ノルディックスキー世界選手権ノルディック複合競技メダリスト一覧

ウィキメディアの一覧記事

ノルディックスキー世界選手権ノルディック複合競技メダリスト一覧(ノルディックスキーせかいせんしゅけんノルディックふくごうきょうぎメダリストいちらん)はノルディックスキー世界選手権ノルディック複合競技におけるメダリスト一覧である。

概要編集

世界選手権においてノルディック複合競技は1925年から採用された。 当時は距離18kmとスキージャンプを1日で行って優勝者を決定していた。 この方式は1939年まで行われた。 1950年から距離とジャンプが2日に分けて行われるようになった。 ジャンプは3飛躍2採用、距離は15kmで行われた。後にジャンプは2飛躍2採用となった。 1985年からグンダーセン方式(この方式を考案したノルウェーの元ノルディック複合選手グンダー・グンダーセンの名をとって名付けられた。)、すなわち ジャンプの得点差をクロスカントリーのタイム差に換算し、ジャンプで首位となった選手から順に出発、最初にゴールに入った選手が優勝者となる方式が採用された。 団体戦は1982年の大会から採用された。また、スプリントは1999年の大会から採用された。 2009年から15kmグンダーセンがノーマルヒルジャンプ1本+10km、スプリントがラージヒルジャンプ1本+10kmに変更される。

種目編集

個人10kmノーマルヒル編集

この種目は1925年から1958年までは前半クロスカントリー18km+後半ジャンプ、1962年から前半クロスカントリー15km+後半ジャンプ、1974年から前半ジャンプ+後半クロスカントリー15km、1985年から前半ジャンプ+後半クロスカントリー15km(グンダーセン)という形で行われた。2009年リベレツ大会からノーマルヒルジャンプ1本+10kmグンダーセンという方式に変更される。タイム差はジャンプの得点1点につき4秒与えられる。

開催年 開催場所
1925 ヨハニスバッド   Otakar Německý   Josef Adolf   Xaver Affentranger
1926 ラハティ   ヨハン・グロットムスブローテン   トルライフ・ハウグ   アイナル・ランヴィーク
1927 コルティーナ・ダンペッツォ   ルドルフ・プルケルト   Otakar Německý   František Wende
1929 ザコパネ   ハンス・ヴィンヤレンゲン   オーレ・ステネン   Esko Järvinen
1930 オスロ   ハンス・ヴィンヤレンゲン   Leif Skagnæs   Knut Lunde
1931 オーベルホフ   ヨハン・グロットムスブローテン   Sverre Kolterud   Arne Rustadstuen
1933 インスブルック   スヴェン・エリクソン   Antonín Bartoň   Harald Bosio
1934 ソレフティア   オッドビョルン・ハーゲン   Sverre Kolterud   ハンス・ヴィンヤレンゲン
1935 ビソケ・タトリー   オッドビョルン・ハーゲン   Lauri Valonen   Willy Bogner
1937 シャモニー   Sigurd Røen   Rolf Kaarby   Aarne Valkama
1938 ラハティ   オラフ・ホフスバッケン   John Westbergh   ハンス・ヴィンヤレンゲン
1939 ザコパネ   Gustav 'Gustl' Berauer   Gustaf Adolf Sellin   Magnar Fosseide
1950 レーク・プラシッド   ヘイッキ・ハス   Ottar Gjermundshaug   シモン・スロットビーク
1954 ファルン   スヴェレ・ステネルセン   グンダー・グンダーセン   Kjetil Mårdalen
1958 ラハティ   Paavo Korhonen   スヴェレ・ステネルセン   グンダー・グンダーセン
1962 ザコパネ   アルネ・ラルセン   Dmitry Kochkin   Ole Henrik Fagerås
1966 オスロ   ゲオルク・トーマ   フランツ・ケラー   アロイス・ケーリン
1970 ビソケ・タトリー   Ladislav Rygl   Nikolay Nogovitsyn   Vyacheslav Dryagin
1974 ファルン   ウルリヒ・ベーリンク   ギュンター・デッケルト   Stefan Hula
1978 ラハティ   コンラート・ビンクラー   ラウノ・ミエッティネン   ウルリヒ・ベーリンク
1982 オスロ   トム・サントベルク   コンラート・ビンクラー   Uwe Dotzauer
1985 ゼーフェルト   ヘルマン・ヴァインブーフ   Geir Andersen   ユーコ・カルヤライネン
1987 オーベルストドルフ   トールビョルン・ロッケン   トロント=アルネ・ブレーデセン   ヘルマン・ヴァインブーフ
1989 ラハティ   トロント=アイナル・エルデン   Andrey Dundukov   トロント=アルネ・ブレーデセン
1991 ヴァル・ディ・フィエンメ   フレッド・ボーレ・ルンベルク   クラウス・ズルツェンバッハ   クラウス・オフナー
1993 ファルン   荻原健司   クヌート・トーレ・アペラン   トロント=アイナル・エルデン
1995 サンダー・ベイ   フレッド・ボーレ・ルンベルク   ヤリ・マンティラ   シルバン・ギョーム
1997 トロンハイム   荻原健司   ビャルテ・エンゲン・ビーク   ファブリス・ギー
1999 ラムソー   ビャルテ・エンゲン・ビーク   サンパ・ラユネン   ディミトリ・シニツィン
2001 ラハティ   ビャルテ・エンゲン・ビーク   サンパ・ラユネン   フェリックス・ゴットヴァルト
2003 ヴァル・ディ・フィエンメ   ロニー・アッカーマン   フェリックス・ゴットワルト   サンパ・ラユネン
2005 オーベルストドルフ   ロニー・アッカーマン   ビョルン・キルヒアイゼン   フェリックス・ゴットヴァルト
2007 札幌   ロニー・アッカーマン   ビル・デモン   アンシ・コイブランタ
2009 リベレツ   トッド・ロドウィック   ヤン・シュミド   ビル・デモン
2011 オスロ   エリック・フレンツェル   ティノ・エデルマン   フェリックス・ゴットヴァルト
2013 ヴァル・ディ・フィエンメ   ジャゾン・ラミー=シャプイ   マリオ・シュテヒャー   ビョルン・キルヒアイゼン
2015 ファールン   ヨハネス・ルゼック   アレッサンドロ・ピッティン   ジャゾン・ラミー=シャプイ
2017 ラハティ   ヨハネス・ルゼック   エリック・フレンツェル   ビョルン・キルヒアイゼン

団体4×5km(1982年から1993年までは3×10km)編集

この種目はチーム全員が前半ジャンプで各々2本ずつ飛び合計得点差をタイム差に換算して、首位のチームから順に後半クロスカントリーをスタートする。最初にゴールしたチームが優勝である。 ポイント換算は1点につき1.5秒である。2011年はジャンプがノーマルヒルとラージヒルで行われた。2013年以降はラージヒルが団体スプリント(2×7.5km)となっている。

開催年 開催場所
1982 オスロ   東ドイツ Uwe Dotzauer   フィンランド ユーコ・カルヤライネン なし
Günther Schmieder ラウノ・ミエッティネン
コンラート・ビンクラー Jorma Etelälahti
  ノルウェー Hallstein Bøgseth
Espen Andersen
トム・サントベルク
1984 ロバニエミ   ノルウェー トム・サントベルク   フィンランド ラウノ・ミエッティネン   ソビエト連邦 Alexander Prosvirnin
Hallstein Bøgseth ユッカ・ユリプリ Alexander Mayorov
Geir Andersen ユーコ・カルヤライネン Ildar Garifullin
1985 ゼーフェルト   西ドイツ トーマス・ミュラー   ノルウェー Geir Andersen   フィンランド Jyri Pelkonen
フーベルト・シュワルツ Espen Andersen ユッカ・ユリプリ
ヘルマン・ヴァインブーフ Hallstein Bøgseth ユーコ・カルヤライネン
1987 オーベルストドルフ   西ドイツ ヘルマン・ヴァインブーフ   ノルウェー Hallstein Bøgseth   ソビエト連邦 Sergey Chervyakov
ハンス=ペーター・ポール トロント=アルネ・ブレーデセン Andrey Dundukov
トーマス・ミュラー トールビョルン・ロッケン Allar Levandi
1989 ラハティ   ノルウェー トロント=アイナル・エルデン   スイス アンドレアス・シャード   東ドイツ Ralph Leonhardt
トロント=アルネ・ブレーデセン ヒッポリト・ケンプ Bernd Blechschmidt
Bård Jørgen Elden フレディ・グランツマン Thomas Abratis
1991 ヴァル・ディ・フィエンメ   オーストリア ギュンター・サー   フランス Francis Repellin   日本 三ヶ田礼一
クラウス・オフナー Xavier Girard 阿部雅司
クラウス・ズルツェンバッハ ファブリス・ギー 児玉和興
1993 ファルン   日本 河野孝典   ノルウェー トロント=アイナル・エルデン   ドイツ トーマス・ドュフター
阿部雅司 クヌート・トーレ・アペラン イェンス・ダイメル
荻原健司 フレッド・ボーレ・ルンベルク ハンス=ペーター・ポール
1995 サンダー・ベイ   日本 阿部雅司   ノルウェー ハルドー・スコール   スイス Markus Wüst
荻原次晴 ビャルテ・エンゲン・ビーク Armin Krugel
荻原健司 クヌート・トーレ・アペラン Stefan Wittwer
河野孝典 フレッド・ボーレ・ルンベルク ジャン=イブ・クーンデ
1997 トロンハイム   ノルウェー ハルドー・スコール   フィンランド ヤリ・マンティラ   オーストリア Christophe Eugen
ビャルテ・エンゲン・ビーク タピオ・ヌルメラ フェリックス・ゴットヴァルト
クヌート・トーレ・アペラン サンパ・ラユネン マリオ・シュテヒャー
フレッド・ボーレ・ルンベルク ハンヌ・マンニネン Robert Stadelmann
1999 ラムソー   フィンランド ハンヌ・マンニネン   ノルウェー フレッド・ボーレ・ルンベルク   ロシア Nikolay Parfyonov
タピオ・ヌルメラ トロント=アイナル・エルデン Alexey Fadeyev
ヤリ・マンティラ ビャルテ・エンゲン・ビーク Valeri Stolyarov
サンパ・ラユネン ケネス・ブローテン Dmitry Sinitzyn
2001 ラハティ   ノルウェー ケネス・ブローテン   オーストリア Christophe Eugen   フィンランド ヤリ・マンティラ
Sverre Rotevatn マリオ・シュテヒャー ハンヌ・マンニネン
ビャルテ・エンゲン・ビーク ダビット・クライナー ヤッコ・タルス
クリスティアン・ハンメル フェリックス・ゴットヴァルト サンパ・ラユネン
2003 ヴァル・ディ・フィエンメ   オーストリア ミヒャエル・グルーバー   ドイツ トルステン・シュミット   フィンランド ハンヌ・マンニネン
ヴィルヘルム・デニフル ゲオルク・ヘティヒ ヨウニ・カイタイネン
クリストフ・ビーラー ビョルン・キルヒアイゼン ヤッコ・タルス
フェリックス・ゴットヴァルト ロニー・アッカーマン サンパ・ラユネン
2005 オーベルストドルフ   ノルウェー ペッテル・タンデ   ドイツ ゼバスティアン・ハーゼナイ   オーストリア ミヒャエル・グルーバー
ホーヴァル・クレメトセン ゲオルク・ヘティヒ クリストフ・ビーラー
マグヌス・モーアン ビョルン・キルヒアイゼン ダビット・クライナー
クリスティアン・ハンメル ロニー・アッカーマン フェリックス・ゴットヴァルト
2007 札幌   フィンランド アンシ・コイブランタ   ドイツ ゼバスティアン・ハーゼナイ   ノルウェー ホーヴァル・クレメトセン
ヤンネ・リーナネン ロニー・アッカーマン エスペン・リアン
ヤッコ・タルス ティノ・エデルマン ペッテル・タンデ
ハンヌ・マンニネン ビョルン・キルヒアイゼン マグヌス・モーアン
2009 リベレツ   日本 湊祐介   ドイツ ロニー・アッカーマン   ノルウェー ミッコ・コクスリエン
加藤大平 エリック・フレンツェル ペッテル・タンデ
渡部暁斗 ビョルン・キルヒアイゼン ヤン・シュミド
小林範仁 ティノ・エデルマン マグヌス・モーアン
2011 オスロ
ノーマルヒル
  オーストリア ダビット・クライナー   ドイツ ヨハネス・ルゼック   ノルウェー ミッコ・コクスリエン
ベルンハルト・グルーバー エリック・フレンツェル ホーヴァル・クレメトセン
フェリックス・ゴットヴァルト ビョルン・キルヒアイゼン ヤン・シュミド
マリオ・シュテヒャー ティノ・エデルマン マグヌス・モーアン
2011 オスロ
ラージヒル
  オーストリア ベルンハルト・グルーバー   ドイツ ヨハネス・ルゼック   ノルウェー ミッコ・コクスリエン
ダビット・クライナー ビョルン・キルヒアイゼン ホーヴァル・クレメトセン
フェリックス・ゴットヴァルト エリック・フレンツェル ヤン・シュミド
マリオ・シュテヒャー ティノ・エデルマン マグヌス・モーアン
2013 ヴァル・ディ・フィエンメ   フランス フランソワ・ブラウ   ノルウェー ヨルゲン・グラーバック   アメリカ合衆国 テイラー・フレッチャー
マキシム・リュール ホーヴァル・クレメトセン ブライアン・フレッチャー
セバスチャン・ラクロワ マグヌス・クロッグ トッド・ロドウィック
ジャゾン・ラミー=シャプイ マグヌス・モーアン ビル・デモン
2015 ファールン   ドイツ ティノ・エデルマン   ノルウェー マグヌス・モーアン   フランス フランソワ・ブラウ
エリック・フレンツェル ホーヴァルド・クレメッセン マキシーム・ラウート
ファビアン・リーズル ミッコ・コクスリエン セバスチャン・ラクロワ
ヨハネス・ルゼック ヨルゲン・グローバク ジャゾン・ラミー=シャプイ
2017 ラハティ   ドイツ ビョルン・キルヒアイゼン   ノルウェー マグヌス・モーアン   オーストリア ベルンハルト・グルーバー
エリック・フレンツェル ミッコ・コクスリエン マリオ・セイドル
ファビアン・リーズル マグヌス・クロッグ フィリップ・オルター
ヨハネス・ルゼック ヨルゲン・グローバク パウル・ガーストグラサー

1984年は世界選手権を兼ねたサラエボオリンピックで団体戦を実施しなかったため、フィンランドロバニエミで団体戦を実施した。

個人10kmラージヒル編集

1999年から採用された7.5kmスプリントはジャンプ1回と7.5kmクロスカントリーを1日で行っていた。2009年リベレツ大会からラージヒルジャンプ1本+10kmグンダーセンという方式に変更される。

開催年 開催場所
1999 ラムソー   ビャルテ・エンゲン・ビーク   マリオ・シュテヒャー   荻原健司
2001 ラハティ   マルコ・バーケ   サンパ・ラユネン   ロニー・アッカーマン
2003 ヴァル・ディ・フィエンメ   ジョニー・スピレーン   ロニー・アッカーマン   フェリックス・ゴットヴァルト
2005 オーベルストドルフ   ロニー・アッカーマン   マグヌス・モーアン   クリスティアン・ハンメル
2007 札幌   ハンヌ・マンニネン   マグヌス・モーアン   ビョルン・キルヒアイゼン
2009 リベレツ   ビル・デモン   ビョルン・キルヒアイゼン   ジャゾン・ラミー=シャプイ
2011 オスロ   ジャゾン・ラミー=シャプイ   ヨハネス・ルゼック   エリック・フレンツェル
2013 ヴァル・ディ・フィエンメ   エリック・フレンツェル   ベルンハルト・グルーバー   ジャゾン・ラミー=シャプイ
2015 ファールン   ベルンハルト・グルーバー   フランソワ・ブロ   ヨハネス・ルゼック
2017 ラハティ   ヨハネス・ルゼック   渡部暁斗   フランソワ・ブロ

ノーマルヒル マススタート編集

開催年 開催場所
2009 リベレツ   トッド・ロドウィック   ティノ・エデルマン   ジャゾン・ラミー=シャプイ

団体スプリント 2×7.5kmラージヒル編集

2011年は団体4×5kmラージヒルで実施していたが、2013年からこの種目となっている。

開催年 開催場所
2013 ヴァル・ディ・フィエンメ   フランス セバスチャン・ラクロワ   オーストリア ヴィルヘルム・デニフル   ドイツ ティノ・エデルマン
ジャゾン・ラミー=シャプイ ベルンハルト・グルーバー エリック・フレンツェル
2015 ファールン   フランス フランソワ・ブラウ   ドイツ エリック・フレンツェル   ノルウェー マグヌス・モーアン
ジャゾン・ラミー=シャプイ ヨハネス・ルゼック ホーヴァルド・クレメセン
2017 ラハティ   ドイツ エリック・フレンツェル   ノルウェー マグヌス・モーアン   日本 渡部暁斗
ヨハネス・ルゼック マグヌス・クロッグ 渡部善斗

関連項目編集

外部リンク編集