ニュース きん5時

NHK総合テレビジョンで金曜5時台に放送されているニュース情報番組

ニュース きん5時』(ニュース きんごじ)は、2021年3月5日から2024年3月29日(予定)までNHK総合で夕方に生放送されているNHK大阪放送局制作の報道番組情報番組である。

ニュース きん5時
ジャンル 報道番組・情報番組
出演者 #出演者を参照
製作
制作 NHK大阪放送局
放送
放送チャンネルNHK総合
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間2021年3月5日 - 2024年3月29日(予定)
回数91[1](2024年1月12日時点)
ニュース きん5時
2022年4月1日まで
放送期間2021年3月5日 - 2022年4月1日
放送時間金曜日 16:50 - 17:57
放送分67分
回数29[2]
2022年4月8日以降
放送期間2022年4月8日 - 2024年3月29日(予定)
放送時間金曜日 17:00 - 17:57
放送分57分
回数62[1](2024年1月12日時点)
テンプレートを表示

概要 編集

これまでの『ニュース シブ5時』の金曜日の放送枠を引き継ぎ、新たにNHK大阪放送局制作のニュース情報番組として放送を開始した。

この番組では、東京・渋谷のNHK放送センターのバックアップ機能を持つNHK大阪放送局から、この金曜日に起こった最新ニュースに加え、各地のニュースや情報などを伝える大阪発の新感覚ニュース情報番組[3][4]。2021年3月で『ごごナマ[注 1]の放送が終了したため、大阪放送局制作枠を事実上引き継ぐことになった[5]

なお、この時間帯にNHK大阪放送局から放送される番組は『ゆうどき 関西発』以来となる。

キャスターとして、2021年度より渋谷・東京アナウンス室から大阪放送局に異動した武田真一石橋亜紗が担当していたが、武田が2022年度限りでNHKを退職したため、2023年度からは、前月まで『ニュースLIVE! ゆう5時』を担当していた高瀬耕造がキャスターに就任した[6][7][注 2]

また、放送開始直前の2021年3月5日の16時50分 - 17時57分にパイロット版として『ニュース きん5時』を生放送した[8]

タイトルの「きん5時」の「きん」は、「曜日」・「[注 3]・「メダル級」[9]を意味しており、冒頭挨拶でも「金曜 近畿からの5時」とその旨が説明されている。

『ニュース シブ5時』については、2022年4月4日より『ニュースLIVE! ゆう5時』の開始に伴い、2022年3月31日で終了した。

一方、当番組は継続しているが『ニュースLIVE! ゆう5時』の放送時間である17時 - 18時[注 4]と放送時間を統一させるため、2022年4月8日より10分短縮となった。

2024年1月12日から3月29日(予定)までは、『総合テレビ(石川県内)同時放送』として、BS103チャンネル(旧:BSプレミアム)でもサイマル放送[10][11]

2024年4月から東京・放送センターから『午後LIVE ニュースーン』を開始させることに伴い2024年3月29日(予定[注 5])で放送終了。NHK大阪放送局制作枠は2024年4月から2時間に拡大される『列島ニュース』に集約される[12][13]

放送時間 編集

金曜日 17時 - 18時[注 4](2022年4月8日より[注 6]

祝日年末年始大相撲高校野球などのスポーツ中継時は休止[14]。ただし、大相撲・高校野球期間中は17時前後の3分間程度「ゆう5時ニュース」と称して、東京のニュースセンターからのスポットニュースは行われる。

国会中継放送対象質疑[注 7]が17時以降まで延長した場合は、途中からの繰り下げ短縮放送。

『ニュース シブ5時』は18時10分までの放送であったが、本番組は18時までの放送。

2022年4月1日までの18時 - 18時10分は、前述の大相撲・高校野球時と同様、東京のニュースセンターから『NHKニュース』を放送していたが、2022年4月8日からの18時台は、関東地方は『首都圏ネットワーク』、近畿地方は『ほっと関西』、2023年度から北海道地方は『ほっとニュース北海道』をそれぞれ放送。その他の地域は東京のニュースセンターから『NHKニュース』を裏送りで放送。

休止・時間変更の事例 編集

祝日年末年始大相撲および高校野球によるものは除く。

タイムテーブル 編集

タイムテーブルは、日により前後する。2022年4月8日から放送時間が10分短縮したことに伴い「IPPOU」が10分間短縮することになった。

時刻 放 送 内 容
17:00
  • オープニング
  • 中継(不定期)
17:02
  • ニュース(基本的に大阪からだが、ナレーションは東京発)
17:18
  • IPPOU
17:30
  • 気象情報
  • ニュース(AI自動音声による放送)
17:35
  • 以下の不定期企画から、いずれか1 - 2個を放送。
    • ドラマコーナー(「夕顔」「もやドラ」)
    • 全国放送されないけどじまん
    • Beyond 1970万博
    • 週替わり企画・中継など
17:48
  • キンゴジン
17:55
  • エンディング
    (ここで「制作・著作 NHK大阪」表示が入る)
17:57
  • 各地の放送局から気象情報
    (当該エリア向け予報。)

主なコーナー 編集

基本的には、冒頭のニュース終了後に、以下のコーナーを放送する。なお、国会中継などで番組開始が遅れた場合は、コーナーを1 - 2個減らすなどの対応がとられる。

現在行われているコーナー 編集

IPPOU

  • 前半ニュース後の最初のコーナーで、原則毎週放送。
  • 石橋が、東京とは違う独自の視点の記事を扱う「IPPOU新聞」の新聞配達員に扮し[注 10][注 11]、地方ならではの話題や、身近な社会問題を紹介する。

KINGOZIN きん5時で見つけたスゴイ人 → キンゴジン

  • 番組最後のコーナーで、原則毎週放送。
  • 地方で活躍するスゴイ人、名付けて「KINGOZIN」(きん5じん、キンゴジン)を紹介するコーナー。週によっては、他の後半コーナーを中止して2名取り上げる場合もある。これまで、関西地区の人物のみが紹介されている。
  • 2022年7月から数ヶ月間、当コーナーで過去に取り上げたKINGOZINを紹介した5分間のミニ番組『わが町の偉人File"KINGOZIN"』が全国で不定期放送されていた(この番組のナレーションは武田が担当)。
  • 2023年4月14日からは、タイトルがカタカナの「キンゴジン」に変更となった。

夕顔 金曜午後5時の主婦たち → 夕顔 金曜午後5時のドラマ

もやドラ

  • 金原早苗酒井藍川畑泰史などの吉本新喜劇出演者が出演する5分程度のミニドラマで、概ね月2回程度放送。
  • 「夕顔 金曜午後5時の主婦たち」は、主婦の悩みをミニドラマで紹介する。ドラマ終了後、スタジオ出演者がその解決策などをトークしたり、これらの悩み解決に役立つ生活情報を紹介する。2021年12月3日からは、男性(夫)の立場に配慮した形の内容が放送されるようになり、タイトルも「夕顔 金曜午後5時のドラマ」に変更された。
  • 「もやドラ」は2023年6月2日から放送。高瀬が出演している『美輪明宏 愛のモヤモヤ相談室』とのコラボコーナーで、家庭内でモヤモヤするようなことをミニドラマで紹介する。このモヤモヤに対して、美輪と高瀬がトークを行う。
  • 2021年6月18日に放送後、前述の東京オリンピック・パラリンピック中継期間を挟んでしばらく放送がなく、同年11月5日に約5か月ぶりの放送となった。なお、2024年2月16日放送では美輪と高瀬のトークは行われなかった。

全国放送されないけど自慢 → 全国放送されないけどじまん(概ね月2回程度放送)

  • NHKのど自慢』のタイトルパロディ。NHKの地方局2局の職員が、それぞれのローカルで放送されたニュースの中から全国放送したいニュースを紹介して、実際に当番組内で全国放送する。職員(ディレクター、記者など)は、それぞれの地域からの中継で伝える。それぞれのニュースに対し、よかったか、面白かったかを小籔orゲストが合否判定する(合否による賞罰などはない)。オープニングや、合否の音は本家同様であるが、当番組ではミニチュアの鉄琴で小籔orゲスト自ら鳴らしている。
  • パイロット版では「全国放送されない自慢」のタイトルで行われた。NHKの地方局2局の職員が大阪拠点放送局に来局し、全国放送したいニュースを持ち込んで30秒間のプレゼントを行っていた。このプレゼントを受けて小籔が判定して、選ばれた方の局のニュースのみ放送された。選ばれなかった局の職員は強制退場させられ、持って来たニュースはお蔵入りとなっていた。
  • 本家では2023年4月2日放送よりタイトルロゴが『NHKのどじまん』と変更されたのに合わせ、当コーナーも同年4月14日からは「全国放送されないけどじまん」に変更され、キャラクターのスズメもデザイン変更後のもの(「の」の文字が入っているもの)になった。

Beyond 1970万博(不定期)

  • 2022年4月15日より放送。2025年に、当番組を制作している地元大阪で開催予定の「2025年日本国際博覧会(大阪・関西万博)」に因み、その前に大阪で行われた1970年の「日本万国博覧会(大阪万博)」を、当時の貴重映像などで振り返る企画。

週替わり企画

  • 関西からの中継などが、不定期に行われる。2021年6月18日放送では、中継レポーターが石橋の夫である北嶋右京アナウンサーであり、夫婦共演が実現した。

過去に行われたコーナー 編集

〇〇のイチマイ

  • 2021年6月4日より、エンディングで放送。タイトルの「〇〇」には、撮影した出演者の名前が入る。武田が自ら自転車で大阪の至る所を撮影した写真を紹介する「タケタのイチマイ」、石橋が撮影した写真を紹介する「オアサのイチマイ」、塩見が撮影した写真を紹介する「シオミのイチマイ」があった(2023年3月10日まで)。

出演者 編集

断りのない限り、NHKアナウンサーは、当番組出演当時大阪放送局所属アナウンサー。

現在の出演者 編集

MC(キャスター)[22][23]
  • 高瀬耕造(NHKアナウンサー、2023年4月14日[注 12] - 2024年3月29日〈予定〉)[7]
  • 石橋亜紗(NHKアナウンサー、2021年3月5日 - 2023年7月7日)※産休により出演休止中の状態で放送終了〈予定〉。
    石橋の代役(当時、大阪放送局所属アナウンサー)
    • 井田香菜子(2021年7月2日) - 令和2年7月豪雨で大きな被害のあった熊本県人吉市からの中継のため、「全国放送されないけど自慢」の代役。なお「IPPOU」は塩見が担当。
    • 武田真一(2022年4月15日)- 熊本地震から6年の節目である熊本県南阿蘇村からの中継のため、「IPPOU」も武田が担当。
    • 一柳亜矢子(2022年7月29日、2023年7月28日、10月6日、12月15日)- 2022年は夏休み、2023年は産休のため。
    • 渡邊佐和子(2022年8月5日、2024年1月12日)- 2022年は夏休み、2024年は産休のため(「キンゴジン」は後述する高橋が担当)。
    • 鹿島綾乃(2023年8月4日)- 産休のため。
    • 後藤佑季(2023年8月25日)- 産休のため。
    石橋の代役(当時、大阪放送局以外所属アナウンサー、またはNHKアナウンサー以外の人物)
    肩書きについても、当時のものを記載。
    • 塩見泰子(気象予報士。2021年7月2日、2023年9月8日、9月29日)- 2021年は前述の中継(「IPPOU」の代役)のため、2023年は産休のため。石橋産休時の代役の際はいずれもアナウンサーの代役は置かず、塩見が「IPPOU」と気象解説を掛け持ちで担当。9月8日は台風13号関連のニュースを扱うため、29日は「IPPOU」のOSK日本歌劇団ロケ(連続テレビ小説「ブギウギ」放送開始記念)に高瀬と同行。
    • 岩槻里子京都放送局所属。2023年9月1日、2024年2月9日)- 産休のため。
    • 桂二葉落語家。2023年10月13日、12月8日)- 産休のため。この日はアナウンサーの代役は置かず、当日ゲストの1人であった桂二葉が「IPPOU」の進行を掛け持ちで担当。2024年1月5日にもゲスト出演しているが、この日は令和6年能登半島地震関連などの特別編成に伴い、「IPPOU」含め代役は担当していない。
    • 塩﨑実央高松放送局所属。2023年10月20日)- 産休のため。
    • 高橋沙織(アルミカン)(2023年10月27日、11月10日、2024年1月12日)- 産休のため。この日はアナウンサーの代役は置かず、当日ゲストの1人であったアルミカン高橋が「IPPOU」(10月27日は加えて、「Beyond 1970万博」)の進行を掛け持ちで担当。2024年1月12日は番組自体のゲスト出演ではないものの、「キンゴジン」の進行のみ高橋が担当した。
    • 松本真季岡山放送局所属。2023年12月1日)- 産休のため。
    • 田津原理音(2023年R-1グランプリ優勝者。2023年12月22日)- 産休のため。この日はアナウンサーの代役は置かず、当日ゲストの1人であった田津原が「IPPOU」の進行を掛け持ちで担当。
コメンテーター
気象キャスター
  • 塩見泰子(気象予報士、2021年3月5日 - 2024年3月29日〈予定〉)※代役は坂下恵理または垂水千佳
    • 17時57分 - 18時の気象情報は、各地の気象予報士が担当。
ニュースナレーター [注 15][注 16]
コーナーレギュラー
  • 美輪明宏 -「もやドラ」での、高瀬との対談相手(事前収録で、生放送には出演しない)。
ナレーター
  • ヒューマン中村 -「IPPOU」を担当。
    • 番組開始から約3年後の、2024年2月2日放送で初めてコメンテーターとしてスタジオ生出演(令和6年能登半島地震の被災地である、石川県七尾市出身であることから)。
    • 「KINGOZIN」→「キンゴジン」では、MC以外の大阪放送局所属アナウンサーが週替わりで担当[注 17]

過去の出演者 編集

期 間 MC(キャスター) コメンテーター 東京発ニュース担当 気象情報
男性 女性 隔週 リーダー ナレーター
2021年
3月5日
2022年
4月1日
武田真一 石橋亜紗 小籔千豊 三條雅幸 栗原望 塩見泰子
2022年
4月8日
2023年
3月31日
糸井羊司
2023年
4月14日
2023年
7月7日
高瀬耕造 (不在) 池田伸子
2023年
7月28日
現在 週替わり[注 18]
MC
  • 武田真一(MC〈キャスター〉)(NHKアナウンサー、大阪放送局所属→フリーアナウンサー、2021年3月5日 - 2023年3月10日[25])-「KINGOZIN」、およびミニ番組「わが町の偉人File"KINGOZIN"」のナレーターも担当。
    • 2022年11月4日は欠席のため、近田雄一(NHKアナウンサー)が代役を務めた。
    • 2023年2月末で早期定年退職制度利用により、NHKを退職することが同月2日にNHK大阪放送局から発表された[26][27]。なお、退職後も3月3日と10日放送分は外部出演者として出演[注 19][25]
ニュースリーダー・ナレーター(当時東京アナウンス室所属のNHKアナウンサー)
  • 三條雅幸(ニュースリーダー)(2021年3月5日 - 2022年4月1日[注 20]
  • 栗原望(16時50分からのニュースナレーター)(2021年3月5日 - 2022年4月1日)
  • 糸井羊司(ニュースリーダー。17時からのニュースナレーター)(2022年4月8日 - 2023年3月31日[注 21]

テーマソング 編集

脚注 編集

注釈 編集

  1. ^ 金曜日の「おいしい金曜日」のみ、大阪放送局制作。月曜日 - 木曜日および『ごごウタ』は、東京・放送センター制作。
  2. ^ 武田真一・高瀬耕造は初の大阪勤務。石橋亜紗は『ニュースほっと関西』を担当した2017年4月 - 2019年3月の大阪勤務時代以来の2年ぶり2度目の大阪放送局着任となる。
  3. ^ NHK大阪では、1997年度からは「近畿」から「関西」のエリア表記にしている。
  4. ^ a b 17時57分 - 18時は各地の放送局から気象情報のため、実質17時 - 17時57分。
  5. ^ 第96回選抜高等学校野球大会が予定通りに進捗すれば、同日が決勝の予定であり、当番組の放送が可能。
  6. ^ 2022年4月1日までは、16時50分 - 18時(17時57分 - 18時は各地の放送局から気象情報のため、実質16時50分 - 17時57分)。
  7. ^ 予算委員会で首相及び閣僚全員が出席する集中審議や、議院運営委員会新型コロナウイルス緊急事態宣言の発令・延長・解除を伴う国会への事前説明など。
  8. ^ その後9月17・24日も『大相撲秋場所』のため休止。
  9. ^ 火災のニュースを武田・石橋が、大雪関連について塩見が担当した。当日放送予定のコーナー(「IPPOU」など)は、東京発のニュースを除き全て休止となり、当日出演予定の小籔は番組内に1度も登場しなかった。
  10. ^ 2022年4月1日までは、通常はスタジオ内に新聞を積んだ自転車に乗り、「IPPOU新聞」の配達員用の服装で登場し、新聞を小籔orゲストに直接渡し、1面に記載の今回のテーマの部分を見せる(リモート出演の場合でも、新聞を渡している風に演出して、実際にリモート先の小籔orゲストに新聞が届く形式だった)。コーナー直前に臨時ニュースがあった場合などは、自転車に乗らない・配達員用の服装に着替えない等、これらの演出が省略されることもある。
  11. ^ 2022年4月8日からは、番組自体の放送時間が10分短縮され、「IPPOU」が10分短縮された。この影響で、石橋は新聞配達員の格好をすることは変わらないものの、実際に「IPPOU新聞」の紙面は作成されなくなったため、小籔orゲストに新聞を渡す・1面を披露するやり取りは廃止された。
  12. ^ 2023年3月31日「舞い上がれ!感謝祭」(連続テレビ小説『舞い上がれ!』最終回当日トークイベント)の司会(2023年3月31日まで東京アナウンス室所属)を担当するため、会場の東大阪市文化創造館から中継。
  13. ^ 過去に大阪発関西ローカルの情報番組『4時です 上方俱楽部』のMCを務めたことがある。
  14. ^ 2001年度上半期『連続テレビ小説私の青空』(東京本部制作)ヒロイン。また2006年度下半期『同・芋たこなんきん』(大阪制作)にも出演した。
  15. ^ 『ニュース シブ5時』→『ニュースLIVE! ゆう5時』同様、11時・12時・13時の定時ニュース担当者が東京・渋谷からニュースを担当し、18時の定時ニュースも後続する。当日午後に発生した臨時ニュースなどの関係で出演できない場合は、原則として金曜日の『NHKニュース7』サブキャスターが代役を務める。
  16. ^ 2023年3月31日までは、11時・12時・13時の定時ニュース担当者が、17時30分のニュースにおいて、東京のスタジオから立った状態でニュースを読み上げていた。2023年4月14日からは『ニュースLIVE! ゆう5時』同様、17時30分のニュースはAI自動音声による放送に完全移行となったため、冒頭のニュースコーナーのニュースナレーターのみでの参加となり、立った状態での顔出し出演は廃止された。ただし、重大なニュースがある際には東京のスタジオから顔出し出演することがあり、実際に2023年6月30日には九州などで大雨のため、池田が東京のスタジオから顔出し出演となった。
  17. ^ 前述の岩槻など、京都放送局所属のアナウンサーが担当することもある。
  18. ^ 2023年12月22日に担当した田津原のみ男性。
  19. ^ 3月17日と24日は大相撲春場所中継のため休止。31日は通常どおりに放送されたが、武田は出演せず石橋のみが出演した。
  20. ^ 当該期間の代役は、当時『NHKニュース7』の金曜サブキャスターの1人であった伊藤海彦が担当した。また、2022年2月4日は12時・13時の定時ニュースを佐藤誠太が務めたため、当番組も佐藤が担当した。
  21. ^ 2022年5月6日・7月29日は、12時・13時の定時ニュースを中山果奈が務めたため、当番組も中山が担当した。同様の理由で、2022年8月5日は利根川真也が担当した。

出典 編集

  1. ^ a b 「NHKクロニクル」「TVでた蔵」による。
  2. ^ 「NHKクロニクル」による。
  3. ^ 2021年度 国内放送番組編成計画” (PDF). 日本放送協会 (2021年2月10日). 2021年2月10日閲覧。
  4. ^ NHK放送文化研究所 編『NHK年鑑2022NHK出版、2022年10月28日、388頁。 
  5. ^ 船越英一郎、NHK「ごごナマ」最終回迎え「ただただ感謝」”. サンケイスポーツ (2021年3月19日). 2021年3月29日閲覧。
  6. ^ “NHK井上裕貴アナ「クロ現」キャスター就任 武田アナは大阪「新しい風景楽しみ」”. スポーツニッポン. (2021年2月10日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2021/02/10/kiji/20210210s00041000305000c.html 2021年2月10日閲覧。 
  7. ^ a b NHK退局する武田真一アナ担当「ニュースきん5時」の後任に高瀬耕造アナ 大阪放送局勤務へ”. Nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS (2023年2月8日). 2023年2月9日閲覧。
  8. ^ ニュースきん5時 2021年3月5日”. 日本放送協会 (2021年3月5日). 2021年3月5日閲覧。
  9. ^ 放送番組審議会”. www.nhk.or.jp. 2021年8月18日閲覧。
  10. ^ 能登半島地震に伴う衛星放送活用の臨時対応の拡充について
  11. ^ NHK、ニュース以外の総合テレビ番組も旧BS 103chで放送。12日午前4時から”. AV Watch (2024年1月11日). 2024年2月5日閲覧。
  12. ^ 2024年度(令和6年度)前半期 放送番組時刻表”. 日本放送協会. p. 3 (2024年2月14日). 2024年2月14日閲覧。
  13. ^ 渡部圭介 (2024年2月15日). “「ニュース きん5時」3月末で終了 NHK大阪発のニュース番組”. 産経新聞. 2024年2月18日閲覧。
  14. ^ 野球|NHKスポーツ”. NHK. 2021年8月12日閲覧。
  15. ^ 第97回競泳日本選手権~東京2020オリンピック代表決定戦~「第7日」”. NHKクロニクル (2021年4月9日). 2023年12月26日閲覧。
  16. ^ 2021NHK杯フィギュア「女子シングルショートプログラム」”. NHKクロニクル (2021年11月12日). 2023年12月26日閲覧。
  17. ^ 第207回国会 参議院 予算委員会 第2号 令和3年12月17日PDF) - 国会会議録検索システム
  18. ^ 北京オリンピック◇フィギュアスケート 女子シングル・フリー(録画)”. NHKクロニクル (2022年2月18日). 2023年12月26日閲覧。
  19. ^ 国会中継「参議院予算委員会質疑」”. NHKクロニクル (2022年2月25日). 2023年12月26日閲覧。
  20. ^ ニュース「安倍元首相奈良市で演説中に倒れる」関連”. NHKクロニクル (2022年7月8日). 2023年12月26日閲覧。
  21. ^ 水泳2023第99回競泳日本選手権「第4日」”. NHKクロニクル (2023年4月7日). 2023年12月26日閲覧。
  22. ^ 2021年度番組 主な新キャスター - NHK” (PDF). 日本放送協会 (2021年2月10日). 2021年3月4日閲覧。
  23. ^ 2023年度番組 主な新キャスター - NHK” (PDF). 日本放送協会 (2021年2月8日). 2023年3月30日閲覧。
  24. ^ “NHK大阪局長、武田真一アナ異動に忖度なし”. サンケイスポーツ. (2021年3月4日). https://www.sanspo.com/article/20210304-76PHY4V5XNJMDMRRYMN32KOSTQ/ 2021年3月4日閲覧。 
  25. ^ a b NHK武田真一アナ、2月末で退職後も「舞いあがれ!」最終回まで振り返りナレーション担当”. スポーツ報知 (2023年2月22日). 2023年2月22日閲覧。
  26. ^ 朝ドラ総集編の語り手、後任「検討中」 NHK武田アナ退職は2月末”. 朝日新聞 (2023年2月2日). 2023年2月9日閲覧。
  27. ^ NHKの武田アナ、今月末で退職”. 時事通信 (2023年2月2日). 2023年2月9日閲覧。

外部リンク 編集

NHK総合 金曜日 16:50 - 17:00(大相撲期間、高校野球期間、祝日を除く)
前番組 番組名 次番組
ニュース シブ5時
(2015年4月3日 - 2021年3月12日)
【金曜日のみ終了】
ニュース きん5時
(2021年4月2日 - 2022年4月1日)
【10分縮小】
連続テレビ小説(アンコール放送)
(2022年4月8日 - 2023年3月31日)
※16:30 - 17:00
【10分繰り下げ。2話連続放送】
NHK総合 金曜日 17:00 - 17:57(大相撲期間、高校野球期間、祝日を除く)
ニュース シブ5時
(2015年4月3日 - 2021年3月12日)
【金曜日のみ終了】
ニュース きん5時
(2021年4月2日 - 2024年3月予定)
午後LIVE ニュースーン
(2024年4月 - 予定)
※15:10 - 17:57