メインメニューを開く

ノコギリクワガタ属 (Prosopocoilus) は、クワガタムシ科に属する約100のうちの1属である。 ネブトクワガタ属に次いで、2番目に種類が多い「属」であり、アジアのほか、アフリカオセアニアにも生息する。 日本には4が生息している。 学名(属名)のProsopocoilusとは 「 くぼんだ顔 」という意味である。 かつて、日本のノコギリクワガタが属していたPsalidoremus など、いくつかの属が統合されている。

ノコギリクワガタ属
Nokogirikuwagata.JPG
ノコギリクワガタの成虫(♂)
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 昆虫綱 Insecta
: コウチュウ目 Coleoptera
亜目 : カブトムシ亜目 Polyphaga
下目 : コガネムシ下目 Scarabaeiformia
上科 : コガネムシ上科 Scarabaeoidea
: クワガタムシ科
Lucanidae
亜科 : クワガタムシ亜科
Lucaninae
: ノコギリクワガタ属
Prosopocoilus
学名
Prosopocoilus
Hope and Westwood, 1845[1]またはHope1845[2]
下位分類群

(本文参照)

特徴編集

本属の特徴としては、雌雄の形態や大きさの差(性的二形)が著しいこと、雄成虫の大顎に原歯型(小歯型)、両歯型(中歯型)、大歯型(長歯型)という変異が生じることがあげられる。雄成虫の大顎の形状の変異はおおむね体格の大小に対応するが、必ずしも対応しない例も見られる。

アフリカに分布する本属の分類は不明な点が多く、過去の研究者が地域変異を「種」として記載したり、よく似た「種」であるにもかかわらず明確な記載がないものが多く、今後の研究に期待されている。

中型種が多く、体色が赤や黄色などの鮮やかなものが目立つ。

分類編集

百数十種が記載されている[3]ため地域に分けて記した。

日本編集

4記載されている。

日本以外編集

アジア編集

オセアニア編集

アフリカ編集

脚注および参考文献編集

  1. ^ Kim, Sang Il, Kim, Jin Ill (2010). 40. pp. 55–81. 
  2. ^ Nomenclator Zoologicus Record Detail”. Nomenclator Zoologicus. 2011年5月2日閲覧。
  3. ^ 例えば148種:genus Prosopocoilus Westwood, 1845” (1999-2011). 2011年5月2日閲覧。