メインメニューを開く

ノスカピンNoscapine)は、を鎮める目的で処方される医薬品の一種。商品名はナルコチン

ノスカピン
Narkotin - Narcotine.svg
IUPAC命名法による物質名
薬物動態データ
生物学的利用能 〜30%
半減期 1.5 ないし 4時間 (およそ 2.5時間)
識別
CAS番号
128-62-1
ATCコード R05DA07 (WHO)
PubChem CID: 4544
KEGG D01036
別名 ナルコチン
化学的データ
化学式 C22H23NO7
分子量 413.421

目次

歴史編集

ノスカピンは1817年に“ナルコチン”という名前でフランスはパリの化学者であったピエール=ジャン・ロビケにより初めて単離、同定された[1]。ロビケは1815年から1835年の20年間にかけてモルヒネの単離方法の改良の研究を数多く行い、1832年にはもう一つの重要な粗アヘン抽出物であり、アヘン由来成分としては最も広く用いられている物質であるコデインを単離、命名している。

効能編集

延髄の咳中枢を抑制することにより、咳の発生が抑制される。コデインなどの麻薬性の中枢性鎮咳薬と異なり習慣性はない。鎮咳去痰薬として単独で処方されるほか、総合感冒薬に配合されることもある。

副作用編集

眠気や注意力の低下が生じるため、自動車等の運転には注意を要する。ほかに頭痛吐き気便秘などの症状が現れることがある。

参考文献編集

  • 齋藤洋、福室憲治、武政文彦共著 『一般用医薬品学概説(第2版)』 じほう、2006年。ISBN 9784840735940
  1. ^ Observations sur le mémoire de M. Sertuerner relatif à l’analyse de l’opium, Robiquet, Annales de Chimie et de Physique , volume 5 (1817), p275–278