ノラ・ニールソン・グレイ

ノラ・ニールソン・グレイ(Norah Neilson Gray、1882年6月16日 - 1931年5月27日)はスコットランドの画家である。人物画を得意とした。「グラスゴー・ガールズ」と呼ばれるグラスゴーで活動した画家の一人である。

ノラ・ニールソン・グレイ
Norah Neilson Gray
Norah Neilson Gray - Self-portrait 1918.jpg
自画像(1918年)
生誕1882年6月16日
スコットランド,ヘレンズバラ
死没1931年5月27日
スコットランド,グラスゴー

略歴編集

スコットランドのヘレンズバラの船主の家に生まれた。1901年に家族とグラスゴーに移り、グラスゴー美術学校で1901年から1906年までベルギー出身の象徴主義の画家、ジャン・デルヴィルらに学んだ。卒業後は女学校で美術を教える一方、ロイヤル・アカデミー・オブ・アーツの展覧会、グラスゴーの美術協会やフランスのサロン・ド・パリに出展を始め、高い評価を得て、グラスゴーで個展を開くようになった。

第一次世界大戦が始まると、フランスで看護師として働いた。グラスゴーに帰国した後、人物画を描くようになった。1921年にグラスゴー美術協会の展示選考委員(Hanging Committee)に女性として初めて選ばれた。20世紀の初めのグラスゴーを代表する画家の一人とされる。

作品編集

参考文献編集

  • Jude Burkhauser: Glasgow Girls: Women in Art and Design 1880-1920, Canongate Books 2001, ISBN 978-1841951515