ノルトヴィント作戦 (1941年)

ノルトヴィント作戦[1](ドイツ語: Unternehmen Nordwindフィンランド語: Operaatio Nordwind)は、第二次世界大戦中1941年ドイツ海軍及びフィンランド海軍によってバルト海で展開された軍事作戦、戦闘である。

独ソ戦勃発に伴い、ドイツソ連からエストニアを奪取するため、ヒーウマー島サーレマー島への上陸を企てていた。そのため、作戦遂行の上で障害となるソ連海軍の艦隊を引き付ける陽動作戦として、ノルトヴィント作戦が実行された。

この戦いの最中、フィンランド海軍旗艦を務めていた海防戦艦イルマリネンが触雷し沈没している。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 木俣滋郎『欧州海戦記 ヨーロッパ列強 海の主役22隻の航跡』光人社、2000年、ISBN 4-7698-2260-X、199ページ

関連項目編集