メインメニューを開く
NHKニュース > NHKのテレビのニュース・報道番組 > ニュース シブ5時

ニュース シブ5時』(ニュース シブごじ)は、NHK総合テレビジョン2015年3月30日に放送を開始した、平日月曜日から金曜日)夕方生放送報道情報番組である。略称・通称の『シブ5時』は、2017年4月3日から2018年3月9日まではコンプレックス編成のシリーズ名(シブ5時シリーズ)でもあり、『ニュース シブ5時』はその第2部に当たる番組でもあった。

シブ5時
ジャンル 帯番組 / 報道番組情報番組
制作 NHK
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
ニュース シブ5時
出演者 松尾剛
守本奈実
オープニング 徳永ゆうき
渋谷節だよ青春は!
放送期間 2015年3月30日 -
放送時間 平日 16:50 - 18:10
放送分 80分
公式サイト
4時も!シブ5時
放送期間 2017年4月3日 - 2018年3月9日
放送時間 平日 16:00 - 16:50
放送分 50分
ニュース シブ5時 デビュー(パイロット版)
放送期間 2015年2月11日
放送時間 水曜 16:50 - 18:10
放送分 80分
回数 1

特記事項:
大相撲本場所・高校野球開催期間中は休止。
テンプレートを表示

当頁では、その2017年4月3日から2018年3月9日まで放送された第1部の番組『4時も!シブ5時』についても触れる。

概要編集

『ニュース シブ5時』編集

2006年春から17時台に放送されてきた『ゆうどき[1]とこれに続く平日18時の全国ニュースを統合し、更には2003年秋から放送された『お元気ですか日本列島』の流れを汲む平日14時台の『情報まるごと』を廃止・吸収する形で、新しいニュース番組としてスタートする。

今日の「知りたい」に、「いち早く、まっすぐにこたえる」をコンセプトに、放送時間である夕方の時間帯に「一日がひと目でわかる」よう、コンパクトにまとめて伝える手法をとり、その日の主だったニュースをこの番組の軸として、放送時間内に入ってくる最新のニュースも素早く伝える[2]。また、起きたばかりの事件や事故に加え、注目されるニュースは生中継を行う[2]。主な企画はその日の出来事を一覧にして伝えたり、解説、トレンド企画など[3]

番組名「シブ5時」は、NHK放送センター東京都谷区にあることと、「夕方5時」に由来している[4]

名前が似ていることから「鈴木雅之や菊池桃子をゲスト出演させないのか?」という視聴者の声を受けて2015年4月17日放送分に鈴木がゲスト出演し、同曲にも触れたほか、鈴木は「シブ5時」のタイトルを聞いた際に「パクられた」と感じたと発言した[5]。なお菊池のスタジオ出演はなかった。本人の話によれば長らく鈴木と顔合わせをしていなかったことから出演を嫌がり、代わりにVTRのみの出演となっていた。

NHKは新年度編成計画発表の席で「民放もニュースが放送されている時間だが、いち早く知りたいニュースをお届けする番組にしたい。(これまでの)『ゆうどき』をよりパワーアップしたい。女性の視聴者も意識したい」と説明[4]

番組開始に先駆けて、2015年2月11日水曜日祝日)の16:50 - 18:10に事前番組パイロット版として『ニュース シブ5時 デビュー』(ニュース シブごじ デビュー)が先行して本放送と同形式で生放送された[6]

通常のニュース番組での男性キャスターはスーツ・ネクタイだが、本番組ではカジュアルな衣装となっている。ちなみに、当番組が初の試みではなく『おはよう日本』の土日祝日版および『おはよう北海道土曜プラス[7]ウィークエンド関西』で既に実施されている。

2017年10月から18時のニュースは二か国語放送に変更。従来のモノラル放送は18:00までとなった[8]

『ゆうどき』は2014年度のみ金曜日をNHK大阪放送局発としたが、当番組では再び全曜日東京発であり、2015年度の大阪発は『NEWS WEB』に移行した。

2018年4月10日以降、『連続テレビ小説』アンコール枠(『4時も!シブ5時』後継番組)から接続する形となったが、冒頭で朝ドラを観たキャスター陣が朝ドラに触れることはほぼない[9]

2018年9月7日をもって、寺門亜衣子が番組を卒業することが発表され、後任は守本奈実が務める[10]

2019年4月9日、2度目の大規模リニューアル。番組のロゴが黄色い四角形に収まったものに変更され、番組のイメージカラーも黄色に変更されている[11]。テーマソングも新規で製作されたもの[12]に変更されている。

重大ニュース発生時、放送時間を拡大(開始前倒しや延長)することがある。

『4時も!シブ5時』編集

 
生放送が行われたCT-450スタジオ

2017年4月3日から当番組の開始時刻を16:00に前倒しとして、16:50までは新番組『4時も!シブ5時』を編成。16:50 - 18:10の本編と合わせてコンプレックス編成として放送される。これまで15・16時台は再放送・アンコール枠だったが、13時台から3時間にわたって生放送される『ごごナマ』や、18:10 - 19:00の『首都圏ネットワーク』などといった地域情報番組、さらに19:00 - 19:30(土・日・祝日も含む)の『NHKニュース7』を含め、延べ6時間30分の生放送ゾーンを作ることで、突発的な災害・事件にも素早く対応できる編成を目指すとしている[13]

このリニューアルに伴い、16時から5分間放送されていた『NHKニュース』(定時スポットニュース)はこの番組の「インデックスニュース」(16:02開始)として統合・内包されたほか、番組ロゴが刷新される(『4時も!シブ5時』と『ニュース シブ5時』でロゴのデザインが異なる、ロゴは電灯のスイッチを意識したデザインとなっている)。また、『4時も!シブ5時』では、当番組の17時台の前番組『ゆうどき』や2017年3月17日に終了した『スタジオパークからこんにちは』で使われていたNHKスタジオパーク内のCT-450スタジオから生放送される。

重大ニュースがある時はオープニングトークを挟まずに、16:00から「インディックスニュース」を開始する場合もある[14]

月 - 木曜日に限り前座番組『ごごナマ』のエンディングでは、MCの船越英一郎から『4時も!シブ5時』への振りコメントで締めることがあり、これにジョン・カビラが反応するという演出がされることがある(当番組の出演者が番組冒頭で『ごごナマ』の内容に触れることもある)。「インディックスニュース」終了後、本編と『4時も!シブ5時』の出演者同士でクロストークを行うことがある。こちらのエンディングでは廣瀬智美より本編への振りで締められることもある。

同年6月に入り、オープニングCGが流れなくなりバックのテーマソングがインストゥルメンタル版に変更されている。

2017年7月31日から本編と同じカスタムフォントを使用するようになった。

大相撲春場所と選抜高校野球の中継に伴い2018年3月9日にいち早く最終回を迎え、同年4月から当該枠は1年ぶりに『NHKニュース』と再放送枠に復す。一方、ハリー杉山はTwitterで『4時も!シブ5時』の終了を悔しがる発言をしたほか、視聴者から番組の終了を惜しむ声や番組の復活を望む声が寄せられている[15][16]。また、これによりCT-450スタジオが稼働する通常編成番組は週末の『土曜スタジオパーク』と『日曜バラエティー』となり、2019年3月には『日曜バラエティー』も終了したため、ついに『土曜スタジオパーク』を放送する土曜日のみになる。

視聴率編集

パイロット版の視聴率は4.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム。以下略)となり、同時間帯のテレビ東京を除く民放各局の裏番組(報道番組)に苦戦した[17]

『ニュース シブ5時』レギュラー放送の視聴率は開始以来2 - 4%台で推移し[18][19][20]、 時間帯順位は3・4位程度である[21]。ただし、重大ニュース発生時に高視聴率を獲得し、時間帯1位を記録する事例もある[22][23]

『4時も!シブ5時』の視聴率は2%程度と低迷していた[24]

放送時間・タイムテーブル編集

 
料理コーナーの生放送or収録現場
時刻 放送内容
16:50
  • ニュース
  • ニュース解説
  • SoLTルーム解説
  • 特集
  • シブ5時ワールド
  • 全国気象情報
17:30ころ
  • ニュース
  • 特集
  • 5時カメ!
17:57
18:00
  • ニュース

番組タイトル・放送時間の変遷編集

期間 番組タイトル 放送時間
第1部 第2部 第1部 第2部
2015.3.30 2017.3.31 - ニュース シブ5時 - 16:50 - 18:10(80分)
2017.4.3 2018.3.9 4時も!シブ5時 16:00 - 16:50(50分)
2018.3.26 現在 (廃止) (廃止)

出演者編集

特記なしはNHK放送センター所属アナウンサー。

メインキャスター
  • 松尾剛(主にニュース・番組進行担当、2015年3月30日 - ) - 2017年4月 - 2018年3月は『4時も!シブ5時』のインデックスニュースのキャスターも兼務。
  • 守本奈実(主にニュース解説聞き手・番組進行担当、2018年9月25日 - )
    • 大相撲中継などで長期休止している期間中、ラジオ第1の定時ニュースを読むことがある。
気象キャスター
リポーター
ニュースリーダー
17時台中盤のニュースはスタジオ出演。
12時・13時台のニュース[27]を兼務。2018年度までは『NHKニュース7』ニュースリーダーも兼務し、大相撲・高校野球期間中などに当番組が休止となる際は18時のニュースも担当していた。
記者・解説委員(日替わり)
  • 曽我英弘(NHK解説委員 月曜日レギュラー)
  • 津屋尚(NHK解説委員 隔週火曜日レギュラー)
  • 安間英夫(NHK解説委員 隔週火曜日レギュラー)
  • 横山善一(NHK解説委員 水曜日レギュラー)
  • 岩田明子(NHK解説委員 木曜日レギュラー)
  • 堀家春野(NHK解説委員 隔週金曜日レギュラー)
  • 三輪誠司(NHK解説委員 隔週金曜日レギュラー)
Solt(ソーシャル・リスニング・チーム)ステーション
  • 山下和彦(NHKネット報道部デスク)
  • 足立義則(NHK報道局・SoLTデスク)
各コーナー出演者
4時も!シブ5時(2017年4月 - 2018年3月)
MC
リポーター
プレゼンター
  • また、ディレクターの品川明由実が不定期ながら番組出演している[29]
  • カビラ・クリスの生放送欠席時はハリーがMCを代行する。
  • 稀に金曜日以外にもクリスが出演する場合があったほか、金曜日に編成された最終回にはカビラも出演した。

過去の出演者編集

パイロット版(2015年2月11日放送)編集

メインキャスター
  • 松尾剛
  • 寺門亜衣子
「5時の渋谷から生中継」リポーター
生中継リポーター
Solt(ソーシャル・リスニング・チーム)ステーション
  • 足立義則(NHK報道局・ニュースデスク)
ニュースのソムリエ
気象キャスター
VTRナレーション
ニュースリーダー(ニュースパート影読み)
  • 高瀬耕造

過去の主な出演者編集

MC・ニュースリーダー・リポーター・気象情報 編集

期間 男性MC 女性MC ニュースリーダー リポーター 気象情報
2015年4月 2016年1月7日 松尾剛 寺門亜衣子 高瀬耕造 塚本賢一 平野有海
2016年1月8日 2016年1月22日 (不在)
2016年1月25日 2016年3月 白鳥哲也
2016年4月 2017年3月 滝川剛史 魚住優
2017年4月 2018年3月 福岡良子
2018年4月 2018年5月 木花牧雄 (不在)
2018年6月 2018年9月 中村慶子 塩田慎二
2018年10月 2019年3月 守本奈実
2019年4月 現在 三條雅幸 片山千恵子 大橋拓

その他の出演者 編集

  • 臥雲義尚(遊軍プロジェクト長、開始 - 2015年12月 NHK退職により降板)
  • 近江陽一郎(陽ちゃんの食べちゃうぞ! 2015年9月 - 2016年3月)
  • 小林豊(ゆーちゃむのGO!GO!キッチン 2016年4月 - 2018年3月)
  • Sexy Zone(ニュースがわかるようになる検定 2016年4月 - 2018年3月)
  • 伊藤雅之(NHK解説委員 月曜日レギュラー)
  • 安達宜正(NHK解説委員 月曜日レギュラー)
  • 野口修司(デスク 水曜日レギュラー)
  • 塚本壮一(NHK解説委員 火曜日レギュラー)
  • 岸正浩(NHK解説委員 水曜日レギュラー)
  • 花澤雄一郎(NHK解説委員 隔週火曜日レギュラー)

脚注・出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ 2013年度までは『ゆうどきネットワーク』。
  2. ^ a b 27年度改定の新番組 (PDF)”. 日本放送協会 (2015年1月21日). 2015年1月22日閲覧。
  3. ^ 平成27年度 国内放送番組 編成計画 (PDF)”. 日本放送協会 (2015年1月21日). 2015年1月22日閲覧。
  4. ^ a b “[NHK]夕方に新ニュース番組「シブ5時」 女性にアピール”. マイナビニュース. (2015年1月21日). http://news.mynavi.jp/news/2015/01/21/399/ 2015年1月22日閲覧。 
  5. ^ ニュース シブ5時 2015年4月17日放送回 goo
  6. ^ nhk_henseiのツイート(565269060838256640)
  7. ^ 古谷敏郎がキャスター就任後は放送日によってスーツ・ネクタイまたは当番組と同様カジュアル衣装で登場する。
  8. ^ 全国向けに限ってはローカル枠前の17:57まで。
  9. ^ 朝ドラ受けを行った初回の4月10日の18時のニュース後のお便り紹介で「朝ドラ受けをやってほしい」という意見が出た際、松尾剛は「忙しくて(朝ドラを)見ている暇がない」と発言している。
  10. ^ NHK寺門亜衣子アナ 「シブ5時」卒業 後任は守本奈実アナ,デイリースポーツ,2018年9月7日
  11. ^ スタジオセットも黄色基調のものに変更された。
  12. ^ 作詞・作曲:つんく♂・歌:徳永ゆうき・曲名「渋谷節だよ青春は!」
  13. ^ “NHK、4月から平日午後に3時間の生番組 MCに船越英一郎&美保純ら”. ORICON STYLE. オリコン. (2017年2月15日). http://www.oricon.co.jp/news/2086037/full/ 2017年2月15日閲覧。 
  14. ^ 4時も!シブ5時 2018年2月6日放送回
  15. ^ ハリー杉山さんのツイート
  16. ^ シブ5時さんのツイート
  17. ^ NHK夕方ニュース参戦!パイロット版放送の本気度 文化通信 2015年2月16日
  18. ^ 寺門亜衣子アナの毒舌に批判も…NHK「ニュース シブ5時」の誤算 ZAKZAK 2015年5月8日
  19. ^ 大相撲ファン、中継ないときはTVを見ていない!? 高視聴率も他局に影響なし(7/11~17) 産経ニュース 2016年7月23日
  20. ^ 井ノ原快彦 VS国分太一、山口達也 VS 伊野尾慧……ジャニタレ「裏番組」視聴率バトル,日刊サイゾー,2017年5月31日
  21. ^ テレビ“午後ナマ戦争”勃発!~NHK新番組の可能性は・・・?~,鈴木祐司,2017年2月17日
  22. ^ 【週間視聴率トップ30】8/22~28 「24時間テレビ」瞬間最高35% 産経ニュース 2016年8月31日
  23. ^ ビデオリサーチ社調べ
  24. ^ 朝ドラ旧作を夕方枠で再放送 民放各局が恐れるNHKの戦略,日刊ゲンダイ,2018年3月24日
  25. ^ 前番組『ゆうどき』の途中(2013年度)より全国フルネット。
  26. ^ 不在時は赤松俊理が担当する。
  27. ^ 12:15の関東地方のニュースは除く(関東地方のニュースは大嶋貴志など『首都圏ネットワーク』ニュースリーダーが担当)。
  28. ^ 2019年4月よりラジオ第一で放送中のすっぴん!水曜パーソナリティに就任し、シブ5時ファミリーで唯一メディア跨ぎで出演している。
  29. ^ 出演者別:品川明由実(1ページ目) - gooテレビ番組(関東版)
  30. ^ 水戸局復帰後は茨城県内の後続番組『いば6』キャスターを担当。

外部リンク編集

NHK総合 平日16:00 - 16:50枠(大相撲期間、高校野球期間、祝日除く)
前番組 番組名 次番組
NHKニュース・気象情報
※平日16:00 - 16:05
グレートネイチャー 10min.
月曜 16:05 - 16:15
土曜時代劇(再放送)
※月曜16:15 - 16:50
世界ふれあい街歩き ちょっとお散歩
火曜16:05 - 16:20
ダーウィンが来た! 〜生きもの新伝説〜(再放送)
※火曜16:20 - 16:50
ミニ番組
水曜16:05 - 16:20
探検バクモン(再放送)
※水曜16:20 - 16:50
○○!投稿DO画(再放送)
木曜16:05 - 16:20
超絶 凄ワザ!(再放送)
※木曜16:20 - 16:50
歴史秘話ヒストリア(再放送)
金曜 16:05 - 16:50
4時も!シブ5時
(2017.4.3 - 2018.3.9)
NHKニュース・気象情報
※平日16:00 - 16:05
さわやか自然百景(再放送)
月曜 16:05 - 16:20
世界ふれあい街歩き
ちょっとお散歩

火曜16:05 - 16:20
15分でにっぽん百名山
水曜16:05 - 16:20
世界で一番美しい瞬間
10min.

木曜16:05 - 16:15
プレマップ
※木曜16:15 - 16:20
岩合光昭の世界ネコ歩き
mini

金曜 16:05 - 16:20
連続テレビ小説(再放送)
※平日16:20 - 16:50
【2話連続】
NHK総合 平日16:50 - 18:10枠(大相撲期間、高校野球期間、祝日除く)
超絶 凄ワザ!(再放送)
月曜 16:30 - 16:55
【金曜 16:20 - 16:50枠に移動して継続】
探検バクモン(再放送)
火曜 16:30 - 16:55
【5分繰り上げて継続】
セレクション
水曜 16:50 - 16:55
シリーズ世界遺産100
木曜 16:50 - 16:55
ファミリーヒストリー(再放送)
金曜 16:05 - 16:55
【14:05 - 14:55枠に移動して継続】
ゆうどき
※月曜 - 木曜 16:55 - 18:00
ゆうどき 関西発
※金曜 16:55 - 18:00
NHKニュース
※平日 18:00 - 18:10
(全曜日、年末年始期間は18:05まで)
【土・日曜、祝日、大相撲、高校野球、年末年始期間のみ継続】
ニュース シブ5時
(2015.3.30 - )
-