メインメニューを開く

ニューワールドミレニアム香港ホテル

ニューワールドミレニアム香港ホテル(ニューワールドミレニアムホンコンホテル、New World Millennium Hong Kong Hotel)は、香港九龍半島尖沙咀にある高級ホテル2014年6月30日まではホテル・ニッコー・ホンコンで、JALホテルズ(現:オークラ ニッコー ホテルマネジメント)傘下のホテルであった。

ニューワールドミレニアム香港ホテル
New World Millennium Hong Kong Hotel.JPG
各種表記
繁体字 千禧新世界香港酒店
簡体字 千禧新世界香港酒店
英文 New World Millennium Hong Kong Hotel
テンプレートを表示
ニューワールドミレニアム香港ホテル
ニューワールドミレニアム香港ホテル
ニューワールドミレニアム香港ホテル
ニューワールドミレニアム香港ホテルの位置
(香港市街部)
ロビー

目次

概要編集

イギリス植民地下であった1988年に、香港初の日本資本の高級ホテルとしてオープンした。尖沙咀東の海岸沿いにあり、ハーバービューの客室やロビー、レストランや屋上のプールなどからビクトリア・ハーバー香港島の景色を目の前に見ることができる。

また、日本航空の系列企業が経営することから、日本人スタッフや日本語を理解するスタッフが多いなど日本人客対応が充実していることでも知られており、楽天トラベルが主催する「楽天トラベルアワード」で「最優秀ホテル賞」を受賞するなど、高い評価を得ていた。[独自研究?]

レストランや宴会場、ブティックなどの店舗があるほか、通常の客室以外に「ニッコー・フロア」という上級クラスの客室も用意されている。なお、「ニッコー・フロア」に滞在する宿泊客は、エクスプレスチェックインや「ニッコー・ラウンジ」での朝食の無料サービス、無料の飲物やスナック、プレディナードリンクサービスを受けることができる。

「ファーガソンホテルマネジメント(Fergurson Hotel Management Limited)」への売却により、2014年6月30日をもってホテル・ニッコー・ホンコンとしての営業を終了し[1]、同年7月1日より現名称のニューワールドミレニアム香港ホテルに変更した。

データ編集

  • 所在地:香港九龍尖沙咀摩地道72號/72 Mody Road, Tsimshatsui East, Kowloon, Hong Kong
  • 階数:15階
  • 部屋数:463室

ロケーション編集

九龍半島、尖沙咀のビクトリアハーバー沿い「ウォーターフロント・プロムナード」の最終地点脇の繁華街に位置する。大型免税店DFSギャレリア(DFS Galleria)」が目の前に立地する他、大規模ショッピングモール「新世界中心(New World Centre)」や「ウィング・オン・プラザ(Wing On Plaza)」、スーパーマーケットコンビニエンスストアも徒歩圏内に複数立地している。

アクセス編集

香港MTR西鉄線尖東駅や、中華人民共和国広州との間を結ぶ九広鉄路紅磡駅に徒歩8分でアクセスできる。なお、香港島中環へのスターフェリー乗り場へは徒歩15分、マカオへ向かう九龍側フェリー乗り場へは徒歩25分である。

さらにエアポートエクスプレス九龍駅と市内のホテルを結ぶ定期バスも停車する他、宿泊客には、ホテルと尖沙咀のショッピングモールなど各所を結ぶ無料シャトルバスサービスも用意されている。

施設編集

 
ビクトリアハーバー方面からの全景

レストラン編集

  • 「桃李」
  • 「レ・セレブリテ」
  • 「嵯峨野」
  • 「カフェ・セリーナ」
  • 「テラス・バー」
  • 「Lobby Lounge」
  • 「Sky Lounge」

その他編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集