ニューヨークの巴里夫』(にゅーよーくのぱりじゃん、原題:Casse-tête chinois)は、セドリック・クラピッシュ監督による2013年製作の青春映画。『スパニッシュ・アパートメント』(2002年)・『ロシアン・ドールズ』(2005年)と続く、クラピッシュの「青春三部作」[2]の三作目。 フランスでのアカデミー賞にあたる第39回セザール賞のベストミュージック賞にノミネートされた[3]

ニューヨークの巴里夫
Casse-tête chinois
監督 セドリック・クラピッシュ
脚本 セドリック・クラピッシュ
製作 ブリュノ・レヴィ
製作総指揮 ラファエル・ベノリエル
出演者 ロマン・デュリス
ジュディット・ゴドレーシュ
オドレイ・トトゥ
音楽 ロイク・デュリー
クリストフ・ミンク
撮影 ナターシャ・ブライエ
編集 アン=ソフィー・ビヨン
配給 彩プロ
公開 フランスの旗 2013年8月23日
日本の旗 2014年12月06日
上映時間 117分
製作国 フランスの旗 フランス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ベルギーの旗 ベルギー
言語 フランス語
英語
製作費 €17,290,000[1]
前作 ロシアン・ドールズ
テンプレートを表示

あらすじ編集

前作から10年後、40歳になったクザヴィエはパリで妻ウェンディとの間に二人の子供をもうけ、小説家としてまずまずの成功を収めていた。そんななか、スペイン留学中に知り合ったレズビアンの親友イザベルから精子提供を求められ、ウェンディに相談をしたものの、同意がないままそれを強行してしまう。不穏な夫婦仲になる中、ウェンディにニューヨークへ出張中に出会いがあったと一方的に別れを告げられ、二人の子供とともにニューヨークに移住されてしまう。しばらくの間パリとニューヨークを往復する日々が続いていたクザヴィエだったが、子ども達と暮らすため自らもニューヨークへ移住することを決意する・・・。

キャスト編集

脚注編集

  1. ^ Casse-tête chinois (Chinese Puzzle) (2013) - JPBox-Office” (フランス語). 2019年10月3日閲覧。
  2. ^ “[セドリック・クラピッシュ監督の青春三部作が完結!12月日本上陸&予告公開 映画.com]”. 2019年10月3日閲覧。
  3. ^ Palmares : César 2014 : récompenses, nominations - AlloCiné” (フランス語). 2019年10月3日閲覧。

外部リンク編集