ニュー・メタル

ニュー・メタル (Nu Metal) は、ヘヴィメタルの中に含まれる音楽ジャンルの一つで、オルタナティヴ・メタルのサブジャンルである。「アグロ・メタル (Aggro Metal)」という別名も存在する。1990年代中期に興った。グランジオルタナティヴ・ロックの影響と1990年代初期のヒップホップエレクトロ、伝統的なヘヴィメタル(特にスラッシュメタル)の影響が融合している。商業的に盛んであったのは1990年代後期から2000年代初期である。

ニュー・メタル
Nu Metal
様式的起源 ヘヴィメタル
オルタナティヴ・メタル
グルーヴ・メタル
インダストリアル・メタル
ハードコア・パンク
グランジ
オルタナティヴ・ロック
ヒップホップ
ダブステップ
ファンク
文化的起源 1990年
アメリカ合衆国
使用楽器 ボーカルギターベースドラム
融合ジャンル
ラップメタル
ローカルシーン
アメリカ合衆国カリフォルニア州
関連項目
モダン・ヘヴィネス
ラウドロック
ポスト・グランジ
ポスト・ハードコア
メタルコア
ミクスチャー・ロック

日本では、とりわけこのジャンルのことを「モダン・ヘヴィネス」や「ラウド・ロック」と呼称することで、旧来のヘヴィメタルとは違うことを強調したマーケティングが行われた。特にメタル嫌いで知られた「rockin'on」が、上記の呼称でニュー・メタルを取り上げたことは旧来のメタルファンから大きな反発を呼んだ。なお、ロッキン・オンの経営者である渋谷陽一はレッド・ツェッペリン・ファンである。

目次

概要編集

1990年代後期のオルタナティヴ・ロックの全盛を受け発達。その後のヒップホップ全盛との狭間で世界的に広がったジャンルである。自己嫌悪や人生への葛藤、恋愛による苦しみ等を表現するアーティストもいる。ヒップホップの要素を取り入れたアーティストも多く、過去のヘヴィメタルに比べ、若いファンにとってなじみやすかった曲調の物も存在した。さらにヒップホップの要素だけではなく、ストリート系ファッションやBボーイ系ファッションなどを服装に取り入れ、旧来のメタルの長髪にデニム・ジーンズなどといったファッションからは、かけはなれたファッションを取り入れているアーティストやファンも多い。全盛期においてはコーンリンプ・ビズキットスリップノットリンキン・パークパパ・ローチP.O.D.インキュバス等の躍進もあり、盛り上がりを見せた。同時期に活躍したアーティストにはデフトーンズシステム・オブ・ア・ダウンディスターブドトラスト・カンパニー等が上げられる。またロバート・フリップとキング・クリムゾンやジョン・ゾーン[1]、ルー・リードらもメタル・サウンドに挑戦した。キング・クリムゾンとジョン・ゾーンのサウンドはニュー・メタルに含むことも可能だが、ルー・リードの場合は既存のヘビメタ・バンドであるメタリカとの共演アルバムだったので、ニュー・メタルに含むのは難しい。近年、活況を呈しているメタルコアもニュー・メタルに含まれる場合がある。しかしあまりに急速に広まってしまったため、似たようなバンドの乱立を招き次第に衰退していった。

ニュー・メタルに分類される主なバンド・アーティスト編集

関連ジャンル編集

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集