メインメニューを開く
チェコ国鉄
路線番号191
路線総延長24 km
軌間1,435 mm
最高速度50 km/h

ネポムク~ブラトナー線チェコ語: Železniční trať Nepomuk–Blatná)は、チェコ国鉄の鉄道線の名称である。路線番号は191

1899年、帝立王立国有鉄道の路線として開業した。

目次

運行形態編集

定期列車編集

全て各駅停車。全線通しは、平日一日7往復(金曜日のみ8往復)、休日一日4往復の運行。日中は概ね4時間間隔となる。ネポムクでは、190号線特急のプルゼニ方面またはブルノ方面のいずれかと接続するケースが多い。

臨時列車編集

  • 「南チェコ蒸気の夏」イベント列車
    蒸気機関車。夏に年2日、ブラトナー - ネポムク間に一日1往復の運行。フラヂシチェ、カセヨヴィツェ停留所、ジヴォチツェを除く各駅に停車する。ネポムク行には「黒い男爵」、ブラトナー行には「聖ヤン」の愛称がつけられている。

駅一覧編集

以下では、チェコ国鉄191号線の駅と営業キロ、停車列車、接続路線などを一覧表で示す。なお、全て各駅停車である。

路線名 駅名 駅間営業キロ 累計営業キロ 接続路線 所在地
191 ブラトナー駅 - 0.0 203号線 南ボヘミア州 ストラコニツェ郡
トホルジョヴィツェ駅 5.0 5.0  
ルナールジェ駅 1.6 6.6  
フラヂシチェ・ウ・ブラトネー駅 1.5 8.1  
カセヨヴィツェ駅 2.6 10.7   プルゼニ州 南プルゼニ郡
カセヨヴィツェ停留所 2.9 13.6  
ジヴォチツェ駅 1.4 15.0  
コトウニ駅 2.6 17.6  
ジェルヴィツェ駅 3.1 20.7  
トルジェブチツェ駅 2.1 22.8  
ネポムク駅 1.6 24.2 190号線