ネイスミス・トロフィー

ネイスミス・トロフィーNaismith Trophy)は、男子バスケットボールの国際大会であるFIBAバスケットボール・ワールドカップの優勝国に贈られるトロフィーである。トロフィーはバスケットボール発案者ジェームズ・ネイスミスに因む。

初めてトロフィーが贈呈されたのは1967年大会

1998年大会よりトロフィーを更新。二代目のトロフィーはドイツの金細工職人が製造したもので、デザインは当時のFIBA事務総長レナト・ウィリアム・ジョーンズが長旅に出た際に閃いた[1]。なお、初代トロフィーはスペインFIBA殿堂ペドロ・フェランデスの財団に寄贈されている[2]

2019年大会より三代目が使用される予定。三代目のトロフィーは2019年大会予選組み合わせ抽選会で披露。高さは60cmで金メッキでできている。

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ Naismith Trophy Unites Five Continents” (英語). FIBA.com. 2010年9月7日閲覧。
  2. ^ Ancient Egypt in basketball” (英語). egyptology.blogspot.com (2006年1月17日). 2010年9月8日閲覧。

外部リンク編集