ナクトホルエブ

ネクタネボ2世から転送されました)

ナクトホルエブ英語:Nectanebo II,在位:紀元前360年 - 342年)は、古代エジプト第30王朝最後のファラオかつ最後のエジプト人のファラオ。ネクタネボ2世という別名がある。

ナクトホルエブ
ナクトホルエブ
ナクトホルエブ
古代エジプトファラオ
統治期間 紀元前360年 - 342年,エジプト第30王朝
前王 テオス
次王 -
Tjahapimu(ジャハピム?)
出生 紀元前380年
死去 紀元前340年?
テンプレートを表示

概要編集

 
ネクタネボ2世を守護するラー・ホルアクティ像

彼の統治期間のうち、数年間ネクタネボ2世はエジプトアケメネス朝ペルシア帝国の侵攻から守った。しかし、彼の同盟相手であるロードス島の領主に裏切られた。そして、ペルシウムの戦い(紀元前343年)でペルシャ軍とギリシャ軍の同盟軍に最終的に敗北してしまった。ペルシャ人メンフィスを占領し、その後エジプトの残りを占領し、アルタクセルクセス3世の下でアケメネス朝ペルシア帝国に古代エジプトの王朝を支配されることとなった。それは、古代エジプトの純粋な民族(エジプト文明の担い手であった民族)の、自らによるエジプトの地域の支配の終焉を意味した。そののち、ネクタネボは南のナイル川上流地域(ヌビア地域)へ逃げ、しばらくの間彼の力を維持した。しかし、彼のその後の消息は不明であり、死亡年ははっきりとしていない。

生涯編集

 
ネクタネボ2世のオベリスク

先々代のエジプトのファラオや先代のファラオテオス、跡を継いだ帝国[1]。「エジプトのナポレオン」とも言われた外征って地域[2]のペルシア排除に成功した[3]。しかし甥ナクトホルエブの王位あったナクトホルエブナクトホルエブが即位。

しかし、そうして王位を手にしたにも拘わらず、ナクトホルエブはテオスの治世中にレテヌ一帯の地域に於ける勢力を喪失していた。当時、最早地方総督と同等の権力であり、またテオス時代の一時的な優位は帝国[4]であり、ナクトホエルブが即位したときには、既に古代エジプトのファラオは主権を失った君主であった。内乱時のペルシア王混乱していた、再統一しなければその間エジプト帝国アルタクセルクセス3世のペルシア帝国の勢力下にあった諸地域帝国のため、益々ペルシア帝国の勢いはそがれる結果と成り、ナクトホルエブ帝国ペルシア帝国。

しかし国内の混乱を治めたペルシア王古代となってしまったのである。紀元前343年、アルタクセルクセス3世が行った。ペルシウムで敗北したナクトホルエブはペルシアの南のその時点で王国した。しかし、それは、ヌビアナクトホルエブの一派のヌビア砂漠においてったという。

また、ネクタネボ2世は、ネクタタボ1世よりも数多くの神殿の修復や増築を行った(後述)。

業績編集

 
ナクトホルエブの金貨

ナクトホルエブの下で、古代エジプトは繁栄の時期を迎えた。彼の治世中に、エジプトの芸術家はプトレマイオス朝のレリーフに独特の印を残した様式を生み出した。彼の間接的な前任者であるネクタネボ1世と同様に、ネクタネボ2世は古代エジプトの宗教における神々の多くに熱意を示し、100を超えるエジプトの遺跡を築いた。しかし、ナクトホルエブでネクタネボ2世は、特に巨大なエジプトのイシス神殿(イセウム)をはじめ、ネクタネボ1世よりも多くの建造物や修復工事を行ったことでも知られる。

脚注編集

  1. ^ アケメネス朝
  2. ^ その当時ペルシア王の支配下にあった
  3. ^ テオスの治世は、エジプト人ファラオがペルシア帝国に対して優位に立つことに成功した最後の例となった
  4. ^ アケメネス朝