ネーデルラント室内管弦楽団

ネーデルラント室内管弦楽団またはオランダ室内管弦楽団:Nederlands Kamerorkest)は、オランダアムステルダムを本拠地とする室内オーケストラである。

1955年シモン・ゴールドベルクを中心として設立。1985年にアムステルダム・フィルハーモニー管弦楽団(Amsterdams Philharmonisch Orkest)・ユトレヒト交響楽団(Utrechts Symfonie Orkest)と合併し、ネーデルラント・フィルハーモニー管弦楽団となるが、ネーデルラント室内管弦楽団の名称で引き続き活動を行っている。

コンサート活動が中心だが、ネーデルラント・フィルとともにネーデルラント・オペラのピットに多く入る楽団である。 主要な指揮者として、ゴールドベルク、デイヴィッド・ジンマンアントニ・ロス=マルバらが務め、合併後はネーデルランド・フィルと兼任でヘルムート・ヘンヒェンが首席指揮者を務めた。2003年から同じく兼任でヤコフ・クライツベルクが首席指揮者に就任した。2011年にクライツベルクが病没したため、2011/12年のシーズンからマルク・アルブレヒトが就任している。またフィリップ・アントルモンが客演指揮者を務めている。

主なレコーディングは、レオポルト・ハーガー指揮・ジャン=ジャック・カントロフあるいはユリア・フィッシャーの独奏によるモーツァルトヴァイオリン協奏曲全集、ゴールドベルクの独奏でJ・S・バッハのヴァイオリン協奏曲集、ジンマン指揮でJ・C・バッハシンフォニア集などがある。

外部リンク編集