メインメニューを開く

ニード・フォー・スピード

概要編集

スポーツカーを改造するなどして主に公道を舞台に争うゲームで、実在するスポーツカーが多数登場し、エンジンなどを改造する点は他の同種ゲームにも見られるが、本シリーズにおいては部品交換により自動車の外観(形状やマーキング)をも大きく変更できるのが特徴である[1]

実在車種が多数登場し、映画『ワイルドスピード』シリーズのような独特な雰囲気とシステムを持つレースゲームとして進歩を重ね、ユーザーの支持を得ている人気シリーズである[2]

日本ではPC版は1作目からニード・フォー・スピードというタイトルで販売されているが、コンシューマー版は1作目から4作目まではオーバードライビンというタイトルで販売されていた。 2012年にドリームワークスが実写映画化を発表、2014年3月14日にアメリカで公開された。日本版は同年の6月7日に公開された。

2015年現在、シリーズ世界累計売上が1億5000万本に到達している[3]

経歴編集

ニード・フォー・スピードは当初カナダバンクーバーにあるゲームスタジオ"ディスティンクティブ・ソフトウェア"(Distinctive Software)によって開発された。1991年エレクトロニック・アーツに買収される前に同社は、Stuntsテストドライブ IIなどの人気のあるレースゲームをすでに作っていた。EAに買収されると同時に同社はエレクトロニック・アーツ・カナダ(通称EAカナダ)に変名。同社は今までの経験を生かし、1992年後半ニード・フォー・スピード シリーズの開発を開始。EAカナダとEAシアトルは開発を続け、長年に渡りNFSシリーズのフランチャイズを拡大。2002年、シリーズ継続のためもう一つのバンクーバー拠点のゲーム会社Blackbox SoftwareがNeed for Speed: Hot Pursuit 2を開発。Blackboxはゲーム発売の直前エレクトロニック・アーツにより買収され、Electoronic Arts Blackboxと名前を変更。それ以来、EA BlackboxはNFSシリーズの主要なデベロッパーであったが、2013年にスタジオを閉鎖。以降はGhost Gamesがフランチャイズを担当している。
日本上陸は家庭用ゲームソフトとしてが主だったが、2004年にはアーケードゲームとしてエイブルコーポレーションによって発売された。

シリーズ編集

映画編集

フォーラム編集

Need for Speedシリーズの公式フォーラム。主に次回作への意見や収録車種に関するトピックが設置されている。2012年のサイトリニューアルにより一旦は閉鎖されたが、2016年に再び開設された。

脚注編集

  1. ^ ただし外観の大幅な変更が出来るようになったのはアンダーグラウンドからであり、それ以前のNFSはボディーカラーの変更やパフォーマンスチューンしか出来なかった。
  2. ^ 第8回 CESA GAME AWARDS グローバル賞 受賞作品詳細ページ
  3. ^ Forbes, NeilHerndon (2015年11月11日). “'Need For Speed' Reigns Supreme, But Still Has Flaws”. 2019年2月22日閲覧。

外部リンク編集