メインメニューを開く

ネオバラエティ(Neo Variety)とは、毎週月曜日から木曜日テレビ朝日系列で放送されているバラエティ番組枠の名称。通称「ネオバラ」。

概要編集

創設から編集

1992年4月から1993年9月まで放送された帯ドラマ枠『ネオドラマ』を編成上引き継ぐことから名づけられた。1993年10月4日、『お茶とUN』の開始と同時に枠開設。当初の放送時間は23:25 - 23:55で、『ニュースステーション』放送終了後から『トゥナイト』を放送する間のつなぎ番組枠として、番組を実験的に試す枠だった[要出典]

2000年4月、『ニュースステーション』の終了時刻繰り上げに伴い45分枠になる。2002年4月からは『トゥナイト2』終了などの改編を行い、55分枠に拡大[1]。2009年10月からは5分拡大し23:15 - 翌0:15[2]となり、2018年10月からは『報道ステーション』の拡大により5分繰り下げとなった。

2002年4月に『トゥナイト2』が終了したことに伴い、実質的な姉妹枠とも言える「ネオネオバラエティ」を開始。また、2005年4月からは「ネオバラエティ第3部」と「ネオバラエティ第4部」を開始し、これらの枠で好評だった番組がそれぞれの上位に当たる枠に昇格されることも多かった。2009年10月、帯番組の『お願い!ランキング』の放送開始に伴い「ネオネオバラエティ」以降の枠が廃止された。ただし、翌1時以降は枠名称を外した上で引き続きバラエティ番組が編成されている。

2012年4月の改編により、翌1:21からの旧「第4部」に当たる前半枠と、翌1:51からの後半枠を総称して「ネオバラ2」という枠名称になった。

ローカルセールス枠からネットワークセールス枠へ編集

2009年9月まで全編ローカルセールス枠だった関係上、一部の地域では時差ネットを行うほか、放送開始時刻・CMを放映する時間も曜日によって異なり、ノンスポンサーでの放送が行われる地域も存在したが、2009年10月からはネットワークセールス枠(当初は前半で、現在は後半のみ全局共通CM。ネオバラと同時間ながら別枠の「金曜ナイトドラマ」も同様である)へ変更し[3]、同じくして同時ネットに昇格する局も増えた[4]

2011年1月3日、過去のネオバラエティ枠で放送された番組の再放送が初めて放送された。再放送された番組は、『ナイナイナ』、『ぷらちなロンドンブーツ』、『銭形金太郎』など。

2011年10月、大幅な改編が行われ、木曜日の『アメトーーク!』を除く3番組が終了または枠移動となった[5]。月曜日の『雑学王』は終了、火曜日の『『ぷっ』すま』は土曜 0:50(金曜深夜)へ移動、水曜日の『シルシルミシル』も終了して日曜日の『シルシルミシルさんデー』に一本化された(この番組のゴールデンへの一本化後、2014年9月に番組終了)。替わって月曜日には『ストライクTV』(2014年3月終了)、火曜日は『白黒ジャッジバラエティ 中居正広の怪しい噂の集まる図書館』(2017年4月に月曜 20:00 - 20:54枠に移動、2019年3月終了)、水曜日は『マツコ&有吉の怒り新党』(2017年3月終了)が放送されることになった。

2017年4月・10月には、木曜日以外が終了または枠移動(火曜日は2回・月曜日と水曜日は1回ずつ)となった。

2019年4月には、月曜日と火曜日がプライムタイムから枠移動した番組となった。

なお、各在京テレビ局でも月曜 - 木曜(局によって平日)の23時台から翌0時台にかけて29 - 59分程度の曜日別帯バラエティ番組枠が編成されている。

系列 レーベル名 放送時間(日本時間 前身番組 セールス 備考
月曜・火曜 水曜・木曜 金曜
日本テレビ系列[6] プラチナイト 月曜 - 木曜 23:59 - 翌0:54(55分)
土曜 0:30 - 0:59(29分)
バリューナイト ローカル[7] ネットワーク ローカル 水曜日は中京テレビ制作。
木曜日は読売テレビ制作の『木曜ドラマF』。
土曜日(金曜日深夜)のみ一部地域は除く。
TBS系列 テッペン! 月曜 - 木曜 23:56 - 翌0:55(59分) 吉崎金門海峡 ローカル (放送無し) 一部地域は遅れネットまたは未ネット。
テレビ東京系列 ソコアゲ★ナイト 火曜・水曜・金曜 0:12 - 1:00(48分)
木曜・土曜 0:12 - 0:52(40分)
バラエティ7 ローカル 火曜(月曜深夜)と土曜(金曜深夜)は一部地域を除く。
木曜(水曜深夜)は『ドラマホリック!』。
土曜(金曜深夜)は『ドラマ24』。
フジテレビ系列[8] COOL TV 月曜・水曜 - 金曜 23:00 - 23:40(40分)
火曜 23:00 - 23:30(30分)
バラパラ ネットワーク 火曜のみ関西テレビ制作。

現在の番組編集

曜日 番組名 MC 放送開始日 備考
月曜日 かみひとえ ココリコ遠藤章造田中直樹)、博多華丸・大吉博多華丸博多大吉)、
三谷紬(テレビ朝日アナウンサー)
2019年7月1日 ネオバラ3(水曜枠)から昇格。
火曜日 ロンドンハーツ 田村淳ロンドンブーツ1号2号 2019年4月2日 金曜21時台から移動。
水曜日 家事ヤロウ!!! バカリズム中丸雄一カズレーザーメイプル超合金 2019年10月2日 木曜0時20分枠から移動。
木曜日 アメトーーク! 蛍原徹雨上がり決死隊 2006年10月12日 ネオネオバラエティから昇格。

番組の変遷編集

放送期間 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日
1993年10月 - 1994年03月 お茶とUN タブロイドTV 福ぶくろ KISS×KISS
1994年04月 - 1994年06月 リングの魂
1994年07月 - 1994年09月 ダチョ〜ン倶楽部 竹中直人の恋のバカンス
1994年10月 - 1994年12月 ノーメイク
1995年01月 - 1995年03月 マカデココ
1995年04月 - 1995年09月 USO チャンネル99 ぱふぉぱふぉ
1995年10月 - 1996年03月 パー!スリー 走れ!GET
1996年04月 - 1997年03月 所様はタコ Q99

Q99II
爆走!ポンチーズ 上岡龍太郎の金印
1997年04月 - 1997年09月 所さんの
これアリなんじゃないの!?
ナイナイナ 龍ノ福耳 らぶ衛門
1997年10月 - 1998年09月 パパパパPUFFY ぷらちなロンドンブーツ
1998年10月 - 1999年03月 『ぷっ』すま
1999年04月 - 2000年03月 ココリコA級伝説 『ぷっ』すま
2000年04月 - 2001年03月 おネプ!
2001年04月 - 2002年03月 ちゃんネプ

ちゃんネプ 恋するウフフ…
2002年04月 - 2002年09月 Matthew's Best Hit TV

Matthew's Best Hit TV+
2002年10月 - 2004年09月 内村プロデュース 銭形金太郎
2004年10月 - 2005年09月 Qさま!!
2005年10月 - 2006年09月 くりぃむナントカ オーラの泉
2006年10月 - 2007年03月 アメトーーク!
2007年04月 - 2007年09月 すくいず!
2007年10月 - 2007年12月 クイズ雑学王
2008年01月 - 2008年03月 ナニコレ珍百景
2008年04月 - 2008年09月 お試しかっ!
2008年10月 - 2010年03月 シルシルミシル
2010年04月 - 2011年09月 雑学王
2011年10月 - 2014年03月 ストライクTV 中居正広の怪しい噂の
集まる図書館

中居正広のミになる図書館
マツコ&有吉の怒り新党
2014年04月 - 2016年03月 ビートたけしのTVタックル
2016年04月 - 2017年03月 橋下×羽鳥の新番組(仮)

橋下×羽鳥の番組
2017年04月 - 2017年09月 陸海空 こんな時間に地球征服するなんて マツコ&有吉 かりそめ天国
2017年10月 - 2019年03月 激レアさんを連れてきた。 ソノサキ〜知りたい見たいを大追跡!〜
2019年04月 - 2019年06月 陸海空 こんなところでヤバイバル ロンドンハーツ
2019年07月 - 2019年09月 かみひとえ
2019年10月 - 家事ヤロウ!!!

特別番組編集

かつては12月中旬、8月下旬、4月上旬の改編期に、後続の「ネオネオバラエティ」と合同で放送時間を拡大して放送した(85分・90分)。「ネオバラ」、「ネオネオ」が1週間ずつ交互に放送したが、2006年以降は改編期でも通常放送される様になり、拡大版としては2007年春に前者の70分版を放送した程度である。

2006年4月からは『月バラ!』にてスペシャル版で放送される番組もあった。その中で『Qさま!!』は何度かゴールデンタイムに進出して高い視聴率を記録したことから、2006年10月から正式に月曜20時に昇格した。

過去の「ネオバラエティ」枠の番組では、『ぷらちなロンドンブーツ』、『パパパパPUFFY』、『おネプ!』、『内村プロデュース』等がゴールデンタイムで放送されている。

ネオバラ祭り編集

2009年10月第1週目から開始。ネオバラエティ枠で放送されている各番組が、19:00からの3時間と通常のネオバラエティ枠の2部構成で計4時間の番組を4日間連続で放送するというものである。これにより、初めて「ネオバラ」の名称が番宣CMや番組表等の公の場に使われている。

第1弾編集

  • 2009年10月5日『お試しかっ! ゴールデンでまたまた3時間!人気ファミレスと人気餃子店の人気メニューBEST10を全部当てないと家に帰れま10 限界まで食べ続けろSP』
  • 2009年10月6日『超『ぷっ』すま 人気者だらけの3時間!秋の大豊作SP!!』
  • 2009年10月7日『シルシルミシル 強力版すごく調べましたSP』
  • 2009年10月8日『アメトーーーーーーク 秋のイケてる家電芸人エガポイント還元SP』

2010年1月2日には「新春ネオバラ祭り」と題し、9:00 - 14:55まで約6時間に渡り2009年10月のネオバラ祭りを再編集したものが放送された[9]

第2弾編集

  • 2010年3月29日『お試しかっ! ついにゴールデンでスタート!人気焼肉店と人気宅配ピザの人気メニューBEST10を全部当てないと家に帰れま10 関ジャニ∞もまさかの参加で限界まで食べ続けろSP』
  • 2010年3月30日『超『ぷっ』すま!! 春の京都!!芸能人&食通が教える超穴場グルメ人気No.1&超有名企業のウラ側すべて見せますSP!!』
  • 2010年3月31日『シルシルミシル最強版 とっても調べましたSP!』
  • 2010年4月1日『アメトーーーーーーク 家電芸人×町工場芸人アキシャルポンプSP』

『お試しかっ!』はこの回よりゴールデンタイムでのレギュラー放送を開始。当日のネオバラエティ枠は「番外編」扱いとなっている。

第3弾編集

  • 2010年10月4日『雑学王 芸能界最強No.1決定戦』
  • 2010年10月5日『草彅剛のためになるっ?バラエティ 3時間SP』
  • 2010年10月6日『シルシルミシル最強版 すごく調べました3時間SP』
  • 2010年10月7日『アメトーーーーーーク 超イケてない汗と涙としっかりゴリラSP』

10月5日は『『ぷっ』すま』に代わり、草彅剛司会の特別番組を放送した。

ネオバラレジェンド編集

2011年1月3日放送。過去17年のネオバラエティ枠(ネオネオ以降は含まない)で放送された番組の中から名場面を再編集し、ニュースを挟む形での二部構成で放送を行った(字幕放送有り)[10]

2012年1月3日 - 5日の3日間の深夜には下記の3番組の新作が放送された。

ゴールデンタイム・プライムタイムに昇格した番組編集

かつてこの枠からゴールデンタイムに昇格した番組は、深夜枠ならではの過激な企画や「ゆるさ」が受け入れられず、視聴率が低迷、企画の変更や打ち切られることも多くあり、「ゴールデン降格」と皮肉られることもあった(もっとも、この状況は当レーベルに限らず各局の深夜番組で見られた)[11]。しかし『Qさま!!』や『黄金伝説』などテコ入れに成功した番組なども少なくない。また最近では『クイズ雑学王』『ナニコレ珍百景』のように、当初からゴールデン・プライムタイム移動を前提に制作された番組も存在しており、実際にゴールデンに進出した後も番組フォーマットをほぼ変更せずに放送されているものもある(これらはフジテレビJOCX-TV2バラパラでも見られた)。

その一方、『『ぷっ』すま』や『アメトーーク』は制作スタッフおよび視聴者からゴールデン進出を反対されて[要出典]深夜に留まっていた。2010年代後半以降はゴールデン進出→打ち切り後、深夜枠に移動して復活する番組も多くなるなど、比較的柔軟な編成が取られている。なお、2000年代後半以降のネオバラ枠の番組は全て、最低1回ゴールデンタイムに進出してのスペシャル番組を放送している。

2019年10月現在放送中の番組
過去に放送されていた番組

その他の枠移動編集

当枠から他枠へ編集

他枠から当枠へ編集

兄弟枠から編集

その他から編集

放送時間編集

放送期間 放送時間(JST 備考
1993年10月 - 2000年3月 月曜 - 木曜 23:25 - 23:55(30分)
2000年04月 - 2001年9月 月曜 - 木曜 23:09 - 23:54(45分) 『ニュースステーション』フライングスタート編成による終了時間11分繰り上げに伴い放送時間拡大。
2001年10月 - 2002年3月 月曜 - 木曜 23:15 - 翌0:00(45分) 世界の車窓から』の時間変更と21時台のフライングスタート編成廃止に伴い、6分繰り下がる。
2002年04月 - 2009年9月 月曜 - 木曜 23:15 - 翌0:10(55分) 『トゥナイト2』終了などの深夜枠再編に伴い10分拡大、ここまではローカルセールス枠。
2009年10月 - 2018年9月 月曜 - 木曜 23:15 - 翌0:15(60分) 5分拡大、これよりネットワークセールス枠に移行。
2018年10月 - 2019年9月 月曜 - 木曜 23:20 - 翌0:20(60分) 報道ステーション』終了時間繰り下げに伴い、5分繰り下げ。
2019年10月 - 月曜 - 木曜 23:15 - 翌0:15(60分) 5分繰り上げ。

(8月の『熱闘甲子園』放送日は30分繰り下げ[13]

ネット局編集

テレビ朝日系列フルネット局)23局が全曜日同時ネット(朝日放送テレビは同時間帯ローカル枠の為全曜日時差ネット)。

放送対象地域 放送局 放送日時 遅れ
関東広域圏 テレビ朝日(EX) 月 - 木曜 23:15 - 翌0:15 制作局
北海道 北海道テレビ(HTB) 同時ネット
青森県 青森朝日放送(ABA)
岩手県 岩手朝日テレビ(IAT)
宮城県 東日本放送(KHB)
秋田県 秋田朝日放送(AAB)
山形県 山形テレビ(YTS)
福島県 福島放送(KFB)
長野県 長野朝日放送(abn)
新潟県 新潟テレビ21(UX)
静岡県 静岡朝日テレビ(SATV)
石川県 北陸朝日放送(HAB)
中京広域圏 メ〜テレ (NBN)
広島県 広島ホームテレビ(HOME)
山口県 山口朝日放送(yab)
香川県・岡山県 瀬戸内海放送(KSB)
愛媛県 愛媛朝日テレビ(eat)
福岡県 九州朝日放送(KBC)
長崎県 長崎文化放送(NCC)
熊本県 熊本朝日放送(KAB)
大分県 大分朝日放送(OAB)
鹿児島県 鹿児島放送(KKB)
沖縄県 琉球朝日放送(QAB)
近畿広域圏 朝日放送テレビ(ABC)[14] 火 - 金曜 0:30 - 1:32
(月 - 木曜深夜)
1時間15分遅れ
  • 北海道テレビは、自社制作のバラエティ番組『水曜どうでしょう』の新作が不定期に放送される際のみ、後続枠で放送されている同番組の再放送と時間帯を交換する。このため、『水曜どうでしょう』の放送期間中の水曜日のみ30分の繰り下げ放送となる。また、2019年3月18日~22日は開局50周年記念作品チャンネルはそのまま!を放送する関係で全曜日で繰り下げ放送になった[15]

特別編成編集

  • 毎年8月の『熱闘甲子園』(朝日放送→朝日放送テレビ・テレビ朝日共同制作)が放送される時期は、30分繰り下げ放送になる(ただし全試合中止の場合は30分繰り上げ通常と同じ編成)。
  • 1990年代、大相撲期間中は『大相撲ダイジェスト』を放送し、本枠のバラエティ番組は休止する編成をとっていたが、1999年5月夏場所より『大相撲ダイジェスト』を挟み30分繰り下げ放送(23:55 - 翌0:25)、45分時代は30分に短縮し(23:09 - 23:39 → 23:15 - 23:45) 、当枠の後に『大相撲ダイジェスト』を放送した。大相撲の開催期間は、『ニュースステーション』が3分短縮するために『トゥナイト(1994年4月から『トゥナイト2』)』以降の番組が3分早まっていたが、1995年4月改編を期に解消された。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 実際の放映時間は23時17分15秒から翌0時07分10秒(かつては翌0時07分30秒だった)まで。『オーラの泉』のみ翌0時08分40秒終了だった。
  2. ^ 実際の放送時間は23時17分15秒から翌0時12分10秒まで。なお、2016年10月から直前の告知時間が縮小したのに伴い、開始時刻が23時17分20秒に変更。また、2018年10月から開始時刻が5分繰り下げとなったが、『アメトーーク!』のみ開始時刻が23時20分00秒に変更。その後、2019年4月から、全曜日で開始時刻が23時20分00秒に統一された。
  3. ^ 日刊合同通信 2009年8月6日(木) 第54巻 第13172号
  4. ^ ただし、朝日放送→朝日放送テレビは唯一引き続き当該枠で「ナイトinナイト」(金曜日の『探偵!ナイトスクープ』も含む)を編成する都合上、ネットワークセールスのまま、時差放送となっている(『全英女子オープンゴルフ』や『世界水泳選手権』、『オリンピック』等中継が実施される場合はその兼ね合いにより「ナイトinナイト」を休止して同時ネットにする場合が有ったが、2010年代以降はスポーツ中継がある場合でも「ナイトinナイト」を優先することが多く、別の日に遅れネットもしくは休止となり未放送・ネット返上となることがある)。
  5. ^ 爆笑問題、中居正広、マツコ&有吉・・・この秋テレ朝の"ネオバラ枠"が生まれ変わる! Archived 2012年11月11日, at the Wayback Machine. WEBザ・テレビジョン 2011年9月12日
  6. ^ テレビ大分テレビ宮崎を含む。
  7. ^ 番組自体はネットワーク。
  8. ^ テレビ大分、テレビ宮崎は除く。
  9. ^ 朝日放送(当時)広島ホームテレビでは未放送。
  10. ^ 広島ホームテレビ愛媛朝日テレビでは未放送。
  11. ^ 2010年代以降は、ゴールデンタイムにスポーツ中継や単発の特別番組が編成されることが増えており、深夜時代より放送回数が大幅に減少する事象も発生している。
  12. ^ あいつ今何してる?』との合同放送。
  13. ^ 2016年は、『リオデジャネイロオリンピックハイライト』放送のため40分繰り下げ
  14. ^ 2018年3月までは、同年4月1日の認定放送持株会社移行に伴う商号変更並びに分社化前のため、朝日放送。
  15. ^ 月曜日・火曜日・木曜日は55分遅れ、水曜日は相棒season17最終回スペシャル放送のため70分遅れでの放送。

関連項目編集

23時台編集

テレビ朝日 月曜 - 木曜23:09 - 23:15枠
前番組 番組名 次番組
ニュースステーション
※22:00 - 23:20
【6分繰り上げ、5分短縮して継続】
ネオバラエティ
(2000年3月27日 - 2001年9月27日)
ニュースステーション
※21:54 - 23:10
【1分拡大して継続】
世界の車窓から
※23:10 - 23:15
【82分繰り下げ、1分短縮して継続】
テレビ朝日 月曜 - 木曜23:15 - 23:20枠
ニュースステーション
※月曜 - 金曜22:00 - 23:20
【6分繰り上げ、5分短縮して継続】
ネオバラエティ
(2000年3月27日 - 2018年9月25日)
月曜・火曜 - 世界の車窓から
水曜 - 白の美術館
木曜 - あなたの駅前物語
【5分繰り下げ】
月曜・火曜 - 世界の車窓から
水曜 - 白の美術館
木曜 - あなたの駅前物語
【5分繰り上げて継続】
ネオバラエティ
(2019年9月30日 - )
-
テレビ朝日 月曜 - 木曜23:20 - 23:25枠
あしたまにあ〜な
【34分(金曜版は44分)繰り下げて継続】
ネオバラエティ
(2000年3月27日 - )
-
テレビ朝日 月曜 - 木曜23:25 - 23:54枠
ネオドラマ
※23:25 - 23:55
ネオバラエティ
(1993年10月4日 - )
-
テレビ朝日 月曜 - 木曜23:54 - 23:55枠
ネオドラマ
※23:25 - 23:55
ネオバラエティ
(1993年10月4日 - 2000年3月23日)
あしたまにあ〜な(月曜 - 木曜版)
※23:54 - 23:59
【34分繰り下げて継続】
あしたまにあ〜な(月曜 - 木曜版)
※23:54 - 23:59
【6分繰り下げて継続】
ネオバラエティ
(2001年10月1日 - )
-
テレビ朝日 月曜 - 木曜23:55 - 翌0:00枠
あしたまにあ〜な(月曜 - 木曜版)
※23:54 - 23:59
【6分繰り下げて継続】
トゥナイト2
※23:59 - 翌0:54
【7分繰り下げて継続】
ネオバラエティ
(2001年10月1日 - )
-

0時台編集

テレビ朝日 火曜 - 金曜0:00 - 0:10
前番組 番組名 次番組
あしたまにあ〜な(月曜 - 木曜版)
※0:00 - 0:06
【10分繰り下げて継続】
トゥナイト2
※0:06 - 1:01
ネオバラエティ
(2002年4月1日 - )
-
テレビ朝日 火曜 - 金曜0:10 - 0:15
ネオバラエティ
(2009年10月5日 - )
-
テレビ朝日 火曜 - 金曜0:15 - 0:20
火曜 - 爆問ファンド マネーの成功グラフ
水曜 - 10万円でできるかな
木曜 - イッテンモノ!
金曜 - 夜の巷を徘徊する
※0:15 - 0:45
【水曜・金曜は5分繰り下げて継続】
ネオバラエティ
(2018年10月2日 - 2019年9月27日)
火曜 - しくじり先生 俺みたいになるな!!
水曜 - バナナマンのドライブスリー
木曜 - すじがねファンです!
金曜 - 夜の巷を徘徊する
※0:15 - 0:45
【木曜以外は5分繰り上げて継続】