ニール号遭難事故

ニール号遭難事故 (にーるごうそうなんじこ) は、1874年 (明治7年) 3月20日未明にフランスの貨客船ニール号 (Le Nil) が、伊豆半島の入間沖で座礁し沈没、乗員乗客90名のうち生存は4名のみという事故[1]

フランス船ニール号の慰霊塔

事故の経緯編集

沈没まで編集

1873年 (明治6年) 5月から11月までオーストリアのウィーンで開催された万国博覧会には、日本政府が初めて公式に参加し、日本から浮世絵、漆器、仏像、陶磁器などの美術工芸品をはじめ、一般庶民が日常使用している生活用品まで数多くの品々が出品された[2]。博覧会終了後、出品物と現地で入手した品物は、フランス郵船会社の貨客船ニール号で日本へ運ばれた。ニール号は1864年建造でメッサージェリ・マリティム英語版社所属、全長104m、3本マストの鉄製帆船であった[3]

ニール号はフランスのマルセーユ港を1873年9月18日に出港、香港を経由して横浜港へ向った[4]。ところが1874年3月20日未明に足柄県豆州賀茂郡入間村 (現在の静岡県賀茂郡南伊豆町入間) 沖の白根という岩場にて、暴風雨の為座礁、沈没した[4]

ニール号の乗員乗客編集

ニール号には船長以下60人のフランス人乗員と、21人の中国人乗員、パン職人1人、乗客8人、計90人が乗っていた。この内、入間の海岸に泳ぎ着いた1人と、隣の妻良村海岸にボートで着いた3人の計4人だけが助かった[1]。助かったのは皆フランス人で、水夫2人、パン職人1人、乗客1人だった[5]

たった1人乗っていた日本人旅客は、京都の西陣織職工、吉田忠七であった[6]。彼は佐倉常七、井上伊兵衛と共にフランスのリヨンで織物技術を学び、佐倉と井上は先に帰国、吉田は後にニール号の船客となり、遭難した[7]

犠牲者のうちフランス人と中国人計31人は後に遺体が浜に打ち上げられ、入間の海蔵寺墓地に埋葬され十字架が建てられた[4]。生存者の保護と犠牲者遺体の収容に際しては、入間、妻良両村の住民がこれに当り、フランス公使が謝意を示した[8]。生存者保護の中心となったのが当時の入間村の外岡戸長であり、外岡家に伝わる『加美家沿革誌』に詳細が記されている[9]

情報の伝達編集

この事故は3月24日に入間村戸長外岡文平および妻良村戸長栗田甚七から足柄県権令柏木忠俊宛のそれぞれの文書で報告され、その日の内に柏木は内務省、外務省へ報告をした[5]。また3月28日には東京日日新聞で、翌3月29日にはフランスの新聞でも報じられた[9]

後日譚編集

ニール号に搭載されていた日本からの出品物とウィーンで購入した品は、大部分が海底に沈んでしまった。沈没した搭載品のうちわずかの品は回収され、内務省管轄の博物館 (現在の東京国立博物館) に収蔵された[10]

日本政府の博覧会事務局は1874年5月に舶来品の展示会を行ったが、当初の展示予定品の多くが海没したため、国内諸家が所蔵する舶来品等をこれに替えて陳列した[11]

ニール号の沈没で搭載品のほとんどが海に沈んだことを知ったイギリスのサウス・ケンジントン博物館 (現在のヴィクトリア&アルバート博物館) 館長フィリップ・クンリフ=オーウェンは、ヨーロッパの美術品を集めて1876年 (明治9年) に日本に寄贈し、内務省管轄の博物館に収蔵された[12]

同じく1876年の3月20日に、フランス公使館により遭難者31名の慰霊塔が海蔵寺墓地の一角に建立された[1]。碑にはフランス語で「À la mémoire des naufrages du Nil」(難破船ニール号を偲んで) と刻まれている[13]。1926年 (大正15年) 9月15日には当時の駐日フランス大使ポール・クローデルが入間村を訪れ、慰霊塔に墓参している[9]。この慰霊塔は1974年 (昭和49年) 5月9日の伊豆半島沖地震のために損傷を受けたが、1979年 (昭和54年) に復元された[4]

遭難から生還した4人のうちの1人であるフランス人パン職人ミッシェル・デンチシ (Michel Dentici) は、後に横浜居留地でパン屋を開業した[14]

海底調査編集

2004年5月、水中考古学者荒木伸介を中心に、ニール号学術調査団 (正式名称は伊豆西南海岸沖海底遺跡[沈船]調査研究会) が結成され、2007年まで継続的に海底調査が行われ、さらに2017年、2019年にも調査が行われた[3]。その間2005年には、ニール号沈没地点が静岡県の埋蔵文化財包蔵地として登録されている[15]

脚注編集

  1. ^ a b c ニール号の碑 2021年1月2日閲覧
  2. ^ 1873年ウィーン万博 2021年1月2日閲覧
  3. ^ a b ニール号調査手記2021年1月2日閲覧
  4. ^ a b c d 海蔵寺に立つ「ニール号の碑」横の解説文、2021年1月1日確認。
  5. ^ a b 仏国郵船ニール号足柄県下豆州入間村沖ニ於テ沈没ノ件 附同船ニ積載セシ博覧会事務局貨物引揚ノ件/分割1 19-24コマ=足柄県権令柏木忠俊「仏国郵船ニール号沈没に付上申書」明治7年3月28日。2020年1月14日閲覧。
  6. ^ 西陣の歴史 : 西陣職工の死 2021年1月2日閲覧
  7. ^ 佐倉常七「産業」 2021年1月2日閲覧
  8. ^ 仏国郵船ニール号足柄県下豆州入間村沖ニ於テ沈没ノ件 分割1 36-41コマ。2021年1月3日閲覧。
  9. ^ a b c ニール号破船 2021年1月5日閲覧。
  10. ^ 色絵金彩婦人図皿 2021年1月3日閲覧。
  11. ^ 博覧会事務局「舶来品陳列目録」明治7年5月21日より20日間東京山下門内博物館に於いて
  12. ^ サウス・ケンジントン博物館と日本 2021年1月2日閲覧。
  13. ^ 仏国郵船ニール号足柄県下豆州入間村沖ニ於テ沈没ノ件 分割1 45コマ。2021年1月14日閲覧。
  14. ^ 横浜開港資料館館報第12号 2021年1月2日閲覧。
  15. ^ 広報みなみいず No.542 2015.08 2021年1月2日閲覧。

関連項目編集