ニューヨーク市地下鉄7系統

ニューヨーク市地下鉄7系統(ニューヨークしちかてつ7けいとう)は、ニューヨーク市地下鉄の運転系統。カラーは紫で、IRTフラッシング線を通っている。フラッシング-メイン・ストリート駅クイーンズ区)から34丁目-ハドソン・ヤード駅マンハッタン区)を結んでいる。フラッシング線の急行運転はラッシュ時のみ走るようになった。

7系統
ニューヨーク市地下鉄7系統の車両
ニューヨーク市地下鉄7系統の車両
基本情報
路線網 ニューヨーク市地下鉄
起点 フラッシング-メイン・ストリート駅
終点 34丁目-ハドソン・ヤード駅
駅数 21
経由路線 IRTフラッシング線
開業 1915年
運営者 ニューヨークシティ・トランジット・オーソリティ
路線諸元
軌間 1,435 mm(標準軌
電化方式 直流625V
路線図
NYCS map 7.svg
テンプレートを表示

概要編集

ニューヨークの地下鉄では珍しく、1つの路線(IRTフラッシング線)のみを走行し、かつ他系統との乗り入れのない路線である(このような路線のもう一つは、L系統)である。

マンハッタン42丁目地下で横断し、その先はクイーンズとを結ぶ。

路線西端は長らくタイムズ・スクエア駅であったが、2015年9月に34丁目-ハドソン・ヤード駅へ延伸された。

クイーンズでは、74丁目/ブロードウェイ駅ではラガーディア空港へのバスと接続しており、同空港へのアクセス路線の一つ。また、メジャーリーグベースボールニューヨーク・メッツの本拠地の最寄り駅メッツ-ウィレッツ・ポイント駅があり、地下鉄では唯一のアクセス路線となっている(サブウェイ・シリーズも参照)。

基本的には全線の各駅停車(○に7の表示)が運行されるが、平日朝のマンハッタン方面と、夕方前~夜のクイーンズ方面には急行(◇に7の表示)が、クイーンズのクイーンズボロ・プラザ駅 - メッツ-ウィレッツ・ポイント駅間で通過運転を行い、これらはおおむね交互に運転される。

昼間は平日5分間隔、土曜6分間隔、休日は6~8分間隔で運転されている。深夜運転も全区間で行われている。

ルート編集

経由路線 始発駅 終着駅 路線 時間
   
ラッシュ時 全て時間
IRTフラッシング線(全線) フラッシング-メイン・ストリート駅 33丁目-ローソン・ストリート駅 エクスプレス    
ローカル    
クイーンズボロ・プラザ駅 34丁目-ハドソン・ヤード駅 全て  

外部リンク編集