メインメニューを開く

ネコノトピアネコノマニア

ネコノトピアネコノマニア』は、NHK制作の「ニューウェーブ・ドラマシリーズ」で1990年5月2日に放送されたスペシャルドラマである。主演は工藤夕貴。萩原健一[1]が路上で猫や犬を売る役で出演している。萩原と岸田今日子の共演は「傷だらけの天使」を連想させる。

キャッチコピーは、『さわぐだけさわいで死ぬだけさ!! おまえらなんかずーっと生きてろ。私、死んだら猫になる』。

あらすじ編集

頼子は登校拒否を続ける高校生。深夜に家を抜け出ては駅の掲示板に「猫」の名前を使って誰に宛てるでもなくメッセージを書きなぐっていた。ある夜、深夜の校庭でひとり走る少年、菅野と出会う。彼は家出をし動物の売買をする男、上田と暮らしていた。上田もまた妻子を捨てて家出し、競馬に狂っているダメ中年である。どこにも行き場のない3人はやがて寄り添うように共同生活をはじめる。社会の隙間は、彼らにとっての安住の地であったのだ。だが、その安らぎにも終わりの時はやってきた…。

キャスト編集

スタッフ編集

受賞歴編集

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集