メインメニューを開く

ニーロ・セヴァネン (Niilo Sevänen1979年8月19日[1] - )は、フィンランドヘヴィメタルミュージシャンボーカリストベーシスト)。インソムニウムのボーカリスト兼ベーシストとして著名[2]

ニーロ・セヴァネン
Niilo Sevänen
Niilo Sevänen (Insomnium live in Bologna 2010).JPG
2010年、ボローニャでのライヴ
基本情報
生誕 (1979-08-19) 1979年8月19日(39歳)[1]
 フィンランド
トゥルク・ポリ州 トゥルク[1]
出身地  フィンランド 北カルヤラ州
北カルヤラ県 ヨエンスー郡
ヨエンスー[1]
学歴 トゥルク大学[1]
ジャンル メロディックデスメタル
職業 ボーカリスト
ベーシスト
作曲家
作詞家
担当楽器
ベース
活動期間 1994年 -
共同作業者 インソムニウム
ウォッチ・ミー・フォール
ストーンクロウ
ディスハーモニー
Paise
著名使用楽器
Mayones英語版 Be 5 Exotic

目次

略歴編集

1979年8月に、フィンランド南西の街・トゥルクで生まれる[1]。5歳の頃にフィンランド東部の街・ヨエンスーへと引っ越す[1]。子供の頃はサッカーテレビゲーム漫画冒険映画などを楽しむ一方で、父が大学文学を教える学者、母が司書であったことから、本に囲まれた子供時代を過ごした[1]。その一方で幼稚園の頃には、アイアン・メイデンの『明日なき戦い』のシャツを気に入っていた[1]。ただし、楽曲に関しては聴いたことがなかったと述べている[1]

ハードロック/ヘヴィメタルの楽曲に初めて触れたのは、7歳の頃にラジオ番組で聴いた、キッスW.A.S.P.の楽曲だった[1]。しかしながら、それから音楽への興味は失っていったという[1]。12歳の頃に、クイーンエアロスミスを聴いて、再び音楽への興味を持つようになった[1]。この時期によく聴いたアルバムとして、ニーロはメタリカの『メタリカ』、『ライド・ザ・ライトニング』、セパルトゥラの『ケイオスA.D.』を挙げている[1]1994年に、ニーロはタパニ・ペソネンと他の友人2名の計4名でバンド活動を始める[1]。この時点で、ニーロには楽器の経験がなかったが、タパニが既にギタードラムセットの演奏ができ、メタリカの楽曲を複数演奏できるほどであったため、ニーロがベースを担当することが決まる[1]。夏ごろには、バンド名をPaiseに決めている。このPaiseは、メタリカやニルヴァーナ、セパルトゥラといったヘヴィメタルバンドの楽曲や、フィンランドのパンク・ロックバンドの楽曲を演奏するコピーバンドであった[1]。オリジナル楽曲も書いていたが、パンクロックの楽曲が主であった[1]

その後、ニーロとタパニの高校進学を機にPaiseは解散。ニーロとタパニは、友人とディスハーモニーというバンドを結成する[1]。このバンドは、短期間でストーンクロウとバンド名を変更[1]1996年には、初めてレコーディング・スタジオデモテープの録音を行い、ミュージック・ビデオも作成した[1]。しかし、当時のボーカリストフィンランド語歌詞を書くようになり、ライトグランジを演奏していたバンドの音楽性は、ニーロやタパニの希望とは正反対の、ポップ・ロックへと変化していった[1]

 
セヴァネンとマルクス・ヴァンハラ (左)。ヴァッケン・オープン・エア(2012年)で撮影。

翌年に入って、同じ高校にヘヴィメタル好きの学生が居ることを知ったニーロは、春に行われる学校でのコンサートで演奏するためのバンドに2人を誘う[1]。この2人が、ヴィレ・フリマンマルクス・ヒルヴォネンである。結局、この春のコンサート自体はギターの調律の悪さと、ピアノの未熟さから芳しいものではなかった[1]。しかし、これがきっかけとなり、同年にメロディックデスメタルバンド、インソムニウムをこの4名で結成。インソムニウムは2001年キャンドルライト・レコードとの契約[注釈 1]を得て、以降も順調に活動を続けている。タパニは、翌1998年にバンドを離れてしまったものの、残りの3名は2015年現在でもバンドに在籍している。

また、インソムニウムの活動が軌道に乗り始める少し前の1999年に、トゥルク出身のメロディックデスメタルバンド、ウォッチ・ミー・フォールにボーカリストとして加入。同バンドは、2001年にKtokレコードから1stアルバム『Worn』をリリースしており、ニーロがボーカルを務めている。ただしこの後、ウォッチ・ミー・フォールは解散している。同バンドには、ギタリストヴィレ・ヴァンニが在籍しており、この縁から2000年に当時のギタリストが脱退したインソムニウムにヴィレが加入することになった[注釈 2]。ちなみに、ウォッチ・ミー・フォールには、後にヴィレ・ヴァンニが加入することになるヘイトフォームベーシストとして活動することになるヨニ・スオデンヤルヴィがボーカリストとして在籍していた。ただし、ヨニの在籍時期はニーロの加入より前のことであり、ニーロとヨニは活動を共にしたことはない。

学業面では、トゥルク大学文化史を専攻していた[1]。現在は、フィンランド南部のコトカ市在住で、バンド活動に加えて、同市の文化センターでプログラム・マネージャーとして働いている[1]

使用機材編集

インソムニウムで同僚のヴィレ・フリマンと共に、メイワンズ英語版とエンドーズ契約している[3]。同社の「Be 5 Exotic」を使っている。

ディスコグラフィ編集

インソムニウム編集

インソムニウム#ディスコグラフィを参照

ウォッチ・ミー・フォール編集

ゲスト参加編集

注釈編集

  1. ^ その後、2010年ごろにセンチュリー・メディア・レコードへと移籍している。
  2. ^ 2011年に外科医業への専念を理由にヴィレ・ヴァンニはインソムニウムを脱退。音楽活動から引退している。

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z http://www.insomnium.net/band/niilo-sevaenen-vocals-bass 2015年4月11日閲覧。
  2. ^ Niilo Sevänen Biography”. Metal Storm. 2015年4月11日閲覧。
  3. ^ http://www.mayones.com/en/artists_players 2015年4月11日閲覧。

外部リンク編集