ノリリスク油流出事故

ノリリスク油流出事故(ノリリスクあぶらりゅうしゅつじこ、: Утечка дизельного топлива в Норильске, : Norilsk oil spill)は、ロシアノリリスクで発生した油流出事故である[1]

ノリリスク油流出事故
Arctic Circle oil spill ESA22056844.gif
ノリリスク油流出事故
燃料貯蔵タンク5号基の位置の位置(クラスノヤルスク地方内)
燃料貯蔵タンク5号基の位置
燃料貯蔵タンク5号基の位置
燃料貯蔵タンク5号基の位置 (クラスノヤルスク地方)
燃料貯蔵タンク5号基の位置の位置(ロシア内)
燃料貯蔵タンク5号基の位置
燃料貯蔵タンク5号基の位置
燃料貯蔵タンク5号基の位置 (ロシア)
現場 ロシアの旗 ロシア クラスノヤルスク地方 ノリリスク カイエルカン地区
座標 北緯69度19分38.0秒 東経87度56分2.6秒 / 北緯69.327222度 東経87.934056度 / 69.327222; 87.934056座標: 北緯69度19分38.0秒 東経87度56分2.6秒 / 北緯69.327222度 東経87.934056度 / 69.327222; 87.934056
発生日 2020年5月29日 (2020-05-29)
原因 #原因を参照
流出詳細
流出量 約21,000 t
流出面積 約350 km2

概要編集

2020年5月29日の午後12時45分頃(現地時間)、クラスノヤルスク地方の都市、ノリリスクのカイエルカン地区ロシア語版英語版において、ノリリスク・ニッケルの子会社、ノリリスク・タイミル・エネルギー・カンパニーロシア語版によって運営されている第3火力発電所(: ТЭЦ-3, : TETs-3)の緊急時用地上燃料貯蔵タンク5号基(: Аварийный резервуар № 5, : emergency diesel tank No.5)から燃料が流出した[2][3][4][5][6][7]

流出したのは、軽油や潤滑油であり、流出総量はおよそ21,000トンに及んだ。そのうち、およそ15,000トンはアンバルナヤ川ロシア語版英語版の支流のダルディカン川英語版 (Далдыкан) に流出し、およそ6,000トンは地盤面に流出した[8][9][10]

流出によって環境災害が引き起こされた[11]。油の流出によって汚染された面積は、およそ350平方キロメートルに及ぶ[12]。アンバルナヤ川は赤色に染まった[13]。油の一部は、ピャシノ湖ロシア語版英語版に流れ込んだ[14]。油の流出量としては、1994年にコミ共和国で、石油パイプラインの腐食が原因でおよそ94,000トンの原油が流出した事故に次いで、ロシア史上2番目に大きい[12][15]

原因編集

ノリリスク・ニッケルは、事故後、油流出の発生原因について、永久凍土が融解したことによって、燃料貯蔵タンクの基礎部分を支える支柱が沈下したためであると説明した[16][17]

2020年11月、ロシア連邦環境・技術・原子力監督庁ロシア語版英語版は、事故の原因について、タンクが粗雑に建設されたことと、タンクの運用段階に違反行為があったことであるとし、タンクの基礎の下部において、永久凍土が融解する兆候が確認されなかったことから、永久凍土の融解によって事故が発生したという可能性を否定した[18][19][20]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 高倉浩樹ほか (2020年6月22日). “ノリリスクの油流失事故に対する北極域研究者の緊急オンライン懇談会”. 国立極地研究所. 2021年4月25日閲覧。
  2. ^ Якуцени 2020.
  3. ^ キャロリン・コルマン (2020年9月21日). “永久凍土の融解、石油流出……地球の炭素貯蔵庫・北極圏に“もたらされた”悲惨な夏”. WIRED. 2021年4月25日閲覧。
  4. ^ Review of May 2020 Catastrophic Tank Failure, HPP-3, Norilsk”. ノリリスク・ニッケル (2020年11月25日). 2021年4月25日閲覧。
  5. ^ “«Норникель» выплатил 146 млрд рублей штрафа за аварию в Норильске”. コメルサント. (2021年3月10日). https://www.kommersant.ru/doc/4722195#id1905469 2021年4月25日閲覧。 
  6. ^ Ликвидация последствий аварийного разлива нефтепродуктов на ТЭЦ-3 Норильский никель”. ノリリスク・ニッケル (2020年10月). 2021年4月25日閲覧。
  7. ^ 秋月悠也 (2020年6月8日). “ロシア:Norilskの燃料漏れ事故で連邦レベルの緊急事態宣言”. 独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構. 2021年4月25日閲覧。
  8. ^ 小柳悠志 (2020年6月7日). “北極圏の軽油流出事故にプーチン氏激怒”. 東京新聞. https://www.tokyo-np.co.jp/article/33919 2021年4月25日閲覧。 
  9. ^ “【解説】永久凍土の融解が原因、ロシア北極圏の燃料流出事故 開く「パンドラの箱」”. AFPBB News. (2020年6月9日). https://www.afpbb.com/articles/-/3287301 2021年4月25日閲覧。 
  10. ^ “Russia's Nornickel says it will pay for clean-up after fuel spill”. ロイター. (2020年6月5日). https://jp.reuters.com/article/russia-pollution-nornickel-potanin-idAFR4N2C503H 2021年4月25日閲覧。 
  11. ^ “Экологическая катастрофа в Норильске: задержаны еще трое человек”. 英国放送協会. (2020年6月10日). https://www.bbc.com/russian/news-52991286 2021年4月25日閲覧。 
  12. ^ a b Rajendran 2021.
  13. ^ Olesya Vikulova (2020年6月5日). “The river runs red – catastrophic oil accident in the Russian Arctic”. グリーンピース. 2021年4月25日閲覧。
  14. ^ “Norilsk Nickel: Mining firm pays record $2bn fine over Arctic oil spill”. 英国放送協会. (2021年3月10日). https://www.bbc.com/news/world-europe-56350953 2021年4月25日閲覧。 
  15. ^ “Хронология крупнейших случаев разлива нефти и нефтепродуктов в России”. イタルタス通信. (2020年6月4日). https://tass.ru/info/8641491 2021年4月25日閲覧。 
  16. ^ “«Норникель» создаст мониторинг мерзлоты в 2021 году”. コメルサント. (2020年7月2日). https://www.kommersant.ru/doc/4399833 2021年4月25日閲覧。 
  17. ^ ロシアの北極圏内での燃料大量流出事故、原因は地盤の永久凍土の緩み。ロシア当局は事態を重視し、石油・ガスインフラ含め、危険建物の総点検へ。温暖化の影響予想以上に大きく(RIEF)”. 一般社団法人環境金融研究機構 (2020年6月10日). 2021年4月25日閲覧。
  18. ^ “Technical issues, not permafrost, to blame for fuel spill in Russian Arctic: watchdog”. ロイター. (2020年11月10日). https://www.reuters.com/article/us-russia-pollution-idUSKBN27Q1QL 2021年4月25日閲覧。 
  19. ^ Тимур Батыров (2020年11月10日). “Ростехнадзор исключил таяние мерзлоты как причину аварии под Норильском”. フォーブス. https://www.forbes.ru/newsroom/obshchestvo/413471-rostehnadzor-isklyuchil-tayanie-merzloty-kak-prichinu-avarii-pod 2021年4月25日閲覧。 
  20. ^ “Russian Government Body Links Norilsk Arctic Fuel Spill To Shoddy Construction, Not Permafrost Melt”. ラジオ・フリー・ヨーロッパ. (2020年11月11日). https://www.rferl.org/a/russian-government-body-links-norilsk-arctic-fuel-spill-to-shoddy-construction-not-permafrost-melt/30941835.html 2021年4月25日閲覧。 

参考文献編集

  • Sankaran Rajendran, et al. (2021-02-15). “Monitoring oil spill in Norilsk, Russia using satellite data”. Scientific Reports (シュプリンガー・ネイチャー) 11. ISSN 2045-2322. https://doi.org/10.1038/s41598-021-83260-7. 
  • Якуцени Сергей Павлович, Соловьёв Иван Андреевич (2020). “РАСЧЁТ УЩЕРБА ОКРУЖАЮЩЕЙ СРЕДЕ В РЕЗУЛЬТАТЕ АВАРИИ НА СКЛАДЕ ГСМ В НОРИЛЬСКЕ”. Географическая среда и живые системы / Geographical Environment and Living Systems (Moscow Region State University). ISSN 2712-7613. https://cyberleninka.ru/article/n/raschyot-uscherba-okruzhayuschey-srede-v-rezultate-avarii-na-sklade-gsm-v-norilske.