JNNニュースの森

ニュースの森から転送)

JNNニュースの森』(ジェイエヌエヌ ニュースのもり)は、TBSJNN)系列で1990年4月2日から2005年3月27日まで放送していた夕方の報道番組である。通称「ニュースの森」。新聞ラ・テ欄ではスペースの都合上、ニュースを表す[N]の記号を用いて「[N]の森」のように表記することもあった。

JNNニュースの森
THE EVENING NEWS
ジャンル 報道番組
出演者 荒川強啓
久和ひとみ
杉尾秀哉
門脇利枝
松原耕二
進藤晶子
小川知子
池田裕行
小倉弘子
吉川美代子
岩井健浩
伊藤隆太
柴田秀一
長峰由紀
駒田健吾
森田正光気象予報士
ほか、出演者を参照
製作
制作 TBSJNN
放送
音声形式【平日】二ヶ国語放送[注 1]
【週末】モノラル放送
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間1990年4月2日 - 2005年3月27日
平日版
放送期間1990年4月2日 - 2005年3月25日
放送時間放送時間を参照
放送枠TBSテレビ系列夕方ニュース枠
放送分60分→65分→66分→65分
土曜版
放送期間1990年4月7日 - 2005年3月26日
放送時間土曜 18:30 - 18:50
→土曜 18:30 - 18:55
放送枠TBSテレビ系列夕方ニュース枠
放送分20分→25分
日曜版(開始から1999年度まで)
放送期間1990年4月8日 - 2000年4月9日
放送時間日曜 17:30 - 17:50
→日曜 17:30 - 17:55
放送枠TBSテレビ系列夕方ニュース枠
放送分20分→25分
日曜版(2000年度から終了まで)
放送期間2000年4月16日 - 2005年3月27日
放送時間日曜 17:00 - 17:25
放送枠TBSテレビ系列夕方ニュース枠
放送分25分
テンプレートを表示

概要編集

前番組は、1962年10月から27年半もの間放送されたキャスター総合ニュース『JNNニュースコープ』で、それに1975年10月から首都圏関東地方)向けに放送されていたローカルニュース『テレポートTBS6[注 2]を統合して誕生した。企画当初は先行するフジテレビ系列FNNスーパータイム』や日本テレビ系列NNNニュースプラス1』を意識してローカルニュースを全国ニュースに内包させた構成にする予定だったが、JNNは他系列に比べて老舗のローカルワイドニュースを抱える局が多い事もあり、系列各局から強い反発を受けた[1]。妥協策としてそれまでのローカル枠→全国枠の順番を全国枠→ローカル枠の順番に反転して[1]、TBS、テレビユー山形チューリップテレビのみ1時間枠の単一番組として構成した。実際、ローカル枠のタイトルでも『ニュースの森』を使っていたのは東北放送テレビユー福島等極一部に限られた。

夕方のニュース激戦区において、「JNNニュースコープ」末期は視聴率が低かったが、当番組が始まってからは次第に上昇し、初代キャスターの久和ひとみが担当していた1996年頃までは安定した視聴率を確保していた。その後はTBSビデオ問題によるTBSの報道・情報番組に対する信用失墜や、他局が1990年代後半から2000年代にかけて相次いで17時台に進出した事などにより視聴率で苦戦するようになるが、当番組では17時台への本格進出や芸能ニュースコーナーの設置などは番組終了まで一切行わず、終始ストレートニュースとしてのスタンスを貫き、番組は15年間続いた。又、報道番組の内容もスリムでコンパクトな内容やオープニングのCG映像やBGMが視聴者から高い人気を誇り、まさに報道のTBSを表す看板番組の一つとなった。

後番組は、大型ニュース情報番組イブニング・ファイブ[注 3]。当時本番組と並んで夕方ニュースの老舗だった日本テレビ系列『NNNニュースプラス1』も1年後に終了している。

歴史編集

1990年度〜1992年度(荒川時代)編集

1990年4月2日に放送開始。それまで18時台前半に関東ローカルで放送されていた『テレポート6』に新メンバーを入れる形でスタートした。平日版はメインキャスターに『テレポート6』から引き続きフリーアナウンサーの荒川強啓とニュースキャスター久和ひとみを起用。スポーツは新メンバーとして当時TBSアナウンサーの佐古忠彦、天気予報は気象予報士森田正光が担当した。週末版は前番組『JNNニュースコープ』(週末版)を担当していた吉川美代子戸崎貴広がそのまま続投した。

1990年度・1992年度の沿革
  • 1990年4月2日 - 放送開始。
  • 1991年9月30日 - セットを一新。同日から使用されたCIロゴマーク(ミクロコスモス)を意識したものとなった。
  • 1993年3月28日 - 戸崎が降板。当時兼務していた『ブロードキャスター』のスポーツに専念。
  • 1993年3月31日 - 荒川と佐古が降板。荒川は『ビッグモーニング』、佐古は『JNNスポーツ&ニュース』担当になった。

1993年度〜1997年度前期(杉尾時代第1期)編集

1993年春に久和・吉川・森田以外の出演者が降板。フリーアナウンサー荒川強啓の後任は TBS報道局政経部(現在の報道局政治部)平河クラブキャップの杉尾秀哉、スポーツコーナーは平日版を安東弘樹、週末版を田中宏明がそれぞれ担当。1994年9月までは、平日と週末でオープニングとCM前ジングルのアレンジが異なっていた。

1993年度・1995年度の沿革
  • 1993年4月1日 - 新メンバーに加えセットとオープニング映像、テーマ曲を一新。
  • 1994年4月 - テーマ曲とテロップを変更。
  • 1994年10月3日 - 現社屋「TBS放送センター」(愛称:ビッグハット)に移転に伴いセットとオープニング映像、テーマ曲を再一新。
  • 1995年4月9日 - 日曜日にお天気コーナーが設けられ気象予報士の原田龍彦杉江勇次が登板し、隔週交代で日曜日のお天気コーナーを担当。
  • 1995年10月1日 - 田中が降板。3ヶ月後にTBSを退社。
  • 1995年10月7日 - 週末版のスポーツコーナーに初田啓介が登板。
  • 1996年3月29日 - 久和と安東が降板。久和は渡米しコロンビア大学に留学。安東は『王様のブランチ』担当になった。これ以降、メインキャスターへのフリーアナウンサー・キャスターの起用は『イブニング・ファイブ』開始まで行われなかった。
1996年度・1997年度前期の沿革
  • 1996年4月1日 - 久和の後任に、報道記者の門脇利枝が就任。メインキャスターが同局社員のみになるのは、『JNNニュースコープ』の終了以来6年ぶり。スポーツは福島弓子が担当。
  • 1997年3月30日 - 初田が降板。スポーツ中継のみに専念。週末版からスポーツ担当が消えた。
  • 1997年3月31日 - 関東地区に限りフライングスタートを実施。平日版の放送時間が5分拡大され17:55スタートとなる。
  • 1997年4月5日 - 週末版キャスターとして、岩井健浩アナウンサーが登板。それまで週末版メインキャスターは吉川単独だったが、この代から週末版メインキャスターは吉川・岩井コンビとなり、週末のスポーツコーナーはメインキャスターが兼任、日曜日の天気は原田龍彦が退任以降メインキャスター兼任となったが、2001年より気象予報士の森朗が就任した。
  • 1997年9月26日 - 杉尾が退任。杉尾は報道局外信部デスクと『サンデーモーニング』担当になった。

1997年度後期〜2001年度後期(松原時代)編集

1997年9月、杉尾が降板しリニューアル。後任は、TBS報道局社会部→経済部記者の松原耕二が担当。

1997年度後期・1999年度後期の沿革
  • 1997年9月29日 - 松原就任と同時に、タイトルロゴ及びセット、オープニング映像、テーマ曲を一新。
  • 1999年3月26日 - 福島が降板。イチローと結婚する為、TBSを退社。
  • 1999年3月29日 - スポーツコーナーを月~火曜日を小倉弘子、水~金曜日を木村郁美がそれぞれ担当。交代制となるのは今回が初。
  • 1999年9月21日 - 小倉が降板。小倉は『筑紫哲也 NEWS23』担当になった。
  • 1999年9月24日 - 門脇が退任。門脇はBS-i設立に参加。
1999年度後期・2000年度の沿革
  • 1999年9月27日 - 門脇の後任に、当時TBSアナウンサーの進藤晶子が登板。スポーツコーナーは月・水・金を新タ悦男が務め、木村は火・木担当となった。
  • 2000年2月24日 - 木村が降板。木村は『エクスプレス』担当になった。
  • 2000年2月28日 - スポーツコーナーは新タは月~水担当となり、木・金は当時新人だった豊田綾乃に交代。
  • 2000年4月3日 - 平日版の放送時間が1分前拡大され17:54開始に繰り上がると共に、18:00の飛び乗り点が廃止され全国一律で17:54開始となった。同時にセット、オープニング映像、テーマ曲を一新。また、ネットスポンサーが消滅して全編ローカルセールス枠となる。
  • 2000年9月27日 - 新タが降板。新タは『BS-iスポーツニュース』担当になった。
  • 2000年10月2日 - スポーツコーナーは月・火を海保知里、豊田は水~金担当となった。
  • 2001年3月1日 - 初代女性メインキャスター・久和ひとみが急性肝不全の為死去(享年40歳)。当日の放送で訃報が告げられた。
  • 2001年3月27日 - 海保が降板。海保はTBSラジオの『小堺一機のサタデーウィズ』に専念。
  • 2001年3月30日 - 進藤が降板。進藤は半年間の休暇の後、9月にTBSを退社。
2001年度前期の沿革
  • 2001年4月2日 - 進藤の後任に、小川知子が登板。またスポーツコーナーは豊田が全曜日担当となる。
  • 2001年9月28日 - 松原が退任。松原は杉尾と入れ違いで同番組の編集長に就任。
  • 2001年9月30日 - 岩井が降板。平日版のフィールドキャスターに転身。

2001年度後期〜2004年度後期(杉尾時代第2期)編集

2001年10月、松原に代わって、前任の杉尾秀哉が4年ぶりに復帰。週末版のキャスターには伊藤隆太が登板。

2001年度後期・2004年度前期の沿革
  • 2001年10月1日 - メイン交代と同時にタイトルロゴ、オープニング映像、テーマ曲、セットを一新。
  • 2001年10月6日 - 伊藤が登板。
  • 2002年3月25日 - 平日19時台のレギュラー番組のフライングスタート実施により、平日版の放送開始が17:50となる。また金曜日のスポーツコーナーはこの週から佐藤文康に交代[注 4]
  • 2002年4月1日 - この日から、全国枠でのみリアルタイム字幕放送を実施。
  • 2002年9月30日 - タイトルロゴ、オープニング映像、テーマ曲、セットを再一新。
  • 2004年3月28日 - 吉川と伊藤が降板。吉川は1984年10月の『JNNニュースコープ』平日・週末から通算して合計18年半夕方のキャスターを務めた。降板後は『ウォッチ!』のコメンテーターとなる。伊藤は『ニュースフロント』担当になった。
  • 2004年4月3日 - 週末版のキャスターに長峰由紀柴田秀一が登板。同年3月に終了した『ベストタイム』から横滑りでの起用となった。
  • 2004年9月23日 - 豊田が降板。豊田はTBSラジオで自身がパーソナリティを務める『プレシャスサンデー』など、当番組と並行して担当していた番組に専念。
  • 2004年9月24日 - 杉尾と小川が降板。杉尾はTBSテレビ編成制作本部報道局取材センター社会部長、小川は報道局外信部の記者[注 5]となった。
  • 2004年9月26日 - 柴田が降板。柴田は『はなまるマーケット』と『ジャスト』担当になった。

2004年度後期(小倉・池田時代)編集

2004年度後期の沿革、15年の放送に幕

2004年10月、新メインに5年ぶりにスポーツコーナー担当だった小倉弘子とかつて『筑紫哲也 NEWS23』でサブキャスターを務めていた池田裕行がメインとなる。スポーツコーナーは月・火曜日を安東弘樹が8年半ぶりに、水・木曜日を高野貴裕がそれぞれ担当。週末版のキャスターは、長峰と駒田健吾が担当。

  • 2004年9月27日 - 新メンバーに加えセットとオープニング映像、テーマ曲を一新。この日は、当時衆議院議員だった田中眞紀子が生出演した。
  • 2004年10月2日 - 駒田が登板。
  • 2004年12月 - 視聴率の低迷化等により、翌年3月での番組終了が発表される。
  • 2005年3月22日 - 安東が降板。安東は『きょう発プラス!』担当になった。
  • 2005年3月24日 - 高野が降板。高野は『王様のブランチ』担当になった。
  • 2005年3月25日 - 平日版終了。小倉、池田、森田は次番組『イブニング・ファイブ』も続投。佐藤は終了と同時に降板し、実況中継を中心に担当。
  • 2005年3月27日 - 週末版終了。長峰、駒田、森は次番組『JNNイブニング・ニュース』も続投。

出演者編集

  • ○印は『JNNニュースコープ』、●印は『テレポートTBS6』から続投。
  • □印は『JNNイブニング・ニュース』、■印は『イブニング・ファイブ』も続投。

メインキャスター編集

期間 平日 週末
1990.4.2 1993.3.31 荒川強啓 久和ひとみ 吉川美代子1
1993.4.1 1996.3.31 杉尾秀哉
1996.4.1 1997.3.30 門脇利枝
1997.3.31 1997.9.28 吉川美代子2 岩井健浩1・3
1997.9.29 1999.9.26 松原耕二
1999.9.27 2001.4.1 進藤晶子
2001.4.2 2001.9.30 小川知子4
2001.10.1 2004.3.28 杉尾秀哉 伊藤隆太
2004.3.29 2004.9.26 柴田秀一 長峰由紀 2
2004.9.27 2005.3.27 小倉弘子6□■ 池田裕行□■ 長峰由紀□2・5・6 駒田健吾

  • 1 『JNNスポーツ&ニュース』を兼務(いずれも担当時期は不明)。
  • 2 昼の『JNNニュース』を兼務(詳細は同番組のページを参照)。
  • 3 一時期、ディレクターを兼任。
  • 4 2002年10月から2003年3月まで『ジャスト』ニュースコーナーを兼務。
  • 5 『報道特集NEXT』ニュースコーナー、日曜夕方の『THE NEWS』も続投。
  • 6 トップクレジット扱い。

スポーツキャスター編集

期間 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土・日曜日
1990.4.2 1993.3.31 佐古忠彦 戸崎貴広1・2
1993.4.1 1995.10.1 安東弘樹 田中宏明1・2・3
1995.10.2 1996.3.31 初田啓介1・2・3
1996.4.1 1997.3.30 福島弓子
1997.3.31 1999.3.28 (メインが兼任)
1999.3.29 1999.9.26 小倉弘子 木村郁美
1999.9.27 2000.2.27 新タ悦男 木村郁美 新タ悦男 木村郁美 新タ悦男
2000.2.28 2000.10.1 新タ悦男 豊田綾乃
2000.10.2 2001.4.1 海保知里 豊田綾乃
2001.4.2 2002.3.31 豊田綾乃
2002.4.1 2004.9.26 豊田綾乃 佐藤文康
2004.9.27 2005.3.25 安東弘樹 高野貴裕

お天気キャスター編集

期間 平日 土曜日 日曜日
1990.4.7 1993.3.28 森田正光○●■1 (放送なし)
1995.4.1 1997.9.28 (放送なし) 原田龍彦 / 杉江勇次
1997.10.4 2005.3.27 森朗2

代理キャスター編集

  • 平日版のキャスターが夏休みや取材などで不在の場合、特に女性の場合は1994年頃まで当時週末版担当だった吉川が代理を務めることがあった。同年以降1999年度までは、主に奈良陽柴田秀一長峰由紀長岡杏子[注 6]らが代行した。2000年度以降(特に女性メインキャスターの場合)は基本的に代役は置かず、残りの出演者だけで放送した。
  • 森田がスタジオ不在時は、1995年度以降杉江→森が代行した(それ以前は不明)。
  • 一方で、平日版のキャスターが週末版のキャスターの代理を務めたのは2002年9月末に小川が吉川の代理を一度務めた時だけだった。

放送時間編集

※全国枠以外はTBSテレビ(関東地方)における放送時間を記す。すべて日本時間

期間 平日 土曜日 日曜日
全編 JNN全国枠
1990.4.2 1995.4.2 18:00 - 19:00
(60分)
18:00 - 18:30
(30分)
18:30 - 18:50
(20分)
17:30 - 17:50
(20分)
1995.4.3 1997.3.30 18:30 - 18:55
(25分)
17:30 - 17:55
(25分)
1997.3.31 2000.4.2 17:55 - 19:00
(65分)
2000.4.3 2002.3.24 17:54 - 19:00
(66分)
17:54 - 18:21
(27分)
17:00 - 17:25
(25分)
2002.3.25 2005.3.27 17:50 - 18:55
(65分)
17:50 - 18:19
(29分)

平日補足

  • 1997年3月31日に開始時間が5分繰り上がって17時55分スタートとなったが、2000年3月まで全国パートは18時丁度からであった。そのため、18時までの5分間は番組内容の一部を紹介する時間に充てていた(事実上の『もうすぐ』枠扱い)。初期は今日のトップニュースを紹介した後、TBS報道局から杉尾→松原・門脇が週交代で番組のラインナップを紹介(スタジオから福島がスポーツのラインナップも紹介する事もあった)、続いて森田のミニ天気コーナー〈今夜の天気 森田におまかせ〉で最新の天気や今後の予測をコンパクトに紹介し、CMを挟まず本編に続く流れとなったが、末期は〈走れ!生活防衛隊〉と銘打って、主婦向けの生活に関する情報や便利なグッズを紹介し、CMを挟まず本編に続く流れとなった。杉尾・門脇時代はタイトルロゴをCGで出していたが、松原就任後は男女が交互に「ニュースの森」とタイトルコールをした。後に全国の幼稚園や保育園園児達と女性幼稚園教諭、保育士が揃って「ニュースの森がはじまるよ、ワー」と声を出した後にミニ番組が始まる流れとなった。全国の幼稚園園児達と幼稚園教諭、保育士による掛け声は関東ローカル天気〈森田さん お天気ですか〉と同じ流れだった。
  • 2002年春改編から、平日19時台のレギュラー番組がフライングスタートの実施により放送時間が繰り上がり、テレビ東京を除く平日夕方の全国ニュースでは最も早い開始となった[注 7]

土曜日補足

  • 毎年春・秋に放送される『オールスター感謝祭』など、特別編成時は時間を繰り上げて放送。現在の『報道特集』でも同様の措置を取っている。
  • 1995年3月までTBSでは関東ローカルのニュースを『TBSニュース』で放送。同年4月からTBSでは関東ローカルの『TBSニュース』を統合。全国パートは番組開始から20分間(日曜も同様)。
  • TBSでは土曜日の関東地方の天気予報を、現在も放送中の後番組『ウィークエンドウェザー』で放送していた[注 8]

日曜日補足

  • 1995年3月まで、TBSでは17:50 - 17:55に別枠で天気予報を放送。関東ローカルのニュースの放送はなかった。同年4月にTBSでは天気予報を統合。
  • 2000年4月16日より、18時台後半の『ニッセイワールドドキュメント未来の瞳』開始に伴い後枠『JNN報道特集』と共に30分繰り上げたため、日曜夕方のニュース番組で最も早い放送となった。

シリーズ企画編集

関東地方向けローカル内の特集、または全国ネットの後半で随時放送されていた。 なお、全国ネットの後半についてはインターネット上のJNN News iに掲載される場合があった。

  • シリーズ安全崩壊(ピッキング銀行キャッシュカード偽造など安全神話の崩壊、「JNN報道特集」でスペシャル版が放送された)
  • シリーズ医療解体(医療を様々な面から斬る)
  • シリーズ医療不信(書籍化される)
  • シリーズ赤ちゃんが危ない(赤ちゃんに潜む危険を様々な面から取り上げる)
  • シリーズ税金流出
  • シリーズ年金告発
  • シリーズ震災家族の再出発
  • シリーズ謎を追う
  • くらしのキーワード’98(森の現場内)
  • シリーズ永田町・主役たちの夏
  • シリーズ97年
  • シリーズ後50年
  • シリーズ社会アメリカ
  • シリーズ銃社会 日本
  • シリーズアメリカ大統領選挙
  • シリーズ消費税5%
  • シリーズ地球温暖化
  • シリーズ薬物汚染
  • シリーズ仮面集団
  • シリーズインターネット生活
  • シリーズ謎を追う!(関東ローカル特集内)
  • シリーズ医療最前線
  • シリーズ オウム追跡
  • シリーズ少年法の陰で
  • シリーズ台湾総統選
  • シリーズ日本人の体力
  • シリーズ薬物新汚染
  • シリーズ決戦! 衆院選2003
  • シリーズ アジア危機

番組内のコーナー編集

平日版編集

  • 列島アラカルト
    • 1994年夏頃に全国ネット枠の終盤近くに放送されたコーナー。列島各地の季節の話題を伝えた。同名のコーナーが「JNNおはようニュース&スポーツ」でも放送されていた。
  • 森の現場
    • 1997年10月から全国ネット枠中盤に放送されたミニ特集。様々な角度から"今"を掘り下げる。
  • 日本の四季
    • 1997年10月から2本目のCM前に放送されたコーナー。CM前ジングルにのせて、各地の季節の話題を映像で伝えた。3本目のCM前に放送されることもある。開始当初は「コマーシャルのあとは◯◯◯。その前にちょっと秋の映像です」と言っていた。
  • ニュースフラッシュ→ニュースメドレー(1997.10〜2004.9)→ニュースな言葉(2004.10~2005.3)
  • 森田さんの5秒予告
  • 森田さんのお天気→森田さんのお天気ですかァ
    • 2000年代初頭までは関東のローカルセールス枠とは別に、このコーナーを一社提供するスポンサー枠があった(初期は第一不動産グループ[注 9]、1990年代中期ごろからは東京電力)。
  • スポーツ きょうのナンバーワン
  • エンタメスポーツ イチバン
  • 水沼貴史のワールドサッカーパラダイス(サッパラ)
  • 森田さんの10秒天気
  • 森田さんの週天
  • 走れ!生活防衛隊
  • 特集コーナー
    • 新・噂のなんじゃもんじゃ
    • 「ニュースの森」アマチュアビデオ大賞
    • こだわり暮らし塾

週末版編集

  • Meet The World 世界は いま
    • 土曜日に放送された特集コーナー。2002年10月6日にも放送されたが、この日は日曜日であったため、吉川からのお断りがあった。
  • 今週の予定
    • 日曜日のスポーツコーナー終了後に放送されていたが、放送時間の都合で放送されないことも多かった。

演出編集

タイトルロゴ編集

  • 初代:1990年4月2日 - 1997年9月28日
    • 「ニュースの森」の左上に「JNN」のロゴ。題字の下に線があり、右側で「森」の部分を囲むように△三角に曲がっている。
  • 2代目:1997年9月29日 - 2001年9月30日
    • 初代ロゴの下線が「THE EVENING NEWS」の英字ロゴに変わり、「森」の字が△三角形の中に収まる。
  • 3代目:2001年10月1日 - 2002年9月29日
    • 2段組で、上段には緑色の四角形に一字ずつ入った「ニュース」、下段は四角形2個分のスペースに「JNN」「THE EVENING NEWS」、残り部分は上段と同じスタイルで「の森」。四角形内の文字は、それぞれ■緑の四角形・■黄緑の四角形に交互に入っていた。
  • 4代目:2002年9月30日 - 2005年3月27日
    • 3代目のアレンジ版。「ニュースの森」の字が横一列になり、その下に「JNN THE EVENING NEWS」。

オープニング映像・テーマ曲編集

  • 初代:1990年4月2日 - 1993年3月31日(作曲:久保田利伸<もしくは担当者不明?>)
    • 夕焼けの町並みを俯瞰した風景の中をUFOのような物体が回転しながら画面手前に飛び去る。物体が消えた所で町並みの部分が持ち上がり[注 10]、裏返って三角形の物体が見えるとともに左から「JNNニュースの」がスライドしながら現れ、右からは「森」の字が飛び出す。三角形は右下に向かって表面が消えて枠だけ残り、そこに「森」の字が収まってタイトルロゴを形成する[注 11]
    • ・平日…OP映像→ヘッドライン2本(1991年からは3本)→最初のニュース
    • ・週末…OP映像→スタジオ風景にフェードして提供テロップ
  • 2・3代目:1993年4月1日 - 1994年10月2日(作曲:久保田利伸<もしくは担当者不明>)
    • テーマ曲のアレンジは平日版と週末版で異なる。1994年4月から、平日版のみテーマ曲を変更。
    • 画面の右から左へJNNの正式名称である「JAPAN NEWS NETWORK」、「MONEY ECONOMY」「SCIENCE TECHNOLOGY」「SOCIETY」「MEDIA」、上から下へ「POLITICS GOVERNMENT」、下から上へ「HAPPENING EVENT INCIDENT」、左から右へ「SCOOP」とニュースに関連する英字の文字列が次々と流れ、その後左側から画面下寄りにタイトルロゴ[注 12]が入って来て、3秒後にロゴが消える。
    • ・平日…ヘッドライン3本→3本目のVTRをバックにOP映像[注 13]
    • ・週末…その日のニュース映像をバックにOP映像[注 14]→スタジオ風景をバックに提供テロップ
  • 4代目:1994年10月3日 - 1997年9月28日(作曲:神山純一
    • 先代同様、テーマ曲のアレンジは平日版と週末版で異なる。
    • バックはCG映像で、2秒程タイトルロゴを表示しながらCG映像の中に沈む。(平日版OP映像①の部分)
    • 5秒程タイトルロゴが大写しから右下に移動したのちバックして中央に(タイトルロゴがやや斜めになる形で)ワイプアウト。(OP映像②、週末版OP映像の部分)
    • ・平日…OP映像①→ヘッドライン3本→OP映像②
    • ・週末①(1995年度まで)…OP映像②→ニュース映像(左上にニュースのタイトル)→スタジオ風景をバックに提供テロップ
    • ・週末②(1996年度以降)…OP映像②→ヘッドライン3本(この時初めて週末版にヘッドラインが付く)→3本目のVTRをバックに提供テロップ[注 15]
  • 5代目:1997年9月29日 - 2000年4月2日(作曲:神山純一)
    • 約1秒ほど黄色のグラデーションをバックに色とりどりの地球が上から下へ降り注ぐCG映像を出してヘッドラインに続く。(平日版OP映像①)
    • 黄色のグラデーションをバックに色とりどりの地球が螺旋状に回転し、その中に緑色のタイトルロゴが現れて「JNN」と「THE EVENING NEWS」以外の部分が左へ1文字ずつ回転しながら組み合わさる。平日版はタイトルロゴ完成後に画面がフェードしスタジオ周辺が映り、週末版はヘッドラインに切り替わる。(OP映像②と週末版のOP映像)
    • ・平日…OP映像①(約1秒)→ヘッドライン3本→OP映像②
    • ・週末…OP映像➁→ヘッドライン3本→3本目のVTRをバックに提供テロップ
    • 平日版ではヘッドラインが次の項目に切り替わる時にOPのCG映像が一瞬映るが、週末版では映らない。
    • この頃のCG映像はタイトルの周囲ワンポイントが月ごとに変わるものだった[注 16]
  • 6代目:2000年4月3日 - 2001年9月30日(『The Evening News Theme』作曲:本間勇輔
    • 人のシルエットと黄色いラインが左から右へ移り、明滅した後に夕暮れ時の球体の上に立つビル群の映像に切り替わる。(平日版OP①の映像より)
    • 夕暮れ時の球体の上に立つビル群と、その周りを英字「Japan News Network」「HEAD LINE」等の文字列が螺旋状に回転する風景を背景にタイトルロゴが一文字ずつ現れ、その後タイトルロゴ全体が一度に現れる。平日版はタイトルロゴが明滅した後にCG映像がカーテンの様に左下から捲れてスタジオ周辺の映像が映る。(週末版は4代目とほぼ同じ流れ)(平日版OP②の映像と週末版のOP映像)
    • ・平日⋯OP映像①→ヘッドライン3つ→OP映像➁
    • ・週末⋯OP映像②→ヘッドライン3つ→3本目のVTRをバックに提供テロップ
    • 平日版で冒頭のOP映像が約3秒になった他は、5代目と同じ流れである。なお2000年10月頃から2001年9月初め頃まで、週末版はヘッドラインをカットして番組がスタートしていた。
  • 7代目:2001年10月1日 - 2002年9月29日(『秋のめぐり逢い』作曲:神山純一)
  • 季節ごとにCGアニメを制作。
    • 【秋Ver】秋季の森をかき分けるように進むと、タイトルロゴが現れ、緑と黄緑の四角形の中に収まる白文字のニュースの森が形成し、四角形4文字の下に下段四角形の二個分に(JNN) (THE EVENING NEWS)が並べられロゴが完成する。
    • 【冬Ver】雪道の傾斜を右下へ下る様にゆっくりと進む途中に四角形のタイトルロゴが現れ、同時に「JNN」「THE EVENING NEWS」が並べられ、ロゴが完成する。
    • 【春Ver】マーガレットの花の上に止まる蝶々が上空へ向かって飛び立ち背景が大空に差し掛かった所で空から4つの四角形と右側の四角形が降る様に形成し、白文字でニュースの森と表示。同時に空から地上に降りる映像をバックに四方左から「JNN」「THE EVENIN NEWS」が並べられる。
    • 【夏Ver】大きい樹木の緑に溜まった水滴が湖にポタリと落ちたと同時にタイトルロゴが現れ、同時に左から(JNN) (THE EVENING NEWS)が並べられる。
    • ・平日…OP映像→ヘッドライン3つ(次の項目を紹介する際、一瞬タイトルロゴを表示して次の項目を紹介)→キャスター挨拶
    • ・週末…OP映像→ヘッドライン3つ→3本目のヘッドライン映像をバックに提供テロップ→キャスター挨拶
    • 週末版は提供テロップの為5-6秒程3本目のVTR映像を表示。VTR映像が明けるとそれまではキャスターが揃って挨拶をして最初のニュースに続くが、この代では初の試みとして吉川が大型モニターの場所で挨拶し重大なニュースを一つ紹介した後、伊藤が最初のニュースをキャスター席で伝えるスタイルになった。
    • 週末版は2002年10月5日・6日まで使用された。
    • 土曜版のエンディングは、アレンジ版が2008年3月まで「JNNイブニング・ニュース」土曜版のエンディングで、2010年1月まで年末年始夕方枠のエンディングの提供クレジットで使用されていた。
  • 8代目:2002年9月30日 - 2004年9月26日(『ニュースの森2001』作曲:神山純一)
    • 最初のヘッドラインVTRをバックに、タイトルロゴが中央に小さく表示され、2秒後裏返る様に消える。
    • ・平日…OP映像→ヘッドライン3つ→クレーンカメラの俯瞰映像を映しながらキャスター挨拶→最初のニュースを杉尾が伝える(稀にテーマ曲がBGMで流れる事があった)
    • ・週末…OP映像→ヘッドライン3つ→3本目のヘッドライン映像をバックに提供テロップ→キャスター挨拶[注 17]
  • 9代目:2004年9月27日 - 2005年3月27日(『Truth』作曲:服部隆之
    • 最初のヘッドラインVTRをバックに、四角形のタイトルロゴが一文字ずつ手前から右へ移動した後左下に飛んで来る。
    • ・平日…OP映像→ヘッドライン2つ→キャスター挨拶→最初のニュースに続く
    • ・週末…OP映像→ヘッドライン2つ→2本目のヘッドライン映像をバックに提供テロップ→キャスター挨拶→最初のニュースに続く
    • 又、平日版のヘッドライン時は、テロップ左側の囲みにメインキャスターの顔がアップで映し出されるが、週末版は映らない。
    • 平日版は小倉・池田・森田で挨拶を行い、週末版はこれまで通り長峰・駒田で挨拶を行った。

備考編集

  • ヘッドラインの項目数は初代(途中まで)と8代目は2本で、それ以外は3本。
  • 6代目と8代目は、ヘッドラインのナレーターをメインキャスターが担当していた。一方、週末版は一貫してメインキャスターが読んでいた。
  • 1996年4月からは週末版もヘッドラインを放送している。4代目からは平日版と全く同じテーマソングを使用していたが、提供クレジットを挿入する関係上、6代目と7代目は平日版よりもテーマソングが若干長めとなっていた。
  • 『ニュースの森2001』は、2009年11月11日にユニバーサルミュージックから発売された「ブロードキャスト・トラックス TBS編」に収録されている。

エンディング編集

  • 1990年4月〜1993年3月
    • 平日版の場合
      • 映像をバックに、左上に「JNNニュースの森」、右下にゴナ体で「また あした…」と表示後、提供クレジット。CMを挟み、あとは週末版と同様にグリーンバックの背景に白字で「JNNニュースの森」、下段に「終」
    • 週末版の場合
      • グリーンバックの背景に白字で「JNNニュースの森」、下段に「終」
      • 週末版はエンディング挨拶→CM→提供クレジット→エンドタイトルの順番で、土曜はチャイムが流れた後に「まんが日本昔ばなし」、日曜は「JNN報道特集」のジャンクションを挿入する。提供クレジット・エンドタイトルはグリーンバックで提供読みではオープニングのBGMを短縮した物が流れた。
  • 1993年4月〜1994年9月
    • お天気カメラの映像をバックに左上に「JNNニュースの森」、右下に明朝体で「•また あした…」
    • 週末版はエンディング挨拶→スタジオ映像→提供クレジット(途中でお天気カメラに切り替わる)→エンドタイトル[注 18]の順番で、BGMは平日版とは別の曲を使用。
  • 1994年10月〜1997年9月
    • ここからは週末版も、平日版のエンディングテーマを使用する。
    • お天気カメラの映像をバックに下段に「『JNNニュースの森』 また あした…」
    • 週末版は1995年3月まで先代と同様の流れになっていた。
  • 1997年10月〜2000年3月
  • 「『JNNニュースの森』 また あした」

※先代にはあった「…」がなくなった。

  • 2000年4月~2001年3月(ここからは提供クレジットとともに表示)
    • 下段にジ〜ン、「JNNニュースの森」「http://news.tbs.co.jp/」
  • 2001年4月〜9月
    • 下段に「JNNニュースの森」「http://www.tbs.co.jp/mori/」
  • 2001年10月〜2005年3月
    • 平日版は先代と同じだがロゴは変更されている[注 19]。週末版は 『また明日』のち『明日は5時30分』に変更。

エンディングについての備考編集

  • 全国枠終了時は関東とそれ以外の地域(山形・富山を含む)で流れる映像が異なっていた。キャスターの「この後もニュースが続きます」または「この後もニュースです」というコメントの後CM前ジングルが流れるが、関東地区ではCM明けの特集の予告映像が流され、それ以外の地域では2002年9月までスタジオの引きの映像がTBSからの裏送りで流れていた[注 20][注 21]。2002年10月以後は、関東・山形は特集のオープニング部分を流し[注 22]、それ以外の地域はTBSからの裏送りでスタジオに置かれたジ〜ンのオブジェがアップで映し出される映像[注 23]が流れていた。

スタジオセット編集

  • 初代:1990年4月2日 - 1991年9月29日
    • 背景に丸い丘のような模型があり、森をイメージした木の模型が高速道路やビルなど都市をイメージした模型を取り囲んでおり、頂上にJNNロゴが設置されている。オープニングのCGと共通のコンセプトである。上部は空のような青色でまとめられているが、当番組放送時は星をイメージした灯りが灯る。
    • 通常は着席だが、一部のコーナーでは立って伝えていた。また、右側にもテーブルと机があり、『JNNスポーツ&ニュース』もそこからの放送だった。
  • 2代目:1991年9月30日 - 1993年3月31日
    • TBSのCIロゴマーク導入に伴い、それらを反映させたもの。右側には『JNNニュースコール』で使用するセットが置かれていた。
  • 3代目:1993年4月 - 1994年10月2日(ここまで旧局舎Dスタジオ)
    • 濃いクリーム色の壁に、日本列島やパラボラアンテナ、ENGや「JNN」のロゴ、「JAPAN NEWS NETWORK」と書かれた背景が印象的なセット。右側の小型モニター横は『あなたにオンタイム』で使用するスペースだった。
  • 4代目:1994年10月3日 - 1997年9月(これ以降は新局舎Nスタジオ、平日版のみ立席)
    • ベージュを基調とした物。このセットから『筑紫哲也 NEWS23』と共用するようになった他、1996年5月までは『あなたにオンタイム』とも共用されていた[注 24]。右側はスポーツコーナーで使うスペースで、『あなたにオンタイム』ではキャスターが待機するソファーが置かれていた。その横が『筑紫哲也 NEWS23』のセットであった。左側はガラス越しに報道局が見えており、この形式のセットは2017年3月まで続けられた。なお、1996年4月にマイナーチェンジされている。
    • 杉尾が担当した最後の放送となった1997年9月26日放送分は、杉尾が国会議事堂前から中継で出演、門脇が報道局からニュースを伝えた。関東ローカルのエンディングでは新しくなったNスタジオから杉尾が降板の挨拶を行い、松原が就任の挨拶を行った。
  • 5代目:1997年10月 - 2000年3月(平日版のみ立席、ただし途中から着席スタイルとなる)
    • 青・薄紫を基調とした物で、左側の報道局が見えるガラスセットはそのままだった。1998年9月までは『筑紫哲也NEWS23』と共通のデザインだったが、10月以降は別々のデザインとなった[注 25]
  • 6代目:2000年4月 - 2001年9月
    • 木をイメージした階段状のセットで、番組終了まで複数回手直しして使用していた。階段部分には高層ビル風の装飾を設置。途中から進藤→小川(週末は吉川)の位置の後ろに、タイトルロゴと「JAPAN NEWS NETWORK」「(ジーン) JNN」の表記の入った回転式の柱が追加された。『JNNフラッシュニュース』では左側の報道局が見えるガラスに置かれていた。
  • 7代目:2001年10月 - 2002年9月(平日版のみ立席)
    • これ以降は6代目のマイナーチェンジ版である。柱のタイトルロゴが変更され、植物が大量に飾られた。
  • 8代目:2002年10月 - 2004年9月
    • 先述した柱が撤去され、階段部分の装飾が木をイメージしたものに変更。2002年12月31日放送分は「JNNフラッシュニュース」のスペースから放送。
  • 9代目:2004年10月 - 2005年3月25日
  • 先代まであった階段が無くなり、木の装飾の部分に小型モニターをいくつか設置した。2005年3月26日と27日の週末版は『イブニング・ファイブ(JNNイブニング・ニュース)』仕様に改装されたNスタジオから放送された。

セットについての備考編集

  • 当番組で使用していたスペースは全て定時の『JNNニュース』と共用だった。ただし『JNNフラッシュニュース』と『ニュースフロント』は、2000年以降左側の報道局が見えるガラスのセットで放送していた。
  • 初代のセットには、左側に大型のモニターが置かれていた。
  • 2代目と3代目はセットの場所の都合上カメラに映る位置に柱があり、セットで隠されていた[注 26]
  • 2000年4月にスタジオが改装されて以降、スタジオ全体の改装は番組終了までされず、セットの一部を改めることで対応した。
  • 2代目のセットから大型モニター(初代よりは小さい)のほかに、中型のモニターが置かれた。2代目はモニターに球形の形をしたセットが付けられていた。3代目以降は大型モニターは元々の形のままスタジオに置かれ、画面下部には「JNN」のロゴが書かれたシールが貼られていた。6代目からはモニターの色が変わり、画面下部のシールも「JNN」から「TBS」に変わった。また中型モニターも3代目から側面に「JNN」ロゴと「JAPAN NEWS NETWORK」と書かれるようになった。6代目からはTBSのマーク「ジーン」と「TOKYO BROADCASTING SYSTEM」に変わった。なお、8代目以降はカメラに映る位置にはモニターが置かれなくなった。
  • 1994年に新社屋に移転してからは、番組終了までNスタジオのセットは『筑紫哲也 NEWS23』と統一されていた[注 27][注 28]。2005年に番組が終了し『イブニング・ファイブ』が始まってからはお互い別々のデザインとなった。
  • Nスタジオは、この番組では報道局に近い左側を使用し、『筑紫哲也 NEWS23』では右側を使用して放送されていた。現在放送されている『Nスタ』と『NEWS23』を含め、歴代の番組も同様である。

エンディングテーマ編集

期間 歌手
1990年4月2日 1992年10月4日 久保田利伸 MAMA UDONGO ~まぶたの中に…~
1992年10月5日 1993年3月31日 Heart of Gold Twilight Time
1993年4月1日 1994年10月2日 鈴木祥子 ときめきは涙に負けない
1994年10月3日 1994年11月 神山純一 黄昏に
1996年2月 1996年3月 晩鐘の風景
1996年4月 1996年6月 グッド・イヴニング
2000年4月 2001年9月 本間勇輔 The Evening News Theme
2001年10月 2001年12月 神山純一 秋のめぐり逢い-落ち葉のPavement-
2002年1月 2002年3月 冬のアダージョ

備考編集

二ヶ国語放送編集

JNNニュースの森の特徴の一つに、前番組の『JNNニュースコープ』から続く副音声による英語同時通訳の二ヶ国語放送実施があげられる[注 29]。かつては他系列でも行われていたが次々と取りやめられ、1993年以降民放では唯一JNN系のこの時間帯の番組だけが行っていた。

JNN各局の番組状況編集

  • 全国ニュースは基本的には『JNNニュースの森』で統一。但し、ローカルの場合は各地域ごとに番組名や内容、放送形態が異なる。それらの番組については、JNN夕方ローカルニュース一覧を参照のこと。
  • 尚、テレビユー山形では番組終了後の2006年3月まで特集(関東ローカル枠)をネットしていた他、2000年3月まではスポーツや天気まで関東ローカル枠を完全ネットしていた[注 30][注 31]。これは同局が開局当時、経費を抑える為必要最低限の報道取材活動しか行えず、ローカルニュースだけのワイド番組を制作する事ができなかったためである。
  • また、チューリップテレビも1990年10月の開局から1993年9月まではローカルニュースを17:30 - 18:00の枠で放送していたため、この期間は関東ローカル枠を完全ネットしていた。

拡大放送編集

重大なニュースがあった場合は、放送時間を1時間早めて放送していた。この場合は「JNNニュースの森特集」「JNNニュースの森総力特集」「JNNニュースの森緊急特集」として放送される。

  • 1999年9月30日に発生した東海村臨界事故の時は「JNNニュースの森緊急特番」というタイトルであった。また、2004年5月22日の小泉純一郎首相(当時)が北朝鮮に再訪朝した際は「ニュースの森拡大版」というタイトルであった。なお「緊急特集」というタイトルは、後継番組「JNNイブニング・ニュース」でも引き続き使われた。
  • ただ、事象やニュースの発生時間によっては「JNNニュースの森」ではなく「報道特別番組」として放送される場合もある。この場合は「ニュースの森」のキャスターではなく、アナウンサーが担当する場合もある。1995年10月7日上祐史浩オウム緊急対策本部長(当時)の逮捕状請求(TBSアナウンサーの奈良陽吉川美代子が担当)、1999年10月1日の東海村臨界事故の関連ニュース(TBSアナウンサーの柴田秀一長峰由紀が担当)はこのケースにあたる。
  • 1991年の湾岸戦争の開始・終結時や1995年3月20日に発生した地下鉄サリン事件では、夜8時まで番組が延長された。
  • 1995年1月17日阪神・淡路大震災では全編全国ネットとなった。2002年9月17日の小泉純一郎首相(当時)の北朝鮮訪朝の際も全編全国ネットとなったが、この時は「ニュースの森」ではなく「JNN報道特別番組」としての放送だった[注 32]。また、1995年6月21日の全日空857便ハイジャック事件では、HBCが当時放送していた「テレポート6」を休止して、関東ローカル枠を放送した。

年末年始の放送編集

  • 年末年始は、1999年始までは他の時間帯と同様『JNNニュース』が放送されたが(他の時間帯は15分間、夕方は30分間)、同年末以降は当番組が30分の短縮版として放送された。これ以降夕方のニュースで通常の番組を放送しなかった体制は、1999年・2000年の年末と2009年~2010年の年末年始[注 33]のみである。
  • なお、大晦日だけは2001年まで15分間の『JNNニュース』として伝えていたが、2002年は放送時間は15分のままで『JNNニュースの森』として放送された(この日の担当は升田尚宏アナウンサー)。2003年からは大晦日も30分間の放送となった。
  • キャスターは、ベテランの女性アナウンサーがメイン格を務め、当日昼の『JNNニュース』、午後の『TBSニュース』の3番組を兼務。当直勤務の若手男性アナウンサーがサブ格を務め、当日夜の『JNNフラッシュニュース』、深夜と翌朝の『JNNニュース』の4番組を兼務する(深夜、早朝のラジオニュースも兼務)という体制であった。
  • ただし、1999年末と2001年始の放送は、通常どおり松原・進藤がメインキャスターを担当。後者に関しては和服姿でニュースを伝えた。また、2002年始と2002年12月30日の放送は、杉尾・小川・豊田・森田が務め、この時は豊田・森田が和服姿となった[注 34]
  • なお、『イブニング・ニュース』時代や『Nスタ』時代もこの体制を受け継いでいるが、2018年1月2日・3日と2019年1月2日・3日の『Nスタ』は通常の平日版の出演者・体裁による1時間の短縮版で放送された[注 35]

TBS新局舎での本放送開始編集

1994年10月3日より 新局舎での本放送を開始し、番組もリニューアル。メインキャスターの杉尾が『今日からこの新しいスタジオからお伝えします。』と告知した後、久和が『広い映像をご覧いただきますけど、こちらがTBS自慢のニューススタジオです。』とスタジオを紹介。続いて杉尾が『ここから毎日このスタジオでニュースをお伝えします。私達もやっと引っ越しを終えたばかりなんですけど、まずは巨大船引っ越しのニュースからです。』と話した後、新局舎での最初のニュースに入った。

久和の卒業編集

1996年3月29日の放送を以て1989年4月の『テレポート6』就任から通算7年間TBSで夕方の報道番組を担当した久和が降板することになったが、この日のエンディングで『テレポート6』のキャスター就任から豊浜トンネル崩落事故まで、久和の今までの取材映像を振り返るVTRが放送された。その後、3年間スポーツキャスターを務め同じくこの日で降板する安東も挨拶を挟んで、久和は視聴者に「長い事、本当に皆さんのおかげで続けてやって来られました。ありがとうございました」と感謝を伝えた。そして、杉尾の締めの挨拶の後、Nスタジオに集まったスタッフから拍手が送られた。

杉尾の退任・松原の紹介編集

1997年9月26日放送をもって1993年4月から4年半キャスターを務めた杉尾が番組を一旦降板。この週はスタジオセットの建て替えに伴って各地から中継を行っており、この日杉尾は国会議事堂前の歩道から、それ以外のキャスターは報道局内やスタジオから伝えた。全国パートの終わり、杉尾は番組からの降板を報告し『この4年半数々の事件等が有りました。色々な場面に遭遇しました。そう言う時代にニュースを皆様に伝えられました事を心から思っております。それではこれで、私の放送は全国の皆さんは終わりです』と挨拶した。そして、関東・山形ローカルで放送されたエンディングではNスタジオに完成したばかりの新セットで改めて挨拶し、前年のTBSビデオ問題に触れて『あの問題では皆様から厳しい御叱責、御批判、そして暖かい励ましの言葉を沢山頂きました。これは今も決して忘れることはありません。これからも私達はあれを糧にして前進していかなければならないと心から思っております』と決意を述べた。その後、新たに就任する松原が登場し『これまで事件事故、そして経済の分野を中心に記者として取材して来ました。これからは毎日のニュースを様々な角度から、生き生きと伝えたいと考えております』と挨拶した。そして番組の最後に杉尾が『御覧の様にセットも模様替え致しました。そして森田さん福島さん門脇さんに 松原新キャスターが加わりまして新しい体制で 来週から新生ニュースの森がスタートします。では 皆さんごきげんよう 今日はこの辺で失礼いたします。』と挨拶し 番組は終了した。

松原の就任編集

1997年9月29日放送より 番組がリニューアル。松原新キャスターが就任し『今日から門脇キャスターと一緒にニュースの森を担当することになりました松原耕二です。14年間の記者経験を生かして ニュースを分かりやすく、そして生き生きと伝えたいと思います。どうぞよろしくお願いします。』と挨拶し、門脇も『よろしくお願いします。』と挨拶した。続けて松原が『それではまず今日最初のニュースです。』と言って最初のニュースを紹介し、第141回臨時国会のニュースを伝えた。

2000年度のリニューアル編集

2000年4月3日より 番組がリニューアル。松原が『ニュースの森 今日からセットそして音楽も一新して、新しい気持ちでお伝えします。』と抱負を述べ、最初のニュースに続く。

松原の退任と杉尾の紹介編集

2001年9月28日の放送をもって4年間キャスターを務めた松原が降板。この日の全国パート終わりでは小川から卒業が伝えられ、松原が『長い間本当にありがとうございました。4年間やって来れたのも視聴者の皆さんの暖かい言葉があったからだと思っております。新生「ニュースの森」もどうぞ宜しくお願い致します。』と挨拶した。そしてローカルパートでは復帰を果たす杉尾が告知CMにも触れた上で『何か「あの人が帰って来ます。」という宣伝がありましたけど「あの人」が杉尾でございます。お久しぶりです。』と挨拶。『4年ぶりの復帰と言う事になります。ここの所非常に大きなニュースが続いています。激動の時代を迎えて、新たな気持ちでまた1からやってみたいと思います。これからもどうぞ引き続き宜しくお願いします』と挨拶し、松原と握手を交わした。また、この日はフィールドキャスターを務めた竹内も卒業する事になり、竹内は『7年間現場を駆け回って来ましたけれども、皆さんと深い憎しみや悲しみを共有した気がします。本当にありがとうございました。』と挨拶、そして番組の最後に松原が『来週からは杉尾キャスターそして小川キャスター中心にニュースの森が生まれ変わります。これからもどうぞ引き続きよろしくお願いいたします。それでは』と挨拶し、番組は終了した。

杉尾の復帰編集

2001年10月1日より 番組がリニューアル。杉尾が復帰し『今日からこの番組(ニュースの森) 私と小川さんで担当します。どうかよろしくお願いします。』と挨拶し、同時に小川も『よろしくお願いします』と挨拶。 最初のニュースに続く。

平日版の最終回編集

2005年3月25日、平日の放送は最終回を迎えた。全国パートの終わりでは、小倉・池田らが横一列に並んで立ち、池田が「春は卒業・新スタートの季節と言いますけれども、15年前、90年の4月にスタートしましたこの『ニュースの森』という番組も、私ども4人でお伝えするのは今日が最後となりました」と話したのに続いて、小倉が「そして、来週からはと言いますと装いも新たに、この時間は新番組『イブニング・ニュース』としてお送りしていきます。今後とも皆様どうぞよろしくお願い致します」と挨拶し、小倉・池田らがお辞儀をして地方局での視聴者に別れを告げた。そして、関東ローカルでのエンディングでは、番組開始当時の1990年に絡んで小倉・池田らがトークした後、当番組の終了をもって当該枠から降板する竹内香苗(当時TBSアナウンサー)が降板の挨拶を行った。その後、後継番組『イブニング・ファイブ』の総合司会、三雲孝江ラサール石井が登場し、三雲は「私たちも仲間に加わらせていただいて、5時からということで、ほんとは4時54分からです。1日のニュースを噛みしめるような、ゆったりとした時間を皆さんと共に共有出来たらなと思います」、ラサールは「まあ真っ当でですね、押し抜けがましく無く暑苦しくない正義感の下にですね、分かりやすく面白いニュースをお届けしたい」とそれぞれ抱負を述べた。最後は、池田が「森田さん、小倉さん、そして私も新番組でもお目に掛かろうと思います。来週月曜の午後4時54分から2時間になりますね。頑張りましょう」と話したのに続いて、三雲が「それではよろしくお願いします」と改めて挨拶したところで番組は終了。15年間の歴史に幕を閉じた。

週末版の最終回編集

2005年3月27日、週末版の最終回を迎えた。最終回はいつもの様に 全国のニュースとスポーツコーナーを長峰・駒田で担当し、関東ローカルパートのニュースは駒田が務め、その後、森朗のローカル天気予報の後、番組の最後に長峰が『来週のこの時間はイブニング・ニュースとしてお目にかかります。』と新番組告知をし、番組は終了。15年間の歴史に幕を閉じた。

その他編集

  • 平日のヘッドラインのナレーションは1993年まで鈴木史朗、その後は2004年9月まで鈴木順が務めた。鈴木順に至ってはヘッドラインだけでなく番組内のナレーション全体も担当。ただし末期の特集コーナーだけは生野文治の担当で固定した。
  • 週末のスポーツニュースは全国ニュース枠で放送していた。平日も、同様にスポーツコーナーを全国ニュース枠で放送した時期が何度かあった[注 36]
  • 天気予報は平日・週末共ローカル枠での放送だったが、2004年10月から番組終了までは平日のみ全国ニュース枠でも天気予報を放送していた。民放の夕方のニュースではテレビ朝日の『スーパーJチャンネル[注 37]以来、およそ4年半ぶりであった。
  • 土曜日に関しては、土6枠の終了直後に毎日放送からの送出で5秒間のジャンクションが流れた。内容は女性キャスター(アンカー格)が「この後は『ニュースの森』、今日一日のニュースとスポーツをお伝えします。」のち「この後は『ニュースの森』(末期は再び戻される)」、「ウィークエンドのニュースとスポーツ、『ニュースの森』」とアナウンスし、続けて男性キャスター(サブ格)が「今日一日のニュースとスポーツをお伝えします」から「この後の『ニュースの森』でお伝えします。」、「ニュース・スポーツ満載でお伝えします。」、「最新のニュースとスポーツをお伝えします。」というものだった。柴田・長峰Verの場合は 柴田が「まもなく〇時〇分からは『ニュースの森』」、続いて長峰が「今日のニュースとスポーツをお伝えします。」と告知していた。
  • 平日版の場合、初期は前番組終了直後に荒川が「まもなく6時、今日も『ニュースの森』です。」とアナウンスしていた。
  • 1995年10月19日に、日本テレビの『NNN昼のニュース』で「(坂本弁護士一家殺害事件についての取り調べで)早川紀代秀が"TBSで坂本弁護士のインタビュービデオを放送前に視聴して、その内容を麻原彰晃に報告した"と供述している」と報道された(いわゆるTBSビデオ問題)。その際、TBSは同日この番組で「TBSの社内調査では、(放送前の)テープを見せたという事実はありません」と日本テレビに抗議した旨を全国ネット枠で放送した。この「見せた事実はない」とした放送を他局がこぞってTBSが否定した証拠映像としてのちに何度も使っている[注 38]
  • 全国ネット枠終盤でニュースを短く伝える際、当初は前番組同様「ニュースフラッシュ」や「ニュースを続けてお伝えします。」などと言っていたが、平日版は1997年10月から「ニュースメドレー」という名称になり、2004年9月末まで使われた。週末版も2001年10月から「ニュースメドレー」という名称を使用していた。その後2004年10月から、平日版は「ニュースな言葉」という名になった。

脚注編集

注釈編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 全国パートのみで実施。
  2. ^ 最末期の1989年度は『テレポート6』のタイトルで放送。
  3. ^ ニュースコーナーは番組内に内包され、『JNNイブニング・ニュース』と改題。
  4. ^ 金曜以外は引き続き豊田が担当。
  5. ^ その後、程なくしてアナウンス職に復帰している。
  6. ^ このうち奈良、柴田、長峰は「JNNニュース1130」と兼務。
  7. ^ 2004年4月からは、『NNNニュースプラス1』(日本テレビ)も同時刻開始となった。
  8. ^ 『JNNニュースコープ』の時代から長らく石井和子が担当。末期は真壁京子に交代し、2011年まで担当。
  9. ^ 第一不動産は平日の「ニュースコープ」内でも「お天気コーナー」のタイトルで関東ローカルのコーナースポンサーを務めていた。「ウィークエンドウェザー」開始前には土曜18:55にも同じタイトルで単独番組として放送していた。
  10. ^ 持ち上がった跡は草原になっている。
  11. ^ 色は銀色→金色に変化する。
  12. ^ 色は銀色。当初は緑の背景があったがすぐに消えている。
  13. ^ 途中でスタジオ風景にフェードで切り替わる。クレーンカメラがローアングルからパンして俯瞰映像になるカメラワークだが、パンする勢いでカメラが照明にぶつかり「ガン」という音を立てるハプニングがしばしば起きた事もある。
  14. ^ 提供クレジットの関係上、平日版に比べCG映像の動きがやや速くなっている他、タイトルロゴは表示から2秒程で消える。
  15. ^ 偶にスタジオ映像にフェードで切り替わることもあった。
  16. ^ 3月は桜吹雪、5月は鯉幟、6月は雨蛙、7月は浮き輪、8月は花火、10月は十五夜、12月は『森』の字がサンタクロースの帽子。ただし週末版は使用せず。
  17. ^ 2004年3月までは先代同様吉川が重大なニュースを紹介していたが、先代とは異なりキャスター席で行った。同年4月に柴田・長峰の体制となって以降は、6代目までと同様にキャスター席での挨拶から始まる形に戻された。
  18. ^ これ以降は平日と同じテロップを使用。関東・山形・富山以外は週末のみこのテロップが見られた。
  19. ^ 2002年秋にも再度変更。
  20. ^ 地域によってはここで「つづいて〇〇(ローカルニュースのタイトル)」とテロップを出していた。また、ローカル枠でも「ニュースの森」のタイトルを使用した地域では、「ニュースの森○○(地域名が入る) このあとも引き続き・・・」のテロップを出していた。
  21. ^ 関東・山形・富山(1993年9月まで)以外はここで飛び降りとなるため、そうした地域への挨拶代わりにキャスターが一礼していた。なお、裏番組の一つ『スーパーJチャンネル』(テレビ朝日)でも1998年4月から2003年9月まで、全国枠終了時に当時のメインキャスター・小宮悦子が「全国のニュースでした」と言って一礼し、ここでネットを終える地域への挨拶代わりとしていた(なお、その後も同番組では2010年3月まで全国枠終了時にスタジオの引きの映像を流していた)。
  22. ^ なお、年末年始にローカルニュース番組の休止に伴い関東ローカル枠を臨時ネットした地方局でもこの時に限っては関東・山形と同じ対応が取られていた。
  23. ^ この時、テーマ曲のアレンジ版ジングルがBGMとして掛けられていた。
  24. ^ 1995年春に『オンタイム』へのタイトル変更後は同番組専用のセットが追加されている。
  25. ^ 当番組のセットはそのままだが、『筑紫哲也NEWS23』は木目調の新セットに代わった。
  26. ^ 元々この柱はDスタジオ完成時に、将来のスタジオ増築の際大道具通路の設置を想定して設けたものである。
  27. ^ そのため、エンディングなどでスタジオを俯瞰する際、お互いのセットが映り込む事が多々あった。
  28. ^ 1998年10月から2000年3月までを除く。
  29. ^ 平日全国パートのみ。
  30. ^ 但し、1997年4月から2000年3月までの17:55 - 18:00の間のコーナーは除く。
  31. ^ ローカルニュースと天気予報は17:54 - 18:00に放送。
  32. ^ 番組終了時に「JNN報道特別番組 終」と出されたため。
  33. ^ この時は、『総力報道!THE NEWS』の代わりに『THE NEWS』を放送した
  34. ^ 2002年12月30日の放送は杉尾・小川・森田の3人のみ出演。この日森田はTBS前から「ザ・ベストテン2002」の番宣のため、黒柳徹子と安住紳一郎と一緒に天気を伝えた。
  35. ^ なお、2021年1月3日は日曜日でありながら通常の日曜版を休止し、16:00 - 17:00の枠で平日版の出演者・体裁により放送した。
  36. ^ また、当日夜にプロ野球のナイター中継がある日には全国ニュース枠内で球場からのミニ中継を行ったこともあった。
  37. ^ 1998年10月から2000年3月まで実施。
  38. ^ なお、この抗議に対しては後日正式に取り消した他、日本テレビにも謝罪した。

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 東京放送(編集) 『TBS50年史』、2002年、515頁。 

関連項目編集

TBSおよびJNN系列 夕方のJNNニュース
前番組 番組名 次番組
JNNニュースコープ
(1962.10 - 1990.3)
JNNニュースの森
(1990.4 - 2005.3)
TBS 平日夕方のローカルニュース
テレポートTBS6
(1975.10 - 1990.3)
ニュースの森
(1990.4 - 2005.3)
イブニング・ファイブ
(2005.4 - 2009.3)
TBS 週末夕方のローカルニュース
土曜TBSニュース
日曜:放送なし
ニュースの森
(1995.4 - 2005.3)
イブニング・ニュース
TBS 平日17:50 - 17:54枠(2002.4 - 2005.3)
ドラマ再放送
※17:00 - 17:54
【5分繰り上げ・1分拡大】
JNNニュースの森
JNNイブニング・ニュース
※17:50 - 18:16
TBS 平日17:54 - 17:55枠(2000.4 - 2005.3)
TBS 月曜 - 木曜17:55 - 18:00枠(1997.4 - 2005.3)
ドラマ再放送枠
※17:00 - 18:00→17:00 - 17:55
ニュースの森

JNNニュースの森
JNNイブニング・ニュース
※17:50 - 18:16
TBS 金曜17:55 - 18:00枠(1997.4 - 2005.3)
熱帯シナモンズ
※17:00 - 18:00
ニュースの森

JNNニュースの森
JNNイブニング・ニュース
※17:50 - 18:16
TBS 土曜18:50 - 18:55枠(1995.4 - 2005.3)
TBSニュース
JNNニュースの森
JNNイブニング・ニュース
※18:30 - 18:55
TBS 日曜17時台前半枠(2000.4 - 2005.3)
単発枠
【ゴルフ・スポーツ中継や再放送など】
JNNニュースの森
JNNイブニング・ニュース
TBS 日曜17時台後半枠(1995.4 - 2000.3)
JNNニュースコープ
JNNニュースの森
JNN報道特集
※17:30 - 18:24
【30分繰り上げ】
TBS 日曜17:50 - 17:55枠(1995.4 - 2000.3)
不明
ニュースの森
JNN報道特集
※17:30 - 18:24
TBS 月曜18:55 - 19:00枠(1990.4 - 2002.3)
前番組 番組名 次番組
JNNニュースコープ
※18:30 - 19:00
ニュースの森
関口宏の東京フレンドパークII
※18:55 - 19:54
【5分拡大】
TBS 火曜18:55 - 19:00枠(1990.4 - 2002.3)
JNNニュースコープ
※18:30 - 19:00
ニュースの森
サバイバー
※18:55 - 19:54
TBS 水曜18:55 - 19:00枠(1990.4 - 2002.3)
JNNニュースコープ
※18:30 - 19:00
ニュースの森
【この番組までTBS制作】
ダウンタウン・セブン
※18:55 - 19:54
【5分拡大、この番組から毎日放送制作】
TBS 木曜18:55 - 19:00枠(1990.4 - 2002.3)
JNNニュースコープ
※18:30 - 19:00
ニュースの森
スパスパ人間学!
※18:55 - 19:54
【5分拡大】
TBS 金曜18:55 - 19:00枠(1990.4 - 2002.3)
JNNニュースコープ
※18:30 - 19:00
ニュースの森
スーパーフライデー
※18:55 - 20:54
【5分拡大】