メインメニューを開く

ノリミツ・オオニシ(Norimitsu Onishi, 日本名:大西 哲光)は、日系カナダ人ジャーナリストニューヨーク・タイムズ記者。

Norimitsu Onishi
(ノリミツ・オオニシ)
生誕 大西 哲光
(おおにし のりみつ)

日本の旗 日本千葉県市川市
国籍 カナダの旗 カナダ
民族 日系カナダ人
教育 プリンストン大学卒業。政治学士[1]
職業 ジャーナリスト
代表経歴 2012年ピューリッツァー賞ノミネート[1]
公式サイト http://topics.nytimes.com/topics/reference/timestopics/people/o/norimitsu_onishi/

経歴編集

千葉県市川市生まれ。4歳のときに両親と共にカナダに移住している。その後モントリオールなどで生活し、現在はカナダ国籍を取得しており、日本語、英語、フランス語を流暢に話す[1]。カナダ・ケベック州マリアノポリス・カレッジ英語版を1988年に卒業[2]、米プリンストン大学では学生新聞編集長を務め、1992年同大を卒業しBachelor of Arts(政治学士)取得[1]

デトロイト・フリー・プレス英語版に入社し自動車産業をレポート[1]。1993年からニューヨーク・タイムズ (NYT) に入社[2]、1998年から西アフリカコートジボワールに西アフリカ支局長として赴任し、ナイジェリアの民政移管やシエラレオネ内戦アメリカ同時多発テロ事件後のアフガニスタンなどを取材した。2003年ハワード・フレンチ英語版の後任として同紙東京支局長に就任。2009年2月からはNYT東京支局長をマーティン・ファクラーと交代し、インドネシアジャカルタを拠点に同紙東南アジア支局長を務め[2][3][4]、2012年4月からサンフランシスコ支局長[1]。2014年5月から南アフリカアパルトヘイト関連の現地情報の報道を開始、8月からはリベリアに移り2014年の西アフリカエボラ出血熱流行についての情勢を報道している[5]。10月にはリベリアからベルギーイギリスを経て、日本に入国したところで発熱が見られたためエボラ出血熱感染が疑われたが、検査結果は陰性だった(#日本国内初のエボラ出血熱感染者の疑い参照)。

日本国内初のエボラ出血熱感染者の疑い編集

2014年10月27日、オオニシは西アフリカのリベリアでの取材の後に羽田空港で発熱の症状を発したことにより、エボラ出血熱に感染した疑いがあるため、国立国際医療研究センターに搬送された。エボラ出血熱の国内初感染の疑いと報道されたが、検査の結果、エボラ出血熱のウイルスは検出されなかった[6]。リベリア国内では病院に行ったり、患者と接触したりしたことはなかったと話していた[5]

評価編集

ニューヨーク・タイムズ外信部長のスーザン・チラはオオニシのジャカルタ異動に際し、桜の花咲く国というイメージの日本社会で進行する政治の右傾化という暗い側面や、少子高齢化問題北朝鮮密輸業者や裁判に関する痛ましい報告、東南アジアから韓国農家に嫁ぐ花嫁たちの希望といった記事を取り上げ、ノリ(オオニシのニックネーム)の日韓に関する報道視点はとても独創的だと評した[4]。一方、主に日本の戦争責任を巡る記事は、日本国内の保守層からは、韓国や中国の視点のみに立った、恣意的に反日感情や日本人への差別を煽るものであるとして批判されている[7][8]

論争編集

2010年2月7日、フィリピンカラオケでの「マイ・ウェイ殺人英語版」について報道[9][10]、電子メールで最も多く転送された記事(Most E-Mailed Articles)の1位を獲得した[11]。一方、エリック・オルターマン英語版ニューヨーク市立大学教授などからは記事の正確性などについて疑問が投げかけられた[12]

2010年3月14日、フィリピンのコラソン・アキノ元大統領の一族が経営し2004年に虐殺のあったアシェンダ・ルイシタ英語版[13]農地改革に関して、当時大統領候補だったベニグノ・アキノ3世の甥にも当たるコファンコ一族の一人が農地割譲の否定やプランテーション型経営の継続を発言したと報道[14]。これに対し農地割譲を公約とするアキノ3世候補は「甥の発言が誤解されている」と否定、一方、NYT側はコファンコ側の許可があればインタビューの録音を公開するとした[3]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f Norimitsu Onishi” ((英語)). ニューヨーク・タイムズ. 2012年11月25日閲覧。
  2. ^ a b c (英語) Alma Matters Summer 2009, Marianopolis College, Summer 2009.
  3. ^ a b Christine F. Herrera New York Times denies Aquino’s claim Archived 2010年3月23日, at the Wayback Machine., en:Manila Standard Today, Thursday, March 18, 2010.
  4. ^ a b (英語) Arun Venugopal, Susan Chira MOVES: NYT's Somini Sengupta leaving Delhi bureau, which now expands/SUSAN CHIRA'S MEMO, en:South Asian Journalists Association (SAJA) Forum, October 23, 2008.
  5. ^ a b “【エボラ出血熱】発熱のジャーナリストは45歳の日系カナダ人 8月からリベリアに滞在 ブリュッセル、ロンドン経て日本へ”. 産経新聞. (2014年10月28日). http://www.sankei.com/life/news/141027/lif1410270040-n1.html 2014年11月8日閲覧。 
  6. ^ DAILY NOBORDER編集部 (2014年10月28日). “Yahoo!ニュース - エボラ出血熱国内初感染は確認されず (DAILY NOBORDER)”. Yahoo!ニュース (Yahoo! JAPAN). オリジナルの2014年10月28日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141028075915/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141028-00010000-noborder-soci 2014年11月5日閲覧。 
  7. ^ 「NYタイムズ」東京支局長は「反日記事」がお好き」『週刊新潮』第2539号、新潮社、2003年3月23日、 58-59頁、 ISSN 0488-7484
  8. ^ 西村幸祐アメリカ 反日スプリンクラーとして世界に歪曲・偏向記事を垂れ流すニューヨーク・タイムズ東京支局長」『SAPIO』第391号、小学館、2006年5月24日、 76-78頁。
  9. ^ "Sinatra Song Often Strikes Deadly Chord", New York Times, February 7, 2010.
  10. ^ 「命がけで歌え フィリピンで多発する「マイ・ウェイ」殺人」 Archived 2010年10月24日, at the Wayback Machine., 産経新聞, 2010.2.8.
  11. ^ Nick Rizzo "Times Reporter Covering Sinatra “My Way” Murders Is Killing It Lately", en:Mediaite, February 7th, 2010.
  12. ^ Eric Alterman "Think Again: Kill Me Before I Sing Again", en:Center for American Progress, February 11, 2010.
  13. ^ 「フィリピン: アシェンダ・ルイシタの虐殺についての緊急アピール」, レイバーネット, 2004-11-20.
  14. ^ "For Philippine Family in Politics, Land Issue Hits Home", New York Times, March 14, 2010.

外部リンク編集