ネイサン・フェイク

ネイサン・フェイク

ネイサン・フェイク(Nathan Fake)は、イギリス在住の音楽プロデューサーである。エレクトロニカ系統のサウンドを作る。

Border CommunityリーダーのJames Holdenとインターネットで知り合い、Border Communityからデビューシングル、"Outhouse"をリリース。注目を集める。続くシングル"The Sky Was Pink"はハウス・テクノ・プログレッシブハウスなどジャンルの壁を越えた特大ヒットを記録し、特にHolden MixはTiestoErick Morillo等有名DJのミックスCDにも収録された。Holden Mixがあまりに有名になりすぎたため、NathanがOriginal LiveバージョンをプレイしてもクラウドにThe Sky Was Pinkと認識してもらえず、The Sky Was Pink!!コールが起きる事もあった。Traumからリリースされた作品では、クリック/テックハウス、アシッドハウスの要素が顕著な、よりダンサブルなスタイルを披露している。

ディスコグラフィー(一部)編集

アルバム編集

シングル編集

リミックス編集

  • Avus – "Real (Nathan Fake Remix)" – Border Community (2004)
  • Perc – "Closer (Nathan Fake Remix)" – Premier Sounds (2004)
  • DJ Remy – "Scrambled (Nathan Fake Remix)" – Additive Records (2004)
  • Steve Lawler – "Out at Night (Nathan's Night In)" – Subversive Records (2004)
  • Tiefschwarz – "Isst (Nathan Fake Remix)" – Fine Records (2005)
  • Shocking Pinks – "Dressed To Please (Nathan Fake Remix)" – DFA Records (2008)
  • Vincent Oliver – "Cluods in The Haeds (Nathan Fake Remix)" – Lo Recordings (2008)
  • Grasscut – "Muppet (Nathan Fake Remix)" – Ninja Tune (2010)
  • Jon Hopkins – "Wire (Nathan Fake Remix)" – Double Six Recordings (2010)
  • Walls – "Gaberdine" – Kompakt (2010)
  • PVT – "Light Up Bright Fires (Nathan Fake Remix)" – Warp Records (2010)
  • Radiohead – "Morning Mr Magpie (Nathan Fake RMX)" (2011)
  • Neon Jung - "Delirium Tremens (Nathan Fake Remix)" - Magic Wire Recordings (2012)
  • Clark - Growls Garden (Nathan Fake Remix) - Warp Records (2013)

コンピレーション編集

  • Numb Chance (2006) – Elektronische Musik: Interkontinental 5 – Traum Schallplatten

コラボレーション編集

  • "Lava Flow" (collaboration with Milky Globe) (2006) – LoEB

Nathan Fakeが日本でライブプレイをしたクラブ編集

外部リンク編集