メインメニューを開く

ニョロ子の生放送!』(ニョロこのなまほうそう!)は、むくによる日本4コマ漫画作品。『月刊コミックアライブ』(KADOKAWAメディアファクトリー)内の“雑誌内雑誌”としての『コミックキューン』にて2015年8月号より連載開始し、2015年10月号より同誌が独立創刊するのに合わせ同誌での連載に移行した。本作は、同誌独立創刊号発売と同じ2015年8月27日に、『パンでPeace!』、『ひなこのーと』とともにキューンコミックス創刊第1弾として単行本第1巻が発売された[1]

ニョロ子の生放送!
ジャンル 4コマ漫画コメディ
漫画:ニョロ子の生放送!
作者 むく
出版社 KADOKAWA
掲載誌 月刊コミックアライブ
コミックキューン
レーベル MFCキューンシリーズ
発表期間 2015年8月号 - 2015年9月号
(月刊コミックアライブ)
2015年10月号 - 2016年6月号
(コミックキューン)
巻数 全2巻(2016年10月現在)
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画
ポータル 漫画

2016年6月号にて連載を終了、全21話(作品内では単位を「○○枠目」・21話目のみ「延長枠」と呼称している)。

目次

あらすじ編集

人と話すことが苦手な小夜子が、親友の茉莉に誘われてライブ配信に初挑戦して成長する、配信系ゆるふわ青春コメディ。

登場人物編集

生放送内で使用しているハンドルネームを併記。

蛇目小夜子 / ニョロ子
人と話すのが苦手。茉莉に教えてもらったライブ配信をきっかけに成長していく。
園村茉莉 / グリ
小夜子の昔からの幼馴染み、小夜子の世話を昔から焼いていたが自身もドジっ子である[2]
幾月こころ / ミミ
2枠目から登場、本人はゲーム配信を行っている[3]。ネコミミの付いたフードをいつも被っている。小夜子と茉莉が初めて出来た友達[4]。本名で呼ばれるのを恥ずかしがっており[5]、母親からは「ここちゃん」と呼ばれている[6]
橘鈴音 / すず吉
9枠目から登場、生徒会。当初は3人への羨ましさから素直になれず[7]、部室を撤去してほしいなどと言ってしまったもののすぐに本心を伝え和解している。
東雲ほのか / わこつ先生
人見知りをする小夜子を心配している、生放送内での挨拶「わこつ」がお気に入り。

書誌情報編集

脚注編集

外部リンク編集