ニューヨーク・コットン取引所

ニューヨーク・コットン取引所(ニューヨーク・コットンとりひきじょ、英語: New York Cotton Exchange、NYCE)は、100人の木綿(コットン)仲買人と商人により、ニューヨーク市マンハッタンハノーバー・スクエア1号(後のインディア・ハウスとして知られる)で、1870年に設立された商品取引所である。

ニューヨークの1 ハノーバー・スクエアにあったニューヨーク・コットン取引所。1885年、ジョージ・B・ポストにより設計[1]

歴史編集

コットン取引所は、市内で最も古い商品取引所である。20世紀中、木綿は輸出、国内消費の両方において、主要なアメリカの商品であった。この時代、アメリカには、他の取引所が既に存在していた。ニューオーリンズ・コットン取引所モービル・コットン取引所メンフィス・コットン取引所およびサバンナ・コットン取引所など、いくつかの取引所は、ニューヨーク・コットン取引所の設立の数年内に設立されている。他の重要な取引所には、イングランドリバプールリバプール・コットン取引所があった。このNYCEとメンフィス・コットン取引所だけが、今日でも存在する組織となっている。

1958年まで毎年、NYCEは、綿生産の統計を含む、「コットン年鑑」を公表していた。この数年にわたり、NYCEは、ウール・アソシエイト、シトレス・アソシエイト、トマト・プロダクト・アソシエイト、フィナンシャル・インストルメント取引所(FINEX)など、綿以外の取引を行うための子会社を設立させていた。1998年には、ニューヨーク商品取引所(NYBOT)が、ニューヨーク・コットン取引所とコーヒー、砂糖およびココア取引所(1882年設立)の親会社となった。現在の所有者は、インターコンチネンタル取引所(ICE)である。

ニューヨーク・コットン取引所は、2001年9月11日まで4 ワールド・トレード・センター8階のテナントだった。このテロ攻撃の翌日からは、1993年の世界貿易センター爆破事件を受けて建設されたロングアイランド・シティの仮設設備に緊急に移転しなければならなかった。2003年からは、ロウアー・マンハッタンにあるニューヨーク・マーカンタイル取引所ビルが本部と取引所となっている。

出典編集

  1. ^ George B Post The City Review

外部リンク編集

  ウィキメディア・コモンズには、ニューヨーク・コットン取引所に関するカテゴリがあります。

座標: 北緯40度42分16秒 西経74度0分37秒 / 北緯40.70444度 西経74.01028度 / 40.70444; -74.01028