メインメニューを開く

駅の場所編集

ノヴォスロボーツカヤ通りとセレズネフスカヤ通りの交差点にある。

歴史編集

環状線1950年から一部区間が既に開通していたが、ノヴォスロボーツカヤ駅は1952年1月30日の延伸により開業した。このとき環状線はクールスカヤ駅からベラルースカヤ駅まで延伸されている。なお、その後環状線は1954年3月14日に全線開通し、名前どおりの環状線として完成した。

乗り換え編集

装飾編集

ステンドグラス装飾が独特で有名。ラトビア人芸術家らによる32枚の作品は真鍮の精巧な縁で囲まれており、それぞれ支柱に飾られ照明があてられている。

ギャラリー編集

外部リンク編集