メインメニューを開く

ネヴァービート (: Never Beat) はイギリス競走馬半兄1962年セントレジャーステークス優勝馬ヘザーセットがいる良血馬で、種牡馬として日本に輸出され成功を収めた。半弟のボールドアンドブレーヴも種牡馬として日本に輸出されている。

ネヴァービート
品種 サラブレッド
性別
毛色 栃栗毛
生誕 1960年
死没 1985年9月24日
  (25歳没・旧26歳)
Never Say Die
Bride Elect
生国 イギリスの旗 イギリス
競走成績
生涯成績 10戦1勝
獲得賞金 402ポンド
テンプレートを表示

来歴編集

競走成績は、2・3歳時に10戦1勝。重賞では入着級と、競走馬としては大成できなかったが、良血が買われて1963年、種牡馬として日本に輸入されることとなった。

翌年から種牡馬としての供用が開始され、初年度産駒からいきなりマーチスルピナスと2頭のクラシック馬を生み出した。その後も、コンスタントに優秀な産駒を輩出し、「ネヴァーセイダイ系ブーム」の火付け役となり[1]1970年1972年1977年リーディングサイアーに輝いた。ブルードメアサイアーとしても、メジロラモーヌサクラユタカオー等の活躍馬を送り出すなど、優れた成績を残しており、1984年1986年1988年のリーディグブルードメアサイアーとなっている。後継種牡馬には恵まれなかったが、現在は牝系に入ってその血を伝え、高い影響力を保っている。

1982年に種牡馬を引退し、浦河町荻伏牧場で余生を送っていたが、1985年に老衰のため死亡した。

代表産駒編集

母の父としての代表産駒編集

血統表編集

ネヴァービート血統ナスルーラ系 / Nearco 3×3=25%、Blandford 5×4×5=12.50%、The Tetrarch 5×5=6.25%) (血統表の出典)

Never Say Die
1951 栗毛
父の父
Nasrullah
1940 鹿毛
Nearco Pharos
Nogara
Mumtaz Begum Blenheim
Mumtaz Mahal
父の母
Singing Grass
1944 栗毛
War Admiral Man o'War
Brushup
Boreale Vatout
Galaday

Bride Elect
1952 黒鹿毛
Big Game
1939 鹿毛
Bahram Blandford
Friar's Daughter
Myrobella Tetratema
Dolabella
母の母
Netherton Maid
1944 黒鹿毛
Nearco Pharos
Nogara
Phase Windsor Lad
Lost Soul F-No.21-a
近親

脚注編集

  1. ^ サラブレッド101頭の死に方1 p102より

参考文献編集

外部リンク編集