メインメニューを開く

ネイサン・バーンズ

オーストラリアのサッカー選手

ネイサン・バーンズNathan Joel Burns, 1988年5月7日 - )は、オーストラリアニューサウスウェールズ州ブレイニー (Blayney出身[4]同国代表サッカー選手。登録ポジションはフォワード(FW)[5]

ネイサン・バーンズ Football pictogram.svg
Nathan Burns 2011 02.jpg
AEKアテネ所属時
名前
本名 Nathan Joel Burns
愛称 バーンズィ[1] (Burnsy[2][3])
ラテン文字 Nathan Burns
基本情報
国籍 オーストラリアの旗 オーストラリア
生年月日 (1988-05-07) 1988年5月7日(31歳)
出身地 ブレイニー
身長 173cm
体重 70kg
選手情報
在籍チーム ニュージーランドの旗 ウェリントン・フェニックスFC
ポジション FW (RWG) / MF
背番号 9
利き足 右足[1][3]
ユース
2003-2004 NSWスポーツ研究所
2005 パラマタ・イーグルス
2006 オーストラリア国立スポーツ研究所
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2006-2008 オーストラリアの旗 アデレード・ユナイテッド 35 (9)
2008-2012 ギリシャの旗 AEKアテネ 26 (1)
2009-2010 ギリシャの旗 ケルキラ (loan) 31 (8)
2012-2014 大韓民国の旗 仁川ユナイテッド 3 (0)
2013-2014 オーストラリアの旗 ニューカッスル・ジェッツ (loan) 12 (2)
2014-2015 ニュージーランドの旗 ウェリントン・フェニックス 24 (13)
2015-2017 日本の旗 FC東京 26 (3)
2017 日本の旗 サンフレッチェ広島 0 (0)
2018- ニュージーランドの旗 ウェリントン・フェニックス 15 (0)
代表歴2
2004-2005  オーストラリア U-17 6 (3)
2006-2008  オーストラリア U-20 11 (4)
2007-2008  オーストラリア U-23 12 (2)
2007-2017 オーストラリアの旗 オーストラリア 24 (3)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年5月13日現在。
2. 2017年11月15日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

来歴編集

6歳のときにサッカーを始める[1]。少年期の憧れはハリー・キューウェル[3]。ユース年代ではオーストラリア国立スポーツ研究所などに所属し、2005年にはU-17オーストラリア代表としてU-17世界選手権に出場した。2006年にAリーグアデレード・ユナイテッドFCでプロデビュー。2007年にはA代表に選出され、19歳にして国際Aマッチ出場を果たした。

2008年からはギリシャ・スーパーリーグAEKアテネFCへ移籍。UEFAヨーロッパリーグにも出場し充実した時間を過ごしたが、同国の経済危機により国外移籍を余儀なくされた[4]

2012年には韓国Kリーグ仁川ユナイテッドFCへ移籍[6]。スピード・技術に優れ、攻撃的ポジションの全てをこなせるアタッカーとして期待されたが[6]、負傷もあって振るわなかった。母国での出場機会を望み[7]、2013年にAリーグ・ニューカッスル・ジェッツFC期限付き移籍[8][7]

2014年に仁川との契約を打ち切り、Jリーグ移籍を模索したが[9]契約に至らず、同年夏からはウェリントン・フェニックスFCでプレー[10]。負傷によるスランプを克服し、鋭いドリブルを武器に[11]第8節のメルボルン・シティ戦ではクラブ史上初となる[12]Aリーグでのハットトリックを記録するなど[13]13得点を挙げた[11]。シーズン終了後には、選手間投票で2位以下に大差を付け、リーグ最優秀選手賞であるジョニー・ウォーレンメダルを受賞[14][5]。オーストラリア人としては2007-08のジョエル・グリフィス以来の受賞となった。また、2015年1月開催のAFCアジアカップにも出場し、オーストラリアの初優勝に貢献[5]

2015年7月、JリーグFC東京へ移籍[15][5]マッシモ・フィッカデンティ監督からは敏捷性と技術を評価され[16]2トップの一角として出場。同月25日の鹿島戦でJリーグ初得点、同年9月3日の2018 FIFAワールドカップ予選バングラデシュ戦で代表初得点を挙げた。同年末にはオーストラリア年間最優秀選手にノミネートされた[17]。クラブでは自身の突破力を活かしたカウンター[18]相手守備陣を警戒させ、攻撃を遅らせる働きで寄与[19]。好不調の波の大きさもあり[3]レギュラー定着は叶わなかった。2016年末にはUAE1部バニーヤースSCから高額オファーを受けたが、FC東京での先発奪取を望み、同クラブとの契約を更新した[20]

2017年シーズンは、元日本代表の大久保嘉人や昨年の得点王のピーター・ウタカの加入もあり、J1での出場機会が訪れず苦しいシーズンとなった[21]。同年6月23日にFC東京との契約が満了したことが発表された[22]。同年7月13日にサンフレッチェ広島へ移籍する事が発表された[23]

2018年より古巣であるウェリントン・フェニックスFCに完全移籍で復帰。

エピソード編集

  • 郷土料理ではチキンパルミジャーナ (enが好物[24]

所属クラブ編集

ユース経歴
プロ経歴

個人成績編集

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
オーストラリア リーグ戦 リーグ杯FFA杯 期間通算
2006-07 アデレード 15 Aリーグ 21[※ 1] 6 - - 21 6
2007-08 10 14 3 - - 14 3
ギリシャ リーグ戦 リーグ杯エラーダス杯 期間通算
2008-09 アテネ 20 スーパー 5 0 - 0 0 5 0
2009-10 ケルキラ 11 ベータ 31 8 - 2 0 33 8
2010-11 アテネ 24 スーパー 18[※ 1] 1 - 2 0 20 1
2011-12 3 0 - 1 0 4 0
韓国 リーグ戦 リーグ杯FA杯 期間通算
2012 仁川 11 Kリーグ 3 0 - 0 0 3 0
2013 34 0 0 - 0 0 0 0
オーストラリア リーグ戦 リーグ杯FFA杯 期間通算
2013-14 ニューカッスル 10 Aリーグ 12 2 - - 12 2
2014-15 ウェリントン 9 24[※ 1] 13 - 1 0 25 13
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2015 FC東京 16 J1 10 2 0 0 1 0 11 2
2016 16 1 3 0 0 0 19 1
2017 0 0 4 0 0 0 4 0
広島 20 0 0 0 0 0 0 0 0
通算 オーストラリア Aリーグ 71 24 - 1 0 72 24
ギリシャ スーパー 26 1 - 3 0 29 1
ギリシャ ベータ 31 8 - 2 0 33 8
韓国 Kリーグ 3 0 - 0 0 3 0
日本 J1 26 3 7 0 1 0 34 3
総通算 157 36 7 0 7 0 171 36
国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 期間通算
出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 期間通算
2016 F東23 16 J3 3 0 3 0
2017 3 0 3 0
通算 日本 J3 6 0 6 0
総通算 6 0 6 0
国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFCACL
2008 アデレード 10 6 0
UEFAUEFA EL
2010-11 アテネ 24 5[※ 2] 0
2011-12 4 1
AFCACL
2016 FC東京 16 5 1
通算 AFC 11 1
UEFA 9 1
総通算 20 2
  1. ^ a b c プレーオフを含む。
  2. ^ 予選を含む。

代表歴編集

 
U-23オーストラリア代表でのバーンズ

出場大会編集

試合数編集

国際Aマッチ 24試合 3得点 (2007年 - 2017年)


オーストラリア代表国際Aマッチ
出場得点
2007 1 0
2008 1 0
2010 2 0
2011 3 0
2015 11 1
2016 5 2
2017 1 0
通算 24 3

ゴール編集

# 開催年月日 開催地 対戦国 勝敗 試合概要
1. 2015年09月03日 オーストラリアパース   バングラデシュ ○5-0 2018 FIFAワールドカップ・アジア2次予選
2. 2016年03月24日 オーストラリア、アデレード   タジキスタン ○7-0
3.

タイトル編集

クラブ編集

アデレード・ユナイテッドFC
  • Aリーグ プレシーズン・チャレンジカップ (en:2回 (2007 , 2008)
AEKアテネFC

代表編集

オーストラリア代表

個人編集

脚注編集

  1. ^ a b c 『2016 J1&J2&J3選手名鑑 (サッカーダイジェスト)』日本スポーツ企画出版社、2016年、36頁。ISBN 978-4905411345
  2. ^ Nathan Burns is a super sub for Socceroos Western Advocate (2015年11月13日)(英語)
  3. ^ a b c d エル・ゴラッソ Jリーグ選手名鑑2017 J1・J2・J3』三栄書房、2017年、61頁。ASIN B01N27PFWG
  4. ^ a b Burns’ Greek connection still burns bright オーストラリアサッカー連盟 (2016年6月2日)(英語)
  5. ^ a b c d ネイサン バーンズ選手 加入のお知らせ FC東京 (2015年7月8日)
  6. ^ a b 인천UTD, 호주대표 공격수 네이슨 번즈 영입 仁川ユナイテッドFC (2012年1月26日) (朝鮮語)
  7. ^ a b 번즈 선수, 호주 A리그 뉴캐슬 제츠 임대 仁川ユナイテッドFC (2013年7月26日)(朝鮮語)
  8. ^ The Newcastle Jets are pleased to announce the signing of Nathan Burns on loan from K-League Club Incheon United. ニューカッスル・ジェッツFC (2013年7月25日)(英語)
  9. ^ a b 【甲府】元オーストラリア代表FWバーンズが練習参加”. 2014年5月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年7月4日閲覧。 スポーツ報知 (2014年5月22日)
  10. ^ Burns Set To Fire Up The Phoenix ウェリントン・フェニックスFC (2014年6月24日)(英語)
  11. ^ a b FC東京 豪代表FW獲り 速さと突破力武器27歳バーンズ スポーツニッポン (2015年7月2日)
  12. ^ Nathan Burns Berseragam FC Tokyo Musim Depan Tribun news (2015年7月6日) (英語)
  13. ^ Wellington Phoenix vs. Melbourne City 5 - 1 SOCCERWAY(英語)
  14. ^ Nathan Burns wins Johnny Warren Medal ウェリントン・フェニックスFC (2015年5月11日)(英語)
  15. ^ Burns Off To Tokyo ウェリントン・フェニックスFC (2015年7月3日)(英語)
  16. ^ サッカーダイジェスト No.1338』日本スポーツ企画出版社、2015年、72頁。
  17. ^ PFA Announces the Footballer of the Year Nominees Professional Footballers Australia (2015年12月10日)(英語)
  18. ^ 【予想スタメン】リオ五輪代表の室屋がJ1デビューへ…城福監督率いるFC東京、新井復帰の甲府と対戦 SOCCER KING (2016年7月8日)
  19. ^ FC東京は浮上できるのか? 監督交代後2連勝も結論は持ち越し (2/4) Sportiva (2016年8月8日)
  20. ^ UAE club fail in swoop for Aussie stars SBS (2016年12月9日)(英語)
  21. ^ 3人の元J1得点王の影に…J3で奮闘した豪代表FWバーンズ。「絶対諦めない」逆襲への決意フットボールチャンネル、2017年3月13日
  22. ^ ネイサン バーンズ選手 契約満了のお知らせFC東京公式、2017年6月23日
  23. ^ ネイサン・バーンズ選手 完全移籍加入のお知らせサンフレッチェ広島公式、2017年7月13日
  24. ^ F.C.TOKYO MAGAZINE BR TOKYO Vol.13』フロムワン、2015年、34頁。
  25. ^ Singapore vs. Australia 0 - 3 SOCCERWAY(英語)
  26. ^ Australia vs. Bangladesh 5 - 0 SOCCERWAY(英語)

関連項目編集

外部リンク編集