メインメニューを開く

ネイティブ・サン(NATIVE SON)は、1960年代のセッションメンバーで、キーボード奏者本田竹広と, サックス奏者峰厚介を中心に、1978年3月結成された、日本のフュージョンバンドである。

目次

概要編集

1970年から1980年代後半にかけて、日本ではフュージョンブーム全盛期を迎え、「ネイティブ・サン」もそのひとつであった。「ネイティブ・サン」も日本全国各地でコンサート活動を行い、その経験によって収録されたのが、デビューアルバム「ネイティブ・サン」である。

若々しい吹っ切れたパワーと、シンプルながらも心温まるメロディーラインは、米国のチャートにもランキングされ、本場でも折り紙つきであった。(SUPER BEST ライナーノーツより)

このバンドの代表曲として、「スーパーサファリ」・「ウィンドサーフィン」は1980年代から2000年代にかけて日本のテレビ・ラジオ局のBGMとして採用されている。

なお、米国で活躍している「ネイティブ・サン」とは無関係である。

メンバー編集

サポートメンバー編集

アルバム編集

  • NATIVE SON (JVC)
  • サバンナ・ホットライン - SAVANNA HOT-LINE (JVC) 1979年
  • コースト・トゥ・コースト (ニューヨーク「ボトムライン」で収録された2枚組ライヴ・アルバム)
  • シャイニング(LP:VIJ-28016)
  • ガンボ
  • RESORT
  • CARNIVAL~Live at Montreux
  • DAYBREAK
  • VEER
  • TAKEHIRO HONDA AND NATIVE SON 名義, アグンチャ - AGUNCHA (Polydor) 1987年
  • ネイティブ・サン・スーパーベスト(CD:VDP-84)
  • AQUA MARINE (Native Son Best)

参考文献編集

1984年に発売された、「ネイティブ・サン・SUPER BEST」のライナーノーツより転載。

外部リンク編集