メインメニューを開く

ニューヨーク・パンクは、パンク・ロックの中でも1970年代ニューヨークで産まれたものを特に言う(諸説あり)。

概要編集

ヴェルヴェット・アンダーグラウンドイギー・ポップザ・ストゥージズ)、ニューヨーク・ドールズなどがルーツとされる(諸説あり)。イギリスのセックス・ピストルズなどにも多くの影響を与え、世界的なパンク・ロック・ムーブメントの先駆けとなった。

政治的・社会的反抗が生んだロンドン・パンクに比べ、ニューヨーク・パンクは音楽的反抗心・芸術的拘りが特徴といえる。

スタジアム・ロック全盛の当時アマチュアのバンドの多くが演奏の機会を持てずダウンタウンのロフト等で活動していたが、テレヴィジョントム・ヴァーレインが、それまではカントリー・ミュージック中心であったダウンタウンにあるCBGBというバーのオーナーを説き伏せ、ニューヨーク・パンクの拠点としてから活動が活発となる。

その後、メインストリームを中心としたニュー・ウェイヴ、前衛的なノー・ウェーブ、政治的なメッセージとファッションを持つハードコア・パンクなどへと派生していく。

ニューヨーク・パンクに分類されるアーティスト編集

関連項目編集

外部リンク編集