北13km(8マイル)にあり、8月25日に占領された。

言語編集

島で話されていた複数の言語はニュージョージア語に属する。これらは大洋系言語の中の南部ニューアイルランド-北西ソロモン言語に繋がるサブグループであり、また東マラヨ・ポリネシア言語の主要グループであり、さらに巨大なオーストロネシア語族の一部である。島の言語は東と西のサブグループに分けられ、10の言語が話される。

参考文献編集