ネダー古希: Νέδα, Nedā)は、ギリシア神話の女神あるいはニュムペーである。長音を省略してネダとも表記される。メッセニア地方ないしアルカディアー地方に住み、幼いゼウスを養育したと伝えられる。

プラタニア英語版近くのネダー川の滝。

神話編集

ヘレニズム期の詩人カッリマコスによると、ネダーはオーケアノステーテュースの娘オーケアノスの1人で、ステュクスピリュラーに次いで3番目に生まれた。またネダーはゼウスが生まれたときレアーから幼児を受け取り、クレータ島に運んだ[1]。メッセニア地方ではネダーはイトーメーとともにゼウスを養育したと伝えられている。その後、ネダーはメッセニア地方とエーリス地方の境界を流れるネダー川の名前の由来となり、イトーメーは都市メッセーネー英語版アクロポリスがあるイトーメー山の名前の由来となった[2]。アルカディアー地方の都市リュコスーラ英語版でも、テイソアー、ハグノーとともにゼウスを養育したニュムペーの1人に数えられ、ネダーは川の名前、ハグノーはリュカイオン山英語版山中の泉の名前の由来になったという[3]

メガロポリス英語版デーメーテール神殿には、アルカディアー地方のニュムペーを浮彫した机があり、その中でネダーは幼いゼウスを抱き、アントラキアは松明を、ハグノーは水汲み壺と杯を、アンキロエーとミュルトーエッサは水汲み壺を持った姿で彫刻されていた[4]テゲアーアテーナー・アレアー神殿の祭壇でも、ゼウスを抱くオイノエーや、グラウケー、テイソアー、アントラキア、イーデー、ハグノー、アルキノエー、プリクサとともに、ネダーの姿が浮彫されていた[5]

脚注編集

  1. ^ カッリマコス『ゼウス讃歌』34行-38行。
  2. ^ パウサニアース、4巻33・1。
  3. ^ パウサニアース、8巻38・3。
  4. ^ パウサニアース、8巻31・4。
  5. ^ パウサニアース、8巻47・3。

参考文献編集