ネフェルイタチェネン

ネフェルイタチェネン(Neferitatjanen)は、 古代エジプト第12王朝の王であるアメンエムハト1世の妻であり、センウセレト1世とその妻ネフェル3世の母[1]。ネフェルイタチェネンの関係は彼女の息子の小像に記録されていた。

彼女は「王の母」(mwt-niswt)という称号を持っている。

彼女は紀元前20世紀に存命していたが、誕生日、結婚日、没日は分かっていない。

出典編集

  1. ^ Tyldesley, Joyce『古代エジプト女王・王妃歴代誌』創元社、2008年、87-89頁。ISBN 9784422215198

参考文献編集

  • Dodson; Hilton (2004). The Complete Royal Families of Ancient Egypt. ISBN 978-0500051283 
  • Grajetzki, Wolfram (2005). Ancient Egyptian Queens: A hieroglyphic Dictionary. ISBN 978-0954721893 

関連項目編集

外部リンク編集