ノイズミュージック

音楽のジャンル

ノイズミュージック(Noise music)は、音楽の一ジャンルである。実験音楽、前衛音楽、フリー・ジャズ、アンダーグラウンドなロック音楽の一部が、ノイズ音楽に含まれると見られている。

概要編集

いわゆる音楽的常識からは音楽と見なされないものを演奏または録音し、楽曲を構成していく音楽。その名前自体がこのジャンルの特徴を簡潔に言い表しており、リズムや旋律は原則として内包せず、また重要ではない。ノイズ芸術自体は、1910年代をルーツとしている[1]

詳細編集

演奏や作曲の手法によって規定されるジャンルではなく、個々のアーティスト・作品によって様々な演奏や作曲手法が試行錯誤されている。

ノイズ・ミュージック制作のためにはエフェクト・ペダルやシンセサイザー等の楽器のみならず、本来楽器では無い電化製品、「ドラム缶」や鉄板などの金属、雪や石などの自然物、洗濯板、カセットテープ、ターンテーブル、自作楽器、マイク、電話機、環境音、他人の録音物他ありとあらゆるものが用いられた。奏法や作曲についても現代音楽や実験音楽、サウンド・アート、ダダ[2]、フルクサス、シュール・レアリズム[3]、インダストリアル、フリー・ジャズ[4]、オルタナティヴ・ロックやパンク・ロックの手法を引用するなどしてあらゆるアイデアが試された。また、アートの視覚面・パフォーマンス面でもノイズ・イメージの表現のために様々な試行錯誤が行われてきた。

未来派編集

イタリアの未来派芸術家ルイージ・ルッソロは1913年3月11日、論文『騒音芸術(L'arte dei rumori)』を発表し、世に問うた。

"工場,駅,大船,飛行機といったさまざまな機械装置から生み出される音から出発して、ルッソロは騒音の芸術という思想を提示することになる。1913年3月、ルッソロは『騒音の芸術」という宣言を発表し、新たな音楽のあり方を基礎づけようとする。ルッソロが主張するのは「音楽の否定」であると同時に、未来派にふさわしい仕方による音楽の創造である。彼はまず、同時代の生活においてあらわれてきた機の騒音について取り上げる。「古代の生活はすべて沈黙であった。19世紀に、機械の発明にともなって騒音は生まれた。今日では騒音は勝利をおさめ、人類の感性を支配統治している」。これまでの人類の生活では、雷や大雨などの天変地異のほかには大きな騒音がなかったけれども、機械化や工業化が進むにつれて、人類はいつでも騒音に取り囲まれるようになった。他方でルッソロは音楽の歴史について、音楽がより複雑なポリフォニーとより多様な音色へと向かってきていることを論じる。 ハーモニーのない和音の激しさには耐えられなかっただろう(中略)。しかし私たちの耳はそうした和音を楽しんでいる。というのも私たちの耳はすでに、変化に富んで騒音に満ちあふれた現代生活へとしつけられているからである」(AN,24)。現代の私たちは、工業機械の騒音にすっかり包囲されてしまっているので、ベートーヴェンの《英雄》や《田園》の音を聞き直すよりも,路面電車,自動車のエンジン,騒々しい群衆が出しているような新たなタイプの音に向かうべきだというわけである。「私たちは楽音(sound)というかぎられた範囲を打ち破らればならない。そして、無限の多様性を有するような楽音としての騒音(noise-sound)を獲得せねばならないのだ」(AN,25)。こうしてルッソロは、騒音がもつ固有の美を掲り出していく[5]

ルッソロは実演用に「騒音」を出せる特製の楽器イントナルモーリを発明し、実作した。実物は第二次世界大戦で焼失したが、音色の記録は残っており今でも聴くことができる。

 
ルッソロの制作したイントナルモーリ。


現代音楽編集

ルッソロが予言してから40年後、現代音楽の作曲家もアイブズやケージを含めた「雑音主義」の影響を受けて、多くの作曲家が雑音の世界に飛び込んだ。ヘルムート・ラッヘンマン、フォルカー・ハイン、ハンス-ヨアヒム・ヘスポス、ジョージ・クラム、マウリシオ・カーヘルはその氷山の一角に過ぎない。だが1960年代が終了し、70年代後半の保守化の時代になると、ノイズ主義にも陰りが見え始め、ノイズを追求する人々はもっぱらアンダーグラウンド・ロック、フリー・ジャズ分野に移っていった。

70年代以降のノイズ編集

ルー・リードのメタル・マシーン・ミュージックは、ノイズ音楽にとって画期的な分岐的となった[6]。 ただし、1970年代も後半になると雑音主義にも陰りが見え始め、雑音を追求する人々はもっぱらポピュラー音楽の畑に移ったと考えられている。その境目は1979年頃である。 パンク・ロックの大爆発以後にデビュ-したキャバレー・ヴォルテールスロッビング・グリッスルなどのイギリスのバンド達が先導したインダストリアルが提示した退廃的なテーマやアートワーク、サウンドスタイルは、その後のノイズ・ミュージックに影響を与えた。1978年にグレアム・レベルとニールヒルがオーストラリアの精神病院で結成したSPKの初期の攻撃性や1980年にMBとして活動開始したイタリアのマウリツィオ・ビアンキの初期作品の腐食したサウンドなどはより直接的にノイズ・ミュージックの雛形を示唆した。

カナダ・バンクーバーのアーティスト・SAM MCKINLAYのノイズ・ミュージック・ユニット"THE RITA"のサウンドスタイルに呼応したフランスのアーティストRomain Perrot は、VOMIRの名でソロ・ノイズ・ユニットを開始し、2006年にOrdre Abîmisteの変名で"HNW宣言[7]"を発表した。この文書はフランスのレコードストア・BIMBO TOWER等で配布された。宣言の指し示す価値観及び演奏の放棄と音色の無変化を徹底したサウンドスタイルは世界中の他のノイズ・アーティストに模倣・再生産され、ハーシュ・ノイズ・ウォール(HNW)という新しいジャンル/運動を生み出した。

日本のノイズ/ジャパノイズ編集

大友良英はインタビューで日本のノイズ・ミュージックについて問われた際"色んな音楽が日本発祥じゃないものが多いと思うけど、ノイズは間違いなく日本が発祥の地の一つではあるけどね。なんでこんなものが生まれたかと言えば、まあ、いろんな説があるとは思うけど、僕自身は、日本の人がロックやフリージャズを誤解して受け取った結果だと思っているんですけど。"と回答した。 インプロビゼーション・パンク・バンドULTRA BIDEのJOJO広重がULTRA BIDEの後1979年に頭士奈生樹と京都で非常階段を結成する。秋田昌美も東京で1979年にMerzbowを開始した。

サイケデリック・ロックを愛好し、浪人中に「裸のラリーズ」による音の灌頂を授かった当時学生の片山智と及川洋により、1980年に東京でNORDが結成された。

中学生の頃からオープン・リールを用いてサウンド・コラージュを制作し、高校生時代にはフリー・ジャズを愛好していた大友良英は、上京後の1981年からギターやラジオ、テープを用いた即興演奏活動を始めた。

1982年、林直人主宰のアンバランス・レコードから「非常階段」のLP "蔵六の奇病"がリリース。1984年にはJOJO広重がアルケミーレコードを創業、ハナタラシ、マゾンナ、オウブ、ソルマニア他多くのノイズ・アーティストをサポートした。

1985年にユンボで都立家政ロフト会場解体ライヴを行った「ハナタラシ」は、1986年のサイキックTV 来日公演のフロントアクトでダイナマイトを持ち込み出演中止になった。「秋田昌美」のレーベルZSF PRODUCTからデビューしたザ・ゲロゲリゲゲゲは1988年に江ノ島海岸で新作発売記念ライブと称して発売前のソノシート約2000枚を燃やした。

1976年に阿木譲が創刊したROCK MAGAZINEや1977年に北村昌士が創刊したFOOL'S MATE等の媒体は海外のインダストリアル・カルチャーを日本国内に紹介すると共に国内アーティストの動向を積極的に取り上げた。日本のアーティストから海外への発信は個人アーティストの交流やメール・アートを通じて行われた。

90年前後からジョン・ゾーンサーストン・ムーア等の助力によって日本のアーティストの存在が「ジャパノイズ」という呼称で国際的に盛んに紹介されるようになった。非常階段やインキャパシタンツに代表される「圧倒的な音量と音圧をロック的身体表現にて即興プレイ」するスタイルは、脱ロックのエクストリーム化から生まれ情報戦略やアート寄り展開を得意としていた当時の欧米インダストリアル・ノイズ・シーンに新鮮な衝撃を与えた。[8]

"(山塚)アイを通して、私たちは同じ志を持った他のミュージシャンたちのことを知りました。アイは、彼以前の日本のノイズ・ミュージックの歴史(特に非常階段、メルツバウ、KK NULL、灰野敬二)と、ハナタラシのデビュー後に大量に流入してきたノイズ・ミュージックの歴史の中心にいました。アルケミー・レコーズなどのノイズ・レーベルは、その音楽をレコードに記録していた。しかし、この拡大するシーンにアイデンティティを与えたのはカセットだった。アイは「?」と呼ばれるカセット・レーベルを運営し、マゾンナやオウブのようなワイルドなミュージシャンたちは、自分たちのノイズや他のノイズをさらに発展させるためにCoquetteやG.R.O.S.S.などのレーベルを立ち上げた。"(Thurston Moore)

Merzbowは1989年にヨーロッパ、1990年にアメリカをツアーし、1993年にC.C.C.C.、MASONNAがアメリカツアーを行っている。1993年にはホワイトハウスのレーベル、スーザン・ロウリーが日本のノイズを特集したコンピレーション「EXTREME MUSIC FROM JAPAN」をリリースした。YASUTOSHI YOSHIDAのソロ・ユニットGOVERNMENT ALPHAは本作でデビューを飾った。1994年にはMerzbowがRelapse recordと契約、「Venereology」「Pulse Demon」「Rectal(ゴア・ビヨンド・ネクロプシーとの共作)」を制作した。関西テレビ「精神解放ノ為ノ音楽」が放送されたのも1994年のことである。

他にトゥナイト2でのノイズ特集や、ニヒリスト・スパズム・バンド来日時のタモリ番組への出演、暴力温泉芸者のテレビ出演や布袋寅泰へのリミックス提供、望月峯太郎ドラマCDへのリミックス提供など、1990年代の日本ではオーバーグラウンド・カルチャーとの関わりが度々見られた。この頃暴力温泉芸者は東芝EMI系列、ハナタラシはポリスター系列からいわゆるメジャーデビューも果たした。また、1997年にはPAINJERKとC.C.C.C.がクリエイティブマン(サマーソニックの興行主として知られる)のレーベルtestからアルバムをリリースした。PAINJERKは1997年にMORTICIAN来日公演の前座を、2000年にはMASONNAがスリップノット来日公演の前後を努める等エクストリームミュージックとの交流も盛んに行われた。

ポール・へガティは著作において"ジャパニーズ・ノイズ・ミュージックは、いい加減で、深刻さがなく無益で、気楽なジャンルであり、ミュージシャンたちは非常にさまざまなスタイルでグループを形成している。""〔ジャパニーズ・ノイズとは〕あるジャンルとして恣意的でもコロニアリズムに似たものでもなく、そこから何かの定義を得るものでもない。"と解説している。[9]

ジャパノイズの隆盛の後、新しい世代のアーティストの登場も続いた。既にあるノイズ・ミュージックを参照しつつ時代が下ると共に生まれたテクノロジーや新たな音楽ジャンルからの影響も取り込んで、更なる実験が繰り広げられた。1990年代には佐々木敦の音楽レーベルHEADZがFADERを創刊、PANASONIC(のちのPAN SONIC)等を取り上げた。1997年には90年代よりMSBRとして活動していた田野幸治がノイズ専門誌を標榜する「電子雑音」を創刊し、先達の軌跡の再検証と並行して国内外の新たなノイズ・ミュージック(mego他)やインダストリアル等の動向を紹介した。

1990年代後半より京都で活動開始したKohei Nakagawaのソロ・ユニットGUILTY CONNECTORは2001年に自主レーベルであるUTSU TAPESと電子雑音の共同リリースでアルバム「FIRST NOISE ATTACK」を発表し、2003年にはポスト・メタルバンドISISのリミックス・アルバムにフィーチャリングした。2005年には横尾忠則現代美術館で小杉武久・和泉希洋志と共にディビッド・チュードアの曲を演奏し、その後もしばしば小杉武久の演目に参加している。2006年にはプラネット・ミューから「BEATS,NOISE,AND LIFE」をリリースした。

2000年代にアインシュテュルツェンデ・ノイバウテン等の影響を受けたメタル・パーカッション・バンドMOTHRAで活動していたMasahiko Okuboはバンド解散後ソロ・ユニットLINEKRAFTを始動し、2007年に自主レーベルTHREE PLUGSより「The Man Who Was Plugged In」をリリースした。LINEKRAFTは主に海外のインダストリアル・ノイズ・シーンに受容されオランダでのM.B.史上初ライブの共演アクトへの抜擢や、米HOSPITAL PRODUCTIONS、ドイツTESCO ORGANIZATION等インダストリアル・ノイズの名門レーベルからのリリースやフェスティバル出演を重ねた。

2013年にはENDONと黒電話666がUK・ヨーロッパの複数のフェスティバルをサーキットするツアーを行った。 ENDONはその後さらに音楽性を発展させたDaymare recordingsとの契約を皮切りにハイドラ・ヘッドやスリル・ジョッキーからもリリースし、海外ツアーを頻繁に行った。

2016年にはフェスティバルへのヘッドライナー招聘という形でKazuma Kubotaが初めての海外遠征を行った。SPORE SPAWNは2018年に台湾、2019年にスイスとフランスに遠征した。hiroyuki chiba は2016年ノイズレーベルeerie noise recordsの運営を開始した。

2010年に入る頃に始まった世界的なインダストリアル・リバイバルや80年代リバイバルと共鳴するように、ジャパノイズ世代の再評価の向きが日本国内でも高まった。2013年には初音階段とBiS階段のアルバムリリース、大友良英がサウンドトラックを務めたNHK連続ドラマあまちゃんのヒットが重なり、大小メディアでノイズ・ミュージックについて紹介する機会が多く見られた。BiS階段を皮切りとしたアイドルとノイズ・アーティストのコラボレーションもこの頃盛んに行われMerzbowやAstro等がアイドルとコラボレーションした。

代表的なアーティスト編集

世界編集

日本編集

ラジオ番組編集

脚注/出典編集

  1. ^ イタリアの未来派芸術家・ルイージ・ルッソロが、最も初期の例とされている
  2. ^ サルバドール・ダリらが代表的なダダの芸術家である
  3. ^ アンドレ・ブルトンらの芸術ムーブメント
  4. ^ オーネット・コールマンらが始めた前衛ジャズ
  5. ^ 山下尚一「聞くことの転換と社会の変容 : ルッソロの騒音芸術の思想について」『駿河台大学論叢』第53号、2016年12月、 1-11頁、 doi:10.15004/00001610NAID 120005951793
  6. ^ Rowe, Matt (2011年6月8日). “Lou Reed Reissues Newly Remastered Metal Machine Music” (英語). The Morton Report. 2021年1月8日閲覧。
  7. ^ HARSH NOISE WALL MANIFESTO”. [...]dotsmark. 20201221閲覧。
  8. ^ INDUSTRIAL MUSIC FOR INDUSTRIAL PEOPLE!!!. DU BOOKS. (20131005) 
  9. ^ ノイズ/ミュージック. みすず書房. (20140415) 

Books編集

  • Daniel Albright (ed.) Modernism and Music: An Anthology of Source. Chicago: University Of Chicago Press, 2004.
  • Jacques Attali. Noise: The Political Economy of Music, translated by Brian Massumi, foreword by Fredric Jameson, afterword by Susan McClary. Minneapolis: University of Minnesota Press, 1985.
  • Atton, Chris (2011). "Fan Discourse and the Construction of Noise Music as a Genre". Journal of Popular Music Studies, Volume 23, Issue 3, pages 324-342, September 2011.
  • Lester Bangs. Psychotic Reactions and Carburetor Dung: The Work of a Legendary Critic, collected writings,edited by Greil Marcus. Anchor Press, 1988.
  • 「VOMIR初来日で明らかになるHARSH NOISE WALLの真実」&「dEnOISE(ド・ノイズ)復活SPECIAL!」DOMMUNE

関連項目編集