メインメニューを開く

ノア・セス・シンダーガードNoah Seth Syndergaard, 1992年8月29日 - )は、アメリカ合衆国テキサス州タラント郡マンスフィールド英語版出身のプロ野球選手投手)。右投左打。MLBニューヨーク・メッツに所属。

ノア・シンダーガード
Noah Syndergaard
ニューヨーク・メッツ #34
Cyclones vs SI Yankees 2018-07-08 td 15 - 1st Inning.jpg
A-級サイクロンズ時代
(2018年7月8日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 テキサス州タラント郡マンスフィールド英語版
生年月日 (1992-08-29) 1992年8月29日(27歳)
身長
体重
6' 6" =約198.1 cm
240 lb =約108.9 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 投手
プロ入り 2010年 MLBドラフト1巡目追補(全体38位)でトロント・ブルージェイズから指名
初出場 2015年5月12日
年俸 $6,000,000(2019年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ニックネームは、アメリカン・コミックのスーパーヒーローの「Thorソー)」。長髪に伸ばした姿が似ていることにちなんでいる。また、日本では度々雷神と称される。

生い立ち編集

テキサス州タラント郡マンスフィールド英語版で生まれ育った。14歳にして身長180cm・体重80kgの巨体で運動神経も悪くなく、高校1年生の時点で129km/hの速球を投げることができた。しかし、鈍臭く、よく額にたんこぶを作っていた為、家族からBumpy(たんこぶ)と呼ばれ、自分に自信のない青年だった。 スポーツチームにおいても、アメフトではより身体の大きな少年達に吹き飛ばされることに怯え、野球ではチームメイトからからかわれていた。

1年生が終わると転校し、2年生の夏休みから自分を変えるためにトレーニングジムに通い始めた。家系もあってか一気に肉体改造に成功し、3年生の初めには190cm・86kgの肉体を誇っており、速球も130km/h台前半に達していた。ただ州選抜に選ばれることはなく、プロのスカウトが来ることもほとんどなかった。それでも春リーグでは球速が150km/hになるまで成長し、トロント・ブルージェイズのスティーブ・ミラーを筆頭とするスカウト陣の目に留まった。[2]

経歴編集

プロ入りとブルージェイズ傘下時代編集

2010年MLBドラフト1巡目追補(全体38位)でトロント・ブルージェイズから指名され、プロ入り[3]。この年は傘下のルーキー級ガルフ・コーストリーグ・ブルージェイズで5試合に登板。

2011年アパラチアンリーグのルーキー級ブルーフィールド・ブルージェイズ英語版で7試合に登板し、4勝0敗・防御率1.41。A-級バンクーバー・カナディアンズに昇格、4試合に登板し、1勝2敗・防御率2.00だった。その後、A級ランシング・ラグナッツで2試合に登板し、0勝0敗・防御率2.00を記録。

2012年、『MLB.com』の有望株ランキングでは95位にランクされた[4]。このシーズンもA級ランシングでプレーし、27試合に登板。8勝5敗・防御率2.60を記録した。

メッツ時代編集

2012年12月17日R.A.ディッキージョシュ・トーリーマイク・ニッカース英語版とのトレードで、トラビス・ダーノージョン・バックウィルマー・ベセラと共にニューヨーク・メッツへ移籍した[5]

2013年は傘下のA+級セントルーシー・メッツで12試合に登板し、3勝3敗・防御率3.11だった。6月にAA級ビンガムトン・メッツへ昇格。AA級ビンガムトンでは11試合に登板し、6勝1敗・防御率3.00だった[6]。また、同年のオールスター・フューチャーズゲームにも選出された[7]

2014年はAAA級ラスベガス・フィフティワンズで開幕を迎え、26試合に登板して9勝7敗・防御率4.60・145奪三振を記録した[8]

2015年もAAA級ラスベガスで開幕を迎え、5試合に登板して3勝0敗・防御率1.82の成績を残し[9]、5月9日にメジャー初昇格を果たした。メジャー初登板の12日のシカゴ・カブス戦では5回1/3回を3失点で敗戦投手となった。しかし、以後は先発ローテーションの一角に定着し、最終的には24試合に先発登板。安定感あるピッチングを披露し、9勝7敗・防御率3.24・150.0回で166奪三振(奪三振率10.0)という素晴らしい成績を残した。ポストシーズンでも、1試合のリリーフ登板を含む4試合に投げ、防御率3.32・2勝1敗という成績を記録。三振奪取能力の面でも、19.0回で26三振を奪い(率12.3)、チームのリーグ優勝・15年ぶりとなるワールドシリーズ出場に多大な貢献をした。また、レギュラーシーズンではバッティングでも大暴れし、5月27日フィラデルフィア・フィリーズ戦では3打数3安打1本塁打4打点を記録している[10]

2016年5月11日のロサンゼルス・ドジャース戦で相手先発の前田健太から2本塁打。投手が1試合に2本塁打を放ったのは2007年のマイカ・オーウィングス以来[11]。シーズン通算では初の二桁勝利となる14勝(9敗)・防御率2.60(リーグ3位)・218奪三振(同4位タイ)の好成績を挙げた。サンフランシスコ・ジャイアンツとのワイルドカードゲームではマディソン・バンガーナーと投げ合い7回2被安打無失点と好投したが、味方の援護を得られず降板。チームは9回に決勝点を奪われ敗退した。

2017年は開幕投手を務めた。4月30日のナショナルズ戦で1回1/3を投げて5失点と打ち込まれ、さらにこの試合で広背筋を痛めた可能性があるとして緊急降板。MRI検査の結果、右広背筋の部分断裂が認められ、DL入りとなった。[12]。当初はオールスターゲーム明けでの復帰が期待されていたが、復帰登板は9月23日にまでずれ込んだ。この試合で1回を投げ、無失点に抑えた。怪我によりシーズンの大半を棒に振り、シーズン成績は7先発で1勝2敗・防御率2.78とだった。

2017年8月6日放送のドラマシリーズ「ゲーム・オブ・スローンズ」のシーズン7第4話「戦利品」にカメオ出演した[13]

2018年も開幕投手を務めた。右手人差し指の靭帯を負傷して、5月29日に故障者リスト入り。7月12日に復帰するも、同22日には手足口病により再びDL入りした[14]。8月1日に復帰。9月2日のサンフランシスコ・ジャイアンツ戦では自身初の完投を記録。シーズン最終戦のマイアミ・マーリンズ戦でも完投勝利を挙げた。最終成績は25先発で13勝4敗・防御率3.03だったが、リーグ最多の32盗塁を許した。

投球スタイル編集

長身からオーバースローで投げ下ろす、平均97-98mph(約156-158km/h)・最速101.4mph[15](約163.2km/h)の速球フォーシームシンカー)を操るなど、先発投手であるにもかかわらずMLB全体でもトップクラスの球速を誇る。また、キャリア通算の与四球率が2.00であるなど制球も悪くない[16]変化球では縦に割れる平均81mph(約130km/h)カーブが一級品[17]で、平均89mph(約143km/h)チェンジアップも投げ分ける。2016年から平均90-91mph(約145-146km/h)のスライダーを加え[18]、代わりにカーブの割合が減少した。

人物編集

ウエイトトレーニングを趣味としており、スクワットで206kg、デッドリフトで232kgを上げることができる[19]。隆々とした筋肉と長い金髪の風貌から、「Thor(ソー)」と呼ばれている[20]。母親は飼っているオーストラリアン・シェパードに「Thor」と名付けている。この母がシェーグレン症候群を患っていることもあり、シェーグレン症候群財団のためにグローブをオークションに掛けたこともある[21]

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
2015 NYM 24 24 0 0 0 9 7 0 0 .563 603 150.0 126 19 31 2 3 166 6 0 60 54 3.24 1.05
2016 31 30 0 0 0 14 9 0 1 .609 744 183.2 168 11 43 2 2 218 10 1 61 53 2.60 1.15
2017 7 7 0 0 0 1 2 0 0 .333 124 30.1 29 0 3 1 1 34 3 0 14 10 2.97 1.05
2018 25 25 2 1 1 13 4 0 0 .765 644 154.1 148 9 39 2 7 155 2 0 55 52 3.03 1.21
MLB:4年 87 86 2 1 1 37 22 0 1 .627 2115 518.1 471 39 116 7 13 573 21 1 190 169 2.93 1.13
  • 2018年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

獲得タイトル・表彰・記録編集

背番号編集

  • 34 (2015年 - )

脚注編集

  1. ^ Noah Syndergaard Contract, Salary Cap Details & Breakdowns” (英語). Spotrac.com. 2016年5月9日閲覧。
  2. ^ Reiter, Ben. “Synderella: The transformation of Noah Syndergaard”. SI.com. 2019年9月2日閲覧。
  3. ^ McKinney's Matt Lipka and Zach Lee, Mansfield Legacy's Noah Syndergaard picked on day one in MLB draft”. dallasnews.com. 2014年12月12日閲覧。
  4. ^ “2012 Prospect Watch”. オリジナルの2012年4月5日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120405224521/http://mlb.mlb.com/mlb/prospects/watch/y2012/index.jsp?tcid=mm_mlb_news 2012年4月19日閲覧。 
  5. ^ Toronto Blue Jays acquire R.A. Dickey”. MLB.com Blue Jays Press Release (2012年12月18日). 2014年12月21日閲覧。
  6. ^ Kevin T. Czerwinski (2013年9月8日). “Mets have another pitching weapon in minors”. USA Today. http://www.usatoday.com/story/sports/mlb/mets/2013/09/08/next-weapon-in-mets-arms-buildup/2782243/ 2013年9月25日閲覧。 
  7. ^ Anthony DiComo (2013年7月14日). “Syndergaard, Montero put up zeros as Futures starters”. オリジナルの2013年9月28日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130928052514/http://mlb.mlb.com/news/article.jsp?ymd=20130714&content_id=53794518&vkey=news_nym&c_id=nym 2013年9月25日閲覧。 
  8. ^ Mets won't call up Noah Syndergaard this year; pitcher tweets disappointment”. NJ.com. 2014年12月12日閲覧。
  9. ^ Mets’ Syndergaard is on epic tear — and he has Matz to thank - New York Post”. New York Post (2015年5月9日). 2015年5月17日閲覧。
  10. ^ May 27, PHI VS NYM - Baseball-Reference.com (英語) . 2015年12月18日閲覧。
  11. ^ 剛腕投手がマエケン討ち!2発で全打点活躍「コローンに触発された」 スポーツニッポン 2016年5月12日
  12. ^ メッツのエース、シンダーガードがDL入り 日刊スポーツ 2017年12月20日
  13. ^ Rosen, Christopher (2017年8月6日). “Game of Thrones: Noah Syndergaard cameo revealed”. Entertainment Weekly. 2017年8月7日閲覧。
  14. ^ “MLB=メッツのシンダーガード、手足口病で故障者リスト入り”. Reuters. (2018年7月23日). https://jp.reuters.com/article/baseball-mlb-nyy-nym-idJPKBN1KD03I 
  15. ^ Noah Syndergaard PITCHf/x”. Fangraphs.com. 2016年4月28日閲覧。
  16. ^ 「2015 PROSPECT TOP20」『月刊スラッガー』2015年5月号 日本スポーツ企画出版社 50頁
  17. ^ 「全30チーム未来予想図 ニューヨーク・メッツ」『月刊スラッガー』2014年3・4月合併号 日本スポーツ企画出版社 43頁
  18. ^ Noah Syndergaard Pitch Type”. Fangraphs.com. 2016年4月28日閲覧。
  19. ^ Harper, John. “NY Mets' Noah Syndergaard could follow path of Matt Harvey to become next pitching phenom”. nydailynews.com. 2019年9月2日閲覧。
  20. ^ How Noah Syndergaard got his ‘Thor’ nickname”. New York Post. 2014年3月4日閲覧。
  21. ^ Sjögren's Syndrome Foundation”. www.sjogrens.org. 2019年9月2日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集