メインメニューを開く

レバニラ炒め(レバニラいため)とは、レバーニラ炒めた中華料理である。ニラレバ炒めとも言う。

韮菜炒牛肝
Nirareba itame of Gyouza no Ohsho.jpg
繁体字 韮菜炒牛肝
簡体字 韭菜炒牛肝
韮菜炒猪肝
繁体字 韮菜炒猪肝
簡体字 韭菜炒猪肝

概要編集

またはのレバーを血抜きしたのち、ニラ・ショウガとともに炒め、コショウ醤油で味をととのえるのが一般的な作り方である。

日本ではほとんどの場合で上記の他にモヤシを入れる。また、さらにニンジンタマネギパプリカなどを入れることも多い。また、オイスターソースやかんずりで味をととのえる方法もある。

日本では大衆食堂や中華料理店にて安価で供されることが多く、庶民の定番メニューとされている。一方で、レバーの味や食感、ニラの独特の香りなどから苦手とする人もいる。近年はビタミンA鉄分を豊富に含む料理として、女性を中心に見直されている。

本来は「ニラレバ」と言い、『天才バカボン』の影響で「レバニラ」という言い方が広まったとされる話が、NHKの番組で紹介されたことがある[1]。中国語でもニラレバの順になっている。

脚注編集

外部リンク編集