メインメニューを開く

ニューヨーク市地下鉄4系統

ニューヨーク市地下鉄4号線から転送)

ニューヨーク市地下鉄4系統(ニューヨークしちかてつ4けいとう)は、ニューヨーク市地下鉄Aディビジョンの運転系統。カラーは緑で、ブロンクスではIRTジェローム・アベニュー線、マンハッタンではレキシントン・アベニュー線、ブルックリンではイースタン・パークウェイ線ニューロッツ線を経由する。クラウン・ハイツ-ユーティカ・アベニュー駅からニューロッツ・アベニュー駅間はラッシュ時および深夜のみ走るようになった。

4系統
シンボルマーク
ニューヨーク市地下鉄4系統の車両
ニューヨーク市地下鉄4系統の車両
基本情報
路線網 ニューヨーク市地下鉄
起点 ウッドローン駅
終点 クラウン・ハイツ-ユーティカ・アベニュー駅
ニューロッツ・アベニュー駅
駅数 54
経由路線 IRTジェローム・アベニュー線
IRTレキシントン・アベニュー線
IRTイースタン・パークウェイ線
IRTニューロッツ線
運営者 ニューヨークシティ・トランジット・オーソリティ
路線諸元
軌間 1,435 mm (標準軌)
電化方式 直流625V
NYCS map 4
NYCS map 4.svg
テンプレートを表示

目次

概要編集

レキシントン・アベニュー線を通る3つの系統の1つ。基本的に同線内は5系統と共に急行運転を、平日の多くの時間で行っている。

基本はブロンクスウッドローン駅と、ブルックリンのクラウン・ハイツ-ユーティカ・アベニュー駅を結ぶ区間での運転である。平日のラッシュ時は、ブロンクス内の一部駅を通過する列車も運転され、また最ラッシュ時は5系統との分岐駅である138丁目-グランド・コンコース駅を混雑方向の列車が通過する。

基本的にマンハッタン及びブルックリンでは急行であるが、ブロンクス内は各駅停車となる。また深夜時間帯は、全区間で各駅停車となる。

2017年6月より2018年6月まで、ブルックリン内で線路を共有する3系統が、大規模工事のため土休日はブルックリンに乗り入れないため、その代替として、土休日は4系統がニューロッツ・アベニュー駅まで延長運転されていた。なお、現在も深夜時間帯の全列車もニューロッツ・アベニュー発着で、平日ラッシュ時もごく一部にニューロッツ・アベニュー発着の列車がある。

平日・土休日とも、昼間時間帯は8分間隔で運転されている。

歴史編集

 
R12電車R36電車に搭載されていた案内
 
1967年11月26日から1979年6月まで使用されたラベル

1917年6月2日、IRTジェローム・アベニュー線の最初の区間である149丁目-グランド・コンコース駅 - キングスブリッジ・ロード駅間が開通、両駅間を結ぶシャトル列車の運行が開始された[1]。1918年4月15日にジェローム・アベニュー線はウッドローン駅まで延伸、シャトル列車も終点をウッドローン駅へと変更した。その後1918年7月17日にIRTレキシントン・アベニュー線33丁目駅から125丁目駅まで延伸、125丁目駅から先、149丁目-グランド・コンコース駅まではジェローム・アベニュー線区間として開通し、149丁目-グランド・コンコース駅 - グランド・セントラル-42丁目駅間で地下鉄車両を使用したシャトル列車の運行が開始された。

1918年8月1日、新しい"H"システムが導入され、グランド・セントラル駅より分岐しタイムズ・スクエア駅からIRTブロードウェイ-7番街線へ直通していた列車が廃止され、両駅間の運行は42丁目シャトルが担うこととなった。これに伴いウッドローン駅からボウリング・グリーン駅までの列車の運行が開始された[1]

1921年12月11日、ラッシュ時にレキシントン・アベニュー線とジェローム・アベニュー線を直通する列車は全列車167丁目駅より北まで運行するようになった。ただし、ラッシュ時以外の列車は167丁目駅止まりであった[2]

1925年11月4日、ラッシュ時の4系統がアトランティック・アベニュー-バークレイズ・センター駅からクラウン・ハイツ-ユーティカ・アベニュー駅まで運行区間を延長した[3]。2年後の1927年12月5日、平日夜の列車もクラウン・ハイツ-ユーティカ・アベニュー駅まで運行区間を延長した[1]。翌年、昼間の列車もクラウン・ハイツ-ユーティカ・アベニュー駅まで運行区間を延長した[1]

1934年現在、4系統は午後・平日ラッシュ時・土曜朝ラッシュにウッドローン駅 - クラウン・ハイツ-ユーティカ・アベニュー駅間、深夜・平日昼間・土曜朝ラッシュ後の朝にウッドローン駅 - アトランティック・アベニュー-バークレイズ・センター駅間、夜と日曜にウッドローン駅 - サウス・フェリー駅間と3区間の運行となっていた。

1938年8月20日、土曜朝ラッシュ後の朝の列車がクラウン・ハイツ-ユーティカ・アベニュー駅まで運行区間を延長した。

1946年5月10日、6系統ブルックリン・ブリッジ-シティ・ホール駅止まりの普通電車となったため、4系統は125丁目駅からブルックリン・ブリッジ-シティ・ホール駅間で急行運転を行うようになった。これ以前は12:30から5:30まで4系統が緩行線を走行していた[4][5]

1946年12月16日、アトランティック・アベニュー-バークレイズ・センター駅 - フランクリン・アベニュー駅間で急行運転を行っていた深夜の列車がニューロッツ・アベニュー駅まで運行区間を延長した[6][7]

1948年より地下鉄車両の老朽化により新型車への置き換えが始まった。これに伴い列車に系統名が設定され、レキシントン・アベニュー線からジェローム・アベニュー線に直通する列車に4系統という系統名が付けられた。1964年までに全ての列車に系統名が付けられた[8]

1950年、土曜朝の列車はサウス・フェリー駅止まりに変更された。

1950年12月15日、ラッシュ時にIRTノストランド・アベニュー線フラットブッシュ・アベニュー-ブルックリン・カレッジ駅への乗り入れを開始した[6][9]。また、同日に平日昼間の列車がアトランティック・アベニュー-バークレイズ・センター駅行きからサウス・フェリー駅止まりに変更されたが、1952年1月18日に再度アトランティック・アベニュー-バークレイズ・センター駅行きに戻された[10]

1954年3月19日、深夜の4系統はブルックリン区内は各駅停車となったが、2年後の1956年6月29日にアトランティック・アベニュー-バークレイズ・センター駅 - フランクリン・アベニュー駅間で急行運転を再開した。

平日ラッシュ時のフラットブッシュ・アベニュー-ブルックリン・カレッジ駅行きの列車は1957年5月3日に運行が中止され、同時に土日午後の列車はクラウン・ハイツ-ユーティカ・アベニュー駅まで運行区間を延長し、日曜朝の列車はアトランティック・アベニュー-バークレイズ・センター駅まで運行区間を延長した。

1960年3月1日より深夜の4系統がマンハッタン区内で各駅停車となった。しかし、5年後の1965年10月17日には急行運転に戻されている。

1960年4月8日よりほぼ全ての朝ラッシュの列車がフラットブッシュ・アベニュー-ブルックリン・カレッジ駅を発着し、夕ラッシュの列車はフラットブッシュ・アベニュー-ブルックリン・カレッジ駅とクラウン・ハイツ-ユーティカ・アベニュー駅を交互に発着するようになった。また、平日夜および深夜の列車もフラットブッシュ・アベニュー-ブルックリン・カレッジ駅発着となった[1]

1967年11月26日、クリスティー・ストリート連絡線が開通し4系統のラインカラーがマゼンタ色に設定された。また、同時に他の系統にもラインカラーが導入されている。

1972年までに平日朝ラッシュの北行と平日夕ラッシュの南行列車が138丁目-グランド・コンコース駅を通過し始めた。また、ラッシュ時にブルックリン区内での急行運転区間をクラウン・ハイツ-ユーティカ・アベニュー駅まで延長している。ラッシュ時一部列車はアトランティック・アベニュー-バークレイズ・センター駅 - フランクリン・アベニュー駅間で急行運転を行い、かつフラットブッシュ・アベニュー-ブルックリン・カレッジ駅を発着していた[11]

1976年5月23日、日曜朝の列車がブルックリン区内急行運転として運転区間をクラウン・ハイツ-ユーティカ・アベニュー駅まで延長した。

1980年1月13日、深夜の4系統がマンハッタン区内で各駅停車となったため6系統は運行区間をペラム・ベイ・パーク駅 - ブルックリン・ブリッジ-シティ・ホール駅からペラム・ペイ・パーク駅 - 125丁目駅に縮小した[1]。この変更は15,000人の乗客に影響を与え、当時のマンハッタン区長アンドリュー・シュタインに批判されている。これはサービス変更にあたっての公聴会が行われなかったためである[12]。最終的に1999年10月3日に深夜の6系統はブルックリン・ブリッジ-シティ・ホール駅発着に戻されたが、この時4系統は引き続きマンハッタン区内各駅停車であった[1]

1983年7月10日より4系統は全列車クラウン・ハイツ-ユーティカ・アベニュー駅発着となったが、平日昼間の列車はアトランティック・アベニュー-バークレイズ・センター駅、日曜朝の列車はニューロッツ・アベニュー駅を発着していた[13]。1988年8月29日に平日昼間の列車はクラウン・ハイツ-ユーティカ・アベニュー駅発着に変更され、5系統ボウリング・グリーン駅止まりとなった(その後、5系統はフラットブッシュ・アベニュー-ブルックリン・カレッジ駅発着に変更されている)[1]。2000年4月、昼間の列車が再度アトランティック・アベニュー-バークレイズ・センター駅発着に戻された。

 
北行4系統R142A電車125丁目駅を出発する

2009年6月8日から2009年6月26日まで、ジェローム・アベニュー線内での急行運転の試験が行われた。この試験では4系統はウッドローン駅を出発した後、モショル・パークウェイ駅バーンサイド・アベニュー駅、149丁目-グランド・コンコース駅に停車した[1][14][15]

2009年7月6日、バーンサイド・アベニュー駅止まりの北行列車が167丁目駅からバーンサイド・アベニュー駅までの区間で急行運転を開始した。この列車はバーンサイド・アベニュー駅到着後回送となりジェローム車両基地へ入る。

6月に行った急行運転の試験が好評であったため2009年10月26日から再び急行運転の試験が行われた。試験期間は2009年12月11日までで、停車駅は6月の試験の停車駅に加えベッドフォード・パーク・ブールバード-リーマン・カレッジ駅が追加されたものであった[1][16]

2017年6月17日から2018年6月24日までの週末、ハリケーン・サンディによる被害に遭っていたIRTブロードウェイ-7番街線のクラーク・ストリート・トンネルの改修工事を行っていた。工事を行っている時間帯は同トンネルを通過する2系統3系統がブルックリン区内へ乗り入れられなくなり、IRTイースタン・パークウェイ線内の緩行線停車駅とIRTニューロッツ線内全駅に列車が来ないという事態が発生するため、4系統が週末に限り全列車イースタン・パークウェイ線内各駅停車で発着駅をニューロッツ・アベニュー駅に変更していた[17][18]

ルート編集

経由路線 始発駅 終着駅 路線 時間
昼間
夜間
深夜 ラッシュ時
     
IRTジェローム・アベニュー線(全線) ウッドローン駅 149丁目-グランド・コンコース駅 ローカル      
138丁目-グランド・コンコース駅  
IRTレキシントン・アベニュー線(全線) 125丁目駅 ブルックリン・ブリッジ-シティ・ホール駅 エクスプレス    
ローカル      
フルトン・ストリート駅 ボウリング・グリーン駅 全て    
ジョレールモン・ストリート・トンネル
IRTイースタン・パークウェイ線(全線) ボロー・ホール駅 ネヴィンズ・ストリート駅 エクスプレス  
アトランティック・アベニュー-バークレイズ・センター駅 クラウン・ハイツ-ユーティカ・アベニュー駅 ローカル      
IRTニューロッツ線(全線) サッター・アベニュー-ラトランド・ロード駅 ニューロッツ・アベニュー駅 全て 一部列車のみ

停車駅編集

凡例
  常時停車
  深夜を除き常時停車
  深夜のみ停車
  深夜・週末のみ停車
  平日のみ停車
  ラッシュアワーのみ停車
  ラッシュアワーの混雑方向のみ停車
時間帯詳細
  駅名   地下鉄乗換 乗換/備考
ブロンクス区
ジェローム・アベニュー線
  ウッドローン駅
  モショル・パークウェイ駅
  ベッドフォード・パーク・ブールバード-リーマン・カレッジ駅 ラッシュ時一部南行列車は当駅始発
夕ラッシュ一部北行列車は当駅止まり
  キングスブリッジ・ロード駅 夕ラッシュ一部南行列車は当駅始発
  フォーダム・ロード駅   Bx12セレクト・バス・サービス
  183丁目駅
  バーンサイド・アベニュー駅 ラッシュ時一部北行列車は当駅止まり
  176丁目駅 バーンサイド・アベニュー駅行き列車は通過
  マウント・イーデン・アベニュー駅 バーンサイド・アベニュー駅行き列車は通過
  170丁目駅 バーンサイド・アベニュー駅行き列車は通過
  167丁目駅
  161丁目-ヤンキー・スタジアム駅   B   D   (INDコンコース線) Bx6セレクト・バス・サービス
  149丁目-グランド・コンコース駅 2   5   (IRTホワイト・プレーンズ・ロード線)
  138丁目-グランド・コンコース駅 5  
マンハッタン区
レキシントン・アベニュー線
  125丁目駅   5   6   <6>  メトロノース鉄道: ハーレム125丁目駅乗換
M60セレクト・バス・サービスラガーディア空港行き
  116丁目駅 6   <6> 
  110丁目駅 6   <6> 
  103丁目駅 6   <6> 
  96丁目駅 6   <6> 
  86丁目駅 5   6   <6>  M86セレクト・バス・サービス
  77丁目駅 6   <6>  M79セレクト・バス・サービス
  68丁目-ハンター・カレッジ駅 6   <6> 
  59丁目駅 5   6   <6> 
N   R   W   (BMTブロードウェイ線)
メトロカード利用: F  N  Q  R   (63丁目線レキシントン・アベニュー-63丁目駅)
ルーズベルト・アイランド・トラムウェイ
  51丁目駅   6   <6> 
E   M   (INDクイーンズ・ブールバード線: レキシントン・アベニュー-53丁目駅乗換)
  グランド・セントラル-42丁目駅   5   6   <6> 
7   (IRTフラッシング線)
S   (42丁目シャトル)
メトロノース鉄道: グランド・セントラル駅乗換
  33丁目駅 6   <6> 
  28丁目駅   ↓ 6   <6>  ADAに準拠しているのは南行ホームのみ
  23丁目駅   6   <6>  M23セレクト・バス・サービス
  14丁目-ユニオン・スクエア駅   5   6   <6> 
L   (BMTカナーシー線)
N  Q  R  W   (BMTブロードウェイ線)
  アスター・プレイス駅 6   <6> 
  ブリーカー・ストリート駅   6   <6> 
B   D   F   M   (IND6番街線: ブロードウェイ-ラファイエット・ストリート駅)
  スプリング・ストリート駅 6   <6> 
  キャナル・ストリート駅   6   <6> 
N  Q  R  W   (BMTブロードウェイ線)
J   Z   (BMTナッソー・ストリート線)
  ブルックリン・ブリッジ-シティ・ホール駅   5   6   <6> 
J   Z   (BMTナッソー・ストリート線: チェンバーズ・ストリート駅乗換)
  フルトン・ストリート駅   5  
2   3   (IRTブロードウェイ-7番街線)
A   C   (IND8番街線)
J   Z   (BMTナッソー・ストリート線)
デイ・ストリート連絡通路経由: N   R   W   (BMTブロードウェイ線: コートランド・ストリート駅)

PATH: ワールド・トレード・センター駅

  ウォール・ストリート駅 5  
  ボウリング・グリーン駅   5   スタテン島フェリー: ホワイトホール・ターミナル
ブルックリン区
イースタン・パークウェイ線
  ボロー・ホール駅   ↑ 5  
2   3   (IRTブロードウェイ-7番街線)
N   R   W   (BMT4番街線)
ADAに準拠しているのは北行ホームのみ
  ネヴィンズ・ストリート駅 2   3   5  
  アトランティック・アベニュー-バークレイズ・センター駅   2   3   5  
B   Q   (BMTブライトン線)
D   N   R   W   (BMT4番街線)
LIRRアトランティック支線: アトランティック・ターミナル駅乗換
  バーゲン・ストリート駅 2   3  
  グランド・アーミー・プラザ駅 2   3  
  イースタン・パークウェイ-ブルックリン美術館駅 2   3  
  フランクリン・アベニュー駅 2   3   5  
S   (BMTフランクリン・アベニュー線)
  ノストランド・アベニュー駅 B44セレクト・バス・サービス
  キングストン・アベニュー駅
  クラウン・ハイツ-ユーティカ・アベニュー駅   2   3   5   B46セレクト・バス・サービス
ニューロッツ線 (ラッシュ時一部列車・深夜帯)
    サッター・アベニュー-ラトランド・ロード駅 2  3  ​​5   B15バスJFK空港行き
    サラトガ・アベニュー駅 2  3  ​​5  
    ロッカウェイ・アベニュー駅 2  3  ​​5  
    ジュニアス・ストリート駅 2  3  ​​5  
    ペンシルベニア・アベニュー駅 2  3  ​​5  
    ヴァン・シックレン・アベニュー駅 2  3  ​​5  
    ニューロッツ・アベニュー駅 2  3  ​​5   B15バスJFK空港行き

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j NYCT Line by Line History”. www.erictb.info. 2016年9月23日閲覧。
  2. ^ An Improvement in Service for Passengers on the Jerome Avenue Line North of 167th Street”. pudl.princeton.edu. インターボロー・ラピッド・トランジット (1921年12月11日). 2016年9月19日閲覧。
  3. ^ Increased I.R.T. Subway Service in Brooklyn”. pudl.princeton.edu. インターボロー・ラピッド・トランジット (1925年11月). 2016年9月19日閲覧。
  4. ^ “24-Hour Express Service on IRT To Become Effective at Midnight”. ニューヨーク・タイムズ. (1946年5月9日). https://timesmachine.nytimes.com/timesmachine/1946/05/09/100997388.pdf 2016年2月21日閲覧。 
  5. ^ Report for the three and one-half years ending June 30, 1949.. New York City Board of Transportation. (1949). http://hdl.handle.net/2027/mdp.39015023094926. 
  6. ^ a b NYCT Line by Line History”. www.erictb.info. 2016年2月23日閲覧。
  7. ^ “City to Increase Subway Service On the IRT and BMT Lines Today”. ニューヨーク・タイムズ. (1946年12月12日). https://timesmachine.nytimes.com/timesmachine/1946/12/12/305817632.pdf 2016年2月21日閲覧。 
  8. ^ Line Names”. www.thejoekorner.com. 2016年9月19日閲覧。
  9. ^ “BROOKLYN I.R.T. CHANGE; 4 Lexington Avenue Expresses to Serve Flatbush Station”. ニューヨーク・タイムズ. (1950年12月15日). https://timesmachine.nytimes.com/timesmachine/1950/12/15/313761962.pdf 2016年2月22日閲覧。 
  10. ^ “Changes on I.R.T. Set: Additional Express Service on Brooklyn, Flushing Lines Day”. ニューヨーク・タイムズ. (1952年1月10日). https://timesmachine.nytimes.com/timesmachine/1952/01/10/93341886.pdf 2016年1月25日閲覧。 
  11. ^ http://www.nycsubway.org/perl/caption.pl?/img/maps/system_1972.jpg
  12. ^ “Suit seeks to bar cutbacks on Lexington Ave. subways”. New York Daily News. (1980年1月11日). https://www.newspapers.com/image/433946217/?terms=%22subway%22%2B%22service%2Bcut%22 2018年8月14日閲覧。 
  13. ^ “New IRT Schedules - Increased Service to Flatbush Avenue”. New York Division Bulletin. (1983年7月). 
  14. ^ “MTA New York City Transit Pilots Bronx Express Service Along the Jerome Ave. Line” (プレスリリース), メトロポリタン・トランスポーテーション・オーソリティ, (2009年6月4日), http://www.mta.info/mta/news/releases/?en=090604-NYCT86 2009年6月8日閲覧。 
  15. ^ Bronx Express Pilot Program June 8 to 26, Monday to Friday, 7 AM to 8 AM”. mta.info. メトロポリタン・トランスポーテーション・オーソリティ (2009年6月10日). 2009年6月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年9月23日閲覧。
  16. ^ Bronx Express Phase II October 26 to December 11, Monday to Friday, 7 AM to 8:20 AM”. mta.info. メトロポリタン・トランスポーテーション・オーソリティ (2009年11月22日). 2009年11月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年9月23日閲覧。
  17. ^ Transit & Bus Committee Meeting December 2016”. mta.info. メトロポリタン・トランスポーテーション・オーソリティ. pp. PDF-169 to PDF-175 (2016年12月12日). 2016年12月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月9日閲覧。
  18. ^ Clark St Tunnel Reconstruction Weekend Service Changes”. web.mta.info. メトロポリタン・トランスポーテーション・オーソリティ (2017年6月8日). 2018年5月9日閲覧。

外部リンク編集