ネズミ講

ウィキメディアの曖昧さ回避ページ

ネズミ講(ねずみこう)とは、後に無限連鎖講と呼ばれることとなった連鎖配当組織のことである。ネズミ講の「ネズミ」はねずみ算式に増幅することの例えで、「」自体に悪い意味はあまりない。現在の日本では、無限連鎖講の防止に関する法律によって該当するものを罰則を持って禁止している。

また、投資を運用せず自転車操業的に配当に回してしまう点が共通するポンジ・スキームを指して言うこともある。階層状の組織を形成する特徴からピラミッドスキームとも言われる。

なお、特定商取引法で規制されている連鎖販売取引及びそれらに類似したものの総称として用いる場合もある。

国内の代表的な事件編集

名称 被害者数 被害額 摘発/破綻時期
天下一家の会 112万人 1900億円 1980年
国利民福の会 1万人 36億円 1988年
グランドキャピタル 3000人 100億円 2002年
クインアッシュ事件 4000人 25億6千万円 2011年2月28日
年金たまご(ライフ・アップ) 4万8000人 約110億円 2011年11月30日