ニール・アームストロング (調査船)

Armstong fromthefantail 406493.jpg
艦歴
起工 2012年8月17日
進水 2014年2月22日
性能諸元
排水量 3,204トン(ロングトン
全長 72.5m
全幅 15.2m
吃水 4.6m
機関 主機ディーゼルエンジン4基 合計4,176kW(5,600ps)
推進器 可変ピッチプロペラ2軸
バウスラスタ・スタンスラスタ各1基
速力 巡航11.5ノット
航続距離 11,500海里
行動日数 40日
定員 乗員20名 + 研究者24名

ニール・アームストロングR/V Neil Armstrong (AGOR-27))はアメリカ海軍研究事務所(Office of Naval Research)が保有し、ウッズホール海洋研究所が運用する海洋調査船である。船名は人類史上初めて月面を歩いたアポロ11号ニール・アームストロング船長に因む。姉妹船に同じく宇宙飛行士から命名されたサリー・ライド(AGOR-28)がある。

概要編集

1970年に就役した調査船クノール(AGOR-15)の代替船としてダコタ・クリーク・インダストリーズで建造され、2014年2月22日に進水。3月29日の命名式典において故人の妻キャロル・アームストロングにより命名された[1]。建造費は7,400万ドルで海軍との契約によりウッズホール海洋研究所は年間35万ドルの運用維持費を拠出する。

音響探査機器として、最大水深11,000mの海底を走査可能なマルチビーム・エコーサウンダ、海底下の地層を分析するサブボトムプロファイラ、海流の速度を三次元で計測する超音波流速計(ADCP)などを搭載。 船内にはメインラボ(95m2)、ウェットラボ(37m2)の二つの研究室とコンピュータ室(29m2)を備え、最大250tの科学調査機器を積載可能なスペースを持つ。

船尾のAフレームクレーン(15t)の他、後部の作業甲板全体をカバーするクレーン(11t)と右舷舷側に観測機器を吊下可能な動揺補償クレーン(5.5t)を装備、前甲板にもポータブルクレーン(1t)を備える。また25,000ポンドの能力を持つウィンチを持ち、各種のサンプル採集器を運用可能である。

船歴編集

2016年6月に最初の国際調査の航海を行い、北大西洋のイルミンガー海に配置された海洋観測イニシアチブ(Ocean Observatories Initiative:OOI)の観測アレイを回収・配置した[2]

脚注編集

  1. ^ "R/V Neil Armstrong: One Small Step Will Mean Giant Leap for Navy’s Research Fleet", Office of Naval Research, 2014-3-30
  2. ^ "R/V Neil Armstrong in the North Atlantic"Woods Hole Oceanographic Institution(動画)

関連項目編集

外部リンク・参考文献編集