ネコのミヌース (映画)

ネコのミヌース』(Minoes)は、2001年オランダ映画。オランダの童話作家アニー・M・G・シュミット英語版の同名童話の映画化。人間の少女になったネコの活躍を描くファンタジー作品。

ネコのミヌース
Minoes
監督 フィンセント・バル
脚本 タマラ・ボス
バーニー・ボス
フィンセント・バル
製作 バーニー・ボス
製作総指揮 ミヒール・デ・ローイ
ヤン・ルルフス
出演者 カリス・ファン・ハウテン
テオ・マーセン
音楽 ペーター・フェルメールス
撮影 ウォルター・ヴァン・デン・エンデ
編集 ペーター・アルデルリーステン
公開 オランダの旗 2001年12月6日
日本の旗 2004年3月27日
上映時間 83分
製作国 オランダの旗 オランダ
言語 オランダ語
テンプレートを表示

概要編集

ヨーロッパで特に高い人気を誇る童話作家アニー・M・G・シュミット英語版が1970年に発表した童話の映画化で、本国オランダでは劇場動員数100万人を記録した。世界各国の映画祭で上映され、多数の賞を受賞している。日本国内でも、キンダー・フィルム・フェスティバル (東京)など、各地で順次公開された。東京都知事推薦作品、平成16年度青少年育成国民会議推薦作品に選定されている。

ストーリー編集

小さな町の新聞記者ティベは、気弱な性格からいつも取材が上手く行かず、編集長から特ダネ記事を書かないとクビにすると告げられてしまう。そんなティベの前に、ミヌースという1人の女の子が現れた。おかしな仕草をする彼女の正体は実はネコで、偶然遭遇した怪しげな薬剤の影響で人間の姿に変身したのだった。ティベは彼女の正体に気付かないまま家に置いてやり、彼女が仲間のネコたちとのネットワークを通じて得たスクープを記事にして手柄をたてていく。

ある日、ミヌースは仲間のネコから町の名士であるエレメートがニシン売りをひき逃げしたことを聞かされる。ティベはそのことを早速記事にするが、エレメートを疑うものはなく、逆に信頼を損なったティベはとうとう新聞社をクビにされてしまう。

エレメートは町の動物好きとして知られ、今度動物友の会から表彰されることが決まったほどだが、本性はネコを捨てたり暴行したりする大のネコ嫌いだそうだ。ミヌースと仲間のネコたちは、エレメートをやっつけるために立ち上がった。

キャスト編集

※括弧内は日本語吹替

主な受賞編集

  • オランダ映画祭
最優秀作品賞
最優秀女優賞
  • 2002年 モントリオール国際子供映画祭
最優秀作品賞
  • シカゴ国際子供映画祭
最優秀国際映画部門・子供審査員賞

外部リンク編集