メインメニューを開く

ネイザン・イースト[1]Nathan East1955年12月8日 - )は、アメリカ合衆国ベーシストジャズフュージョンをメインに活動している。今までにジョージ・ハリスンフィル・コリンズスティーヴィー・ワンダーエリック・クラプトン[2]多数の著名アーティストと共演している。

ネイザン・イースト
Nathan East
NathanEast2.jpg
ネイザン・イースト(2005年)
基本情報
出生名 Nathan Harrell East
生誕 (1955-12-08) 1955年12月8日(64歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ペンシルベニア州フィラデルフィア
ジャンル ジャズ
フュージョン
職業 ベーシスト
歌手
担当楽器 エレクトリックベース
エレクトリック・アップライト・ベース
ボーカル
共同作業者 フォープレイ
エリック・クラプトン
TOTO
小田和正
公式サイト nathaneast.com
著名使用楽器
ヤマハ・BB-NE2

経歴編集

父・トーマスと母・グウェンドリンの7番目の子供としてペンシルベニア州フィラデルフィアに生まれ、4歳の時カリフォルニア州サンディエゴに引っ越す。中学生の時、学校のオーケストラチェロを弾き始めるが、14歳の時に兄のデイヴィッドの影響でベースに切り替え、地域の教会で演奏をする。

10代後半より、スタジオ・ミュージシャンとして活躍し始め、ジョージ・ベンソン[3]ジョー・サンプルらと共演する。ジャズ・フュージョン系のミュージシャンとの共演のほか、エリック・クラプトンや、フィル・コリンズ(大ヒット曲「イージー・ラヴァー」の作者の一人でもある)、アニタ・ベイカーダフト・パンクらのポップスロック系のミュージシャンのバンドのレギュラーメンバーとしても活動している。

1990年、ボブ・ジェームスのアルバム『グランド・ピアノ・キャニオン』にて、リー・リトナーハーヴィー・メイソンと揃ってセッションを行い意気投合し、フォープレイを結成。1991年セルフタイトルアルバムを発表した。その後も継続的にアルバムを発表し、ソロ活動と並行してレギュラーグループとしての活動を続けている。

2010年、TOTOマイク・ポーカロ支援ツアーにマイクの代役として参加。2013年からのTOTO結成35周年ツアーではバンドの正式メンバーとして参加(2014年春の日本ツアーまで)。

2013年、ベーシストとして参加したダフト・パンクのアルバム『ランダム・アクセス・メモリーズ』が、第56回グラミー賞において、年間最優秀アルバム賞を受賞。ナイル・ロジャースファレル・ウィリアムスとも共演し、世界32ヶ国でチャート1位を獲得したダフト・パンクのシングル「ゲット・ラッキー」は、年間最優秀レコード賞を受賞。

2014年、ネイザンはエリック・クラプトン、スティーヴィー・ワンダー、サラ・パレリス、マイケル・マクドナルドレイ・パーカー・ジュニアデヴィッド・ペイチ (TOTO)らを招き、自らの名前を冠したキャリア40年目にして初のソロ・アルバム『ネイザン・イースト』を発表。同アルバムは、第57回グラミー賞「ベスト・コンテンポラリー・インストルメンタル」にノミネートされた。

2015年、ネイザンは同じくフォープレイのメンバーとして活躍するボブ・ジェームスと初のデュエット・アルバム『ザ・ニュー・クール』を発表。

2017年、ネイザンは盟友のエリック・クラプトン、フィル・コリンズ、EW&F(ヴァーディン・ホワイト、フィリップ・ベイリー、ラルフ・ジョンソン)、チャック・ローブチック・コリア、ヨランダ・アダムス、カーク・ウェイラムニッキ・ヤノフスキーらが参加した、ソロ2作目となるアルバム『レヴェランス』を発表。同アルバムは日米ビルボードのジャズ・アルバム・チャートでそれぞれ初登場第1位を獲得。

人物編集

ベースのほか、スキャットを特長としたボーカリストとしての才覚も発揮している。

使用ベースは、自身のシグネイチャーモデルであるヤマハBB-NE2の6弦タイプ。”世界各国の国旗”があしらわれ、「ワールドベース (the World Bass)」という愛称をつけ使用しているほか、フェンダーフォデラなどのベースを使用。

茶目っ気のある人物で、クリニックなどでは余興でロープマジックを披露している。また、日本での活動の際には「寧山 東」の名刺を配ることがある。

社交的で人懐っこい性格で、英国のライブで一緒になった初対面の矢沢永吉にも気さくに話しかけた。

ディスコグラフィ編集

ソロ・アルバム編集

  • 『ネイザン・イースト』 - Nathan East (2014年)
  • 『ザ・ニュー・クール』 - The New Cool (2015年) ※with ボブ・ジェームス
  • 『レヴェランス』 - Reverence (2017年)

フォープレイ編集

  • 『フォープレイ』 - Fourplay (1991年)
  • 『ビトゥイーン・ザ・シーツ』 - Between the Sheets (1993年)
  • 『エリクシール』 - Elixir (1995年)
  • 『ベスト・オブ・フォープレイ』 - The Best of Fourplay (1997年)
  • 『④』 - 4 (1998年)
  • 『スノーバウンド』 - Snowbound (1999年)
  • 『イエス、プリーズ!』 - Yes, Please! (2000年)
  • 『ハートフェルト』 - Heartfelt (2002年)
  • 『ジャーニー』 - Journey (2004年)
  • 『X』 - X (2006年)
  • ‎エナジー』 - Energy (2008年)
  • レッツ・タッチ・ザ・スカイ』 - Let's Touch the Sky (2010年)
  • エスプリ・ドゥ・フォー』 - Esprit De Four (2012年)
  • 『シルヴァー』 - Silver (2015年)

脚注編集

  1. ^ ネーザン・イースト」「ネイサン・イースト」「ネーサン・イースト」の表記もある。
  2. ^ http://nathaneast.com/biography/
  3. ^ http://nathaneast.com/.../nathan-east-bass-guitar-magazine-uk-intervi...

関連項目編集

外部リンク編集